「てっちゃん会」

2017年2月16日 (木)

てっちゃん会を前に

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


明日、2月17日はてっちゃん会。

  第13幕の開催日である。

ここまで続くこと自体、当初メンバーは誰も予想はしなかったであろう。

  嬉しいことである(?)。

自分は本当に嬉しいのだろうか(笑)。

  以前のてっちゃん会は心から楽しめた。

顔の知れた仲間との、久しぶりの邂逅から、仕事の話、酒の話、業界の話等、話題に花が咲いた。

だからと言って、現在のてっちゃん会は楽しくないのかといえば、全くそうじゃないのですよ(笑)。

ただ、てっちゃん会に臨む私の心の余裕がなくなってきたのは間違いない。
最近では幕が近くにつれて胃が痛むのである(笑)。

  第4幕ぐらいからだろうか。

参加人数が20人を超すようになるに従い、心からの会話というよりも、従来の方は後回しにして新たな参加者の方との刹那的な会話に終始する状況になってきたのである。

  それはそれで大切な時間。

従来であれば、どんなことをしたって巡り会うことの出来なかった業界の方と、このような巡り合わせで出会えるのであるから、本当に大切なことである。

  会の目的をもっと明確にしよう。

そんな想いから、単純にお酒を交えての懇親会と、その前座としての勉強会に分けて会の目的を明確にして場を二つに分けたのである。

  今回は日程的に後座として翌日の勉強会の開催。

但し、17日当日は、午前中はある店舗を視察し、午後からはあるセミナーで学び、夜は飲み会で翌日が後座と、目白押しのスケージュールでもある。

  それでも一番気を使うのは、13幕の懇親会。

やはり初めての方との出会いは緊張する。
ブログやFacebook、その他ネット等で既に出会いを終えているとはいえ、やはり初顔合わせの方とのリアルな出会いは緊張の連続だ。

  初顔の方はどんな方?、どんな価値観?。

それをあの短い時間で探ることは不可能である。

  今回も50人に迫る参加者となる。

幹事の方の努力の賜物である。

  “今回はどんなテーマを持とうか”

私は内心、毎回毎回のてっちゃん会にテーマを持って臨んでいた。

  例えば10幕だったら、「集大成」。
  例えば11幕だったら、「大改革」。
  例えば12幕だったら、「新天地」。
  そして13幕は「求心力」がテーマ。

別に今更、私に対しての求心力を求めるということではない(笑)。
この会は、それぞれのメンバーの求心力が絶対値であるから。

  しかし、組織には絶対的に求心力が必要である。

でも、求心力だけではなく、私は遠心力も必要だとも思っている。

  求心力と遠心力。

全く、相反する力である。

  飛び出そうとする力と芯に向かう力。

どちらの力も組織力だと思う。

  大きな組織はこの両面の力が強大でバランスが良い。

組織が大きくなっていく過程の組織力学がそこにはある。
そして、てっちゃん会は以前は遠心力に任せて規模の拡大が図られてきた。

  それはメンバーそれぞれの遠心力が大いに働いたから。

そして、その遠心力にまた遠心力が呼応して拡大していった。

  Facebookの会員は130人超。

特別、数にこだわりこの会が大きくなってきたわけではない。

  この会は仲間からの紹介制度。

自ら勝手に入会することはない。
だから、遠心力と求心力のバランスは悪くはないと思っている。
それでも、この会の本質は何かという問いは多くの方が抱いているのではないだろうか。

  この会に属してよかった。
  この会の存在に感謝する。
  この会で得るものはある。

そんな存在価値。

  それがこの会の救心力であろう。

それを問うのが、今回の私のテーマとなる。







| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

13幕のご案内

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


てっちゃん会 ご案内です。

  早いもので、もう13幕となりました。

次回の2月期のてっちゃん会は以前からスーパーマーケットトレードショーの期日に合わせて、遠方の方も参加しやすい日程に合わせておりますので、興味のある方はぜひお問い合わせ頂きたいと思います。

  期日 〜 2月17日(金)。

  時間 〜 午後7時から9時まで。

  場所 〜 東京池袋 「BAROSSA(バロッサ)」。

  会費 〜 6000円。


今年のスーパーマーケットトレードショーが、2月15日〜17日。
よって、トレードショーの最終日にあたる
17日を開催日時としました。

  てっちゃん会の開催月は、2月、6月、11月。

11月と2月は間に2ヶ月だけの短い期間であるため、常連者の方達は年末商戦後の短い期間の中でも会場設定等、特に幹事の方には相当な負担となるのですが、今回も快く幹事業務を引き受けて頂き、毎回の事ですがありがたく思います(笑)。

毎回そうであるが、2月期のトーレードショート連動した開催となると、参加者も40名を超すであろう。

それだけ、トレードショーをきっかけに参加しやすい環境になるのだろうと思う。

  前回は初の名古屋開催。

初めて東京から離れた地域での開催だったが、愛知方面の普段は参加できない方達の参加により、40名という多くの参加者を頂いた。

  今回も初参加の方が数名おられる。

毎回、新たなメンバーが加わり、新たな出会いと気づきが生まれる。
固定されたメンバーだけではなく、ここにも会の広がりを感じることができるのも、毎回の楽しみの一つである。

また、てっちゃん会と同時に、せっかく同じ同志が集まる場を利用して、学びの場も設けようということで実施している「前座」。

  今回は2月18日(土)の後座の開催となる。

テーマは「クリスマス商戦にみるチラシ戦略」。

  チラシの今後のあるべき姿とは。

それを、昨年のクリスマス商戦の各社のチラシから問いたいと考える。

  企業各社のチラシへの取り組み。

企業のチラシに対しての考え方。
そこから導き出された、クリスマス商戦のチラシ内容。
結果としてのクリスマス商戦の実態。

  そこから、今後のチラシ戦略を考えてみたい。

幸いにして、この会には色々なメンバーが存在する。

  逆に小売業界以外の方の方が多いかもしれない(笑)。

そんな方々のご意見も色々と参考にしたいものである。

  それも、この会の強みであろうか。

是非、ご参加をお待ちしております。

参加表明は、Facebook版てっちゃん会の方はFacebook「てっちゃん会」の13幕の幹事様のアップに記載ください。

また、てっちゃん会以外の方は、このブログのコメント欄もしくは、このブログのプロフィールから入って頂いて、コンタクトのメールアドレスにご連絡ください。
そこから連絡を取り合っていきたいと思います。

  よろしくお願いいたします。








| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

チラシをテーマに

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


4ヶ月に一度の「てっちゃん会」。

  次回第13幕は2月半ば。

毎回2月の開催はトレードショーの期間中に開催される。
詳細は、後日ご連絡いたします。

  そして最近では当日や翌日の前座も開催される。

前回は第12幕では、各人の取り組み内容を数人が発表した。

  新規オープンに際しての取り組み内容。
  新規オープン後の客数増への取り組み。
  新規競合店オープンに際しての対策内容。

三者三様の状況の異なる場面での取り組み内容がいろいろと学べる発表であった。

前々回の第11幕では、全員が同じ競合関係にある都内の店舗を視察して、その競合対策の内容を議論する内容であった。

  私だったら、この様な売場を作る。
  このカテゴリーをもっと強化する。
  立地での強化カテゴリーはどうか。

等々からの視点で、企業毎の積極的な話がどんどん飛び出したのが印象的だった。

  そして第13幕のテーマは「チラシ」。

特に、クリスマス期間の各社のチラシから、その考え方や売場との連動の仕方、結果としてどんなチラシが効果的だったかという検証も含めての討議となる。

  各企業のチラシの考え方の情報交換。

これは、単に売場を視察しただけでは伝わってこない企業の販売促進の核となる部分であろう。

  そこにメスを入れて情報交換する。

早速、Facebook上では積極的な情報交換が始まっている。

  今年のクリスマスは25日が年内最後の日曜日。

23日(金)〜25日(日)の3連休がクリスマスの暮らしにどう影響し、どの様な買い物行動を促すのか。

  そこに目を向けたチラシがどの様な内容なのか。

そもそも、チラシを各企業ではどの様に販促手段として認識しているのか。
そして、チラシと売場の連動とは。

  売場に関しては、見れば一目瞭然。

これは誰も嘘をつけない。
その売場の良し悪しは、お客様にも我々にも見ての通りである。

  しかし、販促手段としてのチラシの考え方は千差万別。

その考え方があるから、チラシが考案され、チラシに入る商品と価格が決定される。
そこに関わる、販促企業やデータ関連企業の参加が促される。

  他社のチラシに関する考え方とその実践に触れる。

このことで、自らの販促に対する認識と知識の深さが広がるであろう。

今後は、てっちゃん会の単なる飲み会の部分だけではなく、この様な勉強会の部分にも大いに目を向けていきたいと考えている。

  更には各社のマネジメントの分野。
  オペレーションの基本的な考え方。
  本部と現場の信頼関係構築の分野。
  人材確保と育成に関しての取組み。

等々、販売面以外のマネジメントの部分の情報交換に関しては、実際に直に話を交換しないと見えてこない分野である。

  このような情報交換を通して人間の幅を広げていきたいものである。








  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

てっちゃん会12幕顛末記

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

しかし、ネタ切れ。

  よって、てっちゃん会第12幕の顛末記の報告です。

今回で12幕を迎えるてっちゃん会。

  いよいよ東京を離れて「名古屋」での開催。

今回の幹事が名古屋の方でもあり、Facebookのメンバーが一番多いのも愛知県勢であり、ここらで一発愛知県の方との交流を図ろうかという意図は表向きで、dadamaさんと飲んだ時の勢いでノセられてしまったというところが本音でしょうか(笑)。

よって、今回私は人生初の夜行バスで向かうことにした。

  バスに揺られながら一杯引っ掛けて。

そんな軽い気持ちで用意した日本酒の300ml瓶出あったが、手を付けることなく名古屋に付いてしまった。

  なぜか?。

夜行バスに乗って早々、バス酔いをしてしまったため。
乗って早々に色々と身辺整理をしていたら、急に気持ち悪くなってしまったのだ。

  今まで車酔いなど滅多にしたことないのに。

前後左右が見えない夜行バスの恐ろしさを知った道中となってしまった(笑)。

  そんな話はともかく、顛末記である。

今回は、集まったメンバーによってふた手に分かれて、午前中は店舗MR。
流石に今回ドライバーをして頂いた方々も、地元の良いお店は承知のようで、どのお店に伺っても素晴らしい発見があった。

  従業員が活き活きと働く中規模スーパー。
  他地域から乱入したリージョナルスーパー。
  立地に合わせて高質化を図る中小スーパー。

それぞれの特徴をしっかり発揮しているスーパーの数々を短時間でMR出来たのは有意義だった。

  そして、勉強会。

前回は、地域で競合している数店舗をMRして、その戦い方に対しての意見交換会であったが、今回は自分の取り組み事項を有志の方がそれぞれ手法で発表し、ご意見を頂くという手法に変えた。

  新店開店までの人材採用教育を取り上げた方。
  新たな立地に乗り込んで地盤を築いた取組み。
  新たな競合出店に人材教育面からの取り組み。
  センター勤務経験からの新たな商品化の提案。

等々、偏ることなく店舗運営としてのあらゆる場面に焦点を当てての発表は、いかなる場面でも店舗という現場での人材育成へと結びつくことを実感した発表であった。

  改めて人材育成の効果と素晴らしさを実感した時間であった。

そして、てっちゃん会の原点である「懇親会」。

  なんと40名近く方の参加。

“なんで、名古屋でこんなに参加人数があるの!”

そう唸ってしまうほどの参加人数である。
流石に名古屋、メンバーが一番多い地域の底力であろうか。

  更に、名古屋メンバーのチームワークが素晴らしい。

意地でも「参加して良かった」と言わせたいという意欲が伝わる段取りの良さ。

  乾杯、誕生祝い、二次会、お開き。

どれを取っても「サプライズ」の連続。

  久しぶりに1日が短いと感じた日であった。

私はその後、再度夜行バスで帰ったが、一泊して翌日にまた店舗MRに向かったメンバー多く、しっかり名古屋を満喫して帰られた会のメンバー達であった。

  いつも思うが、

なぜ、こうも遠方から集まってくれるのだろうか。

  北関東、東京、大阪、四国、九州、そして名古屋。

もちろん、自費である。
企業の命令で来るのではない、自分の意思で自分の資金で。

  そこにこの会の意味があるのだろう。

一人一人に宿るこの会の意味。

  それは一人一人微妙な違いはあるだろう。

それでも、一同に集まり、語り、笑い、飲む。

  そこが自分の力の源になっているのだろう。

そして、名古屋開催は年に一度の開催が決定された瞬間でもある(笑)。

次回は、第13幕。

  2月のトレードショーに合わせた日程。

次回も、素晴らしい会になる「予感」がするのである。










| | コメント (12) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

てっちゃん会の変遷

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


昨日はてっちゃん会。

  早くも第12幕。

今回は初の愛知県は名古屋市での開催。
そして、地方開催にも関わらず40名超の参加を数えた。

  なぜか?。

実はFacebookのてっちゃん会メンバー約120名の中で、愛知県所在のメンバーが一番多いのだ。

結果、東京よりも近場の名古屋で開催されるてっちゃん会に一番参加しやすいというのが今回の名古屋開催の最大のメリットか(笑)。

この記事のアップは18日に設定したので、この記事がアップされる頃には、てっちゃん会は終了し、一部のメンバーは別途宿泊所等で2次回3次回に狂している頃かもしれない。

  今回も前回同様に「前座」と「懇親会」に分けて開催。

前座から20名ほどで集まり、事前に決定している発表者が取り組み内容をまとめてきて報告する時間も設けられている。

  前回は、ある地域の競合関係にある店舗をMRしての座談会。

全く企業文化の違う参加者たちが集い、同じお店をMRして、自分の感じたままみ意見を交換し合う。

  出るわ出るわ、忌憚のない意見の数々。

同じ企業内や企業グループ内であれば、その組織内の価値観を大きく左右し、出てくる意見も画一的になってしまう。

  それが企業文化を画一するのに大いに役立つのだが。

しかし、てっちゃん会メンバーは生まれも育ちも現住所も違う企業のメンバーから成り立つ組織である。

  それこそ自分が感じた感性を表現できる場であった。

今回は、そこに実際に自分が取り組んだ内容の発表がある。

  ここにも、異文化に触れる絶好のチャンスが存在する。

異文化に触れる。

  これがてっちゃん会の最大の強みであると思っている。

企業の違い、所属グループの違い、目指すあるべき売場の違い、価値観の違い等を飛び越えて、商売を追求したいと集まるメンバー達。

  その想いだけがこのメンバーの吸引力である。

その始まりは、単なる飲み会からだった。
しかし、いつしか研修会や展示会への参加、そして所属する企業の女性も参加し始めてからはコトPOPの情報交換や売場作りの情報交換へ広がっていった。

  そこにはFacebookというSNSの進化も手伝ってくれた。

そして、前回は記した通りの店舗MR。
さらに、今回は異文化の企業の取り組み報告を受けての意見交換。

  そこには、積極的な意見交換が交わされて初めて有意義なものになる。

有意義に出来るかどうかは、参加したメンバーの積極的な意見交換が必須となる。
他者の意見がそのまま異文化への触れ合いになるからだ。

  企業内の意見交換など今更交換してもなんの進歩も無い。

そこまで言い切れるほど、日々同じ文化に触れているから、同じ方向性の確認には都合が良いが、業界全体の中において、この取り組みがどのような意味を持つのか、価値があるのかを、忌憚の無い意見として得られるというのは、なかなか得難い貴重な機会であることは間違いない。

だから、発表者もそれを受ける側にも相当の緊張感がある。

  どんな発表が飛び出すのか?。
  発表に対する反応はどうか?。

お互いに異文化の相手への自分の取り組み報告。
自社内であれば、どのような報告が無難であるのか、どのようなまとめ方がトップに認められるのかが焦点となる。

  誰でもない自企業のトップに認められるのか否か。

これが自社内でのプレゼン報告の最大の焦点となる。

  しかし今回はその焦点は無い。

現場の人間にどう受け入れられるか。

  ここに極まるのである。

そういう意味では、興味深い意見交換会である。

  そして、楽しい楽しい懇親会。

従来であれば、知った顔であり知った仲間の懇親会であったが、今回は初顔合わせに方々が多い。

  普段はFacebookでのお付き合いでしか無かった仲間。

しかし、今回は名古屋という場でリアルな出会いが出来る。
こちらも大いに楽しみの一つである。

  いずれ、この会の事後報告もしていきたいと思います。








| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

てっちゃん会12幕のご案内

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


年3回のてっちゃん会。

  前回の第11幕は6月に開催された。

そして、第12幕は11月の予定である。
このほど、12幕の開催日程が幹事の方から予告された。

  日付 〜 11月17日(木)。

  時間 〜 午後6時

  場所 〜 名古屋駅周辺

  会費 〜 5000円前後

  参加申し込み期限 〜 10月19日(水)。

さらっと書いたが、次回の開催地はなんと「名古屋」である。

  初めての「名古屋」開催。

従来は全て東京開催だった。
これは、メンバー全員の集まりやすさを優先しての開催地設定だったが、実は、てっちゃん会のメンバーで一番多いのが「名古屋」所在のメンバーなのである。

その名古屋所在のメンバーの強い意向もあり、次回開催地を名古屋に決定したのである。

  “名古屋でいつものメンバーが集まるだろうか?”

そんな不安をよそに、Facebook版の「てっちゃん会」メンバーに開催案内がなされているが、予想に反して?上々の参加表明が続いている(笑)。

この状況で進めば、過去最高の参加人数だった第10幕に匹敵するほどの参加者を得ることができそうな勢いである。

もっとも、名古屋を中心にした「てっちゃん会・愛知会」なるものが以前より発足しており、こちらはこちらで定期的に幹事を選定して3ヶ月程度に一度の「てっちゃん会」が開催されているほどである。

  いずれ本拠地が名古屋になってしまうのではないか?。

そう思ってしまうほど、愛知は賑わっているようだ。
そして、競合店同士のメンバーも数多く存在するのも、愛知の特徴だろうか。

  競合店と言えども同じ小売の仲間。

現場としては、上記のように敵対する店舗ではあるが、とは言っても情報交換することによって自社や自店の販売レベルを高めようと努力するのである。

そんな理念を持った企業や従業員が愛知には多く存在するのだろう。

  競合も激しいが商売の考え方も前向き。

その為に競合店と対立するのではなく、積極的に競合店と関わり合う。
そして、チェーンストア理論が浸透して本部集中型の企業よりも、どちらかというと現場に主導権を与えてある企業の方の方がよりそのような発想を持ち合わせているような気はする。

  “名古屋だったら参加できるかも”

そうお考えの方。
ぜひ、お待ちしております。
名古屋周辺のてっちゃん会メンバーは、その後もいろいろと深いお付き合いをしてくれると思います。

参加の意思表示は、こんブログへのコメント、及びプロフィールから入っていただいて直接メールでも結構です。

  今から楽しみな名古屋での開催です。




  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

結婚報告

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日のてっちゃん会第11幕。

  サプライズが生まれた。

メンバーの結婚報告。

  「会長、大変な事態です!。」

会も半ばの頃、メンバーの一人がそう言って私に駆け寄ってきた。

  “誰か飲みすぎで倒れたか?!”

そう思った私は、慌てて彼女の後を追った。
そこで連れてこられたのは、あるメンバーの隣。

  「どうしたの?。」

聞いた私に、彼は言った。

  「実は・・・、結婚します(笑)。」

「えぇ〜〜~っ!!!。」

  そこから急遽、彼の結婚報告会に切り替わった(笑)。

目出度いことである。

  結婚。

彼は一度失敗して、これが二度目となる。

  離婚後、数年を経ての再婚。

結婚から離婚。

  それだけでもかなりのパワーを消費する。

それを乗り越えての、再婚。
我々の仕事は、主婦がメイン顧客である。
その根底には、家庭の食卓が存在する。

  家庭の食卓を持つ夫としての顔。

この顔を持つことで、普段の仕事にどれほど役立つか。

  “この時期の食卓に何が上るか”

それを現実に体験するからこそ、お客様に提案したり売り込む時にその価値を理解できるのである。

  まぁ〜、それは付随した部分ではあるが(笑)。

大切なのは、あくまでも二人の関係。
一つ屋根の下で暮らせば、相手の見たくない面も見えてくるものだ。
しかし、大切にしたい部分もたくさんある。

  尊敬できる存在。

お互いが、そのことで繋がるのであれば、それが強い絆となるであろう。
人間的に、尊敬できる存在であり続けられること。

  そこには、人間対人間の関係もある。
  しかし、男と女の関係も同時にある。

人として、異性として、相手を尊敬できるか、尊敬されているか。
その基準が崩れない限り、いつまでも「尊敬」が最後に戻る場所として認識されるのであろう。

  是非、尊敬という絆で結ばれてほしいものだ。





| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

第11幕顛末記

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

ではあるが、先日のてっちゃん会第11幕の顛末記をお伝えしたい。

  6月9日(木)に開催された「てっちゃん会」第11幕。

この会が10回を数えたのが、前回の第10幕。
盛大に行われた第10幕では、参加者が過去最高の60名近い人数を数えた。

  これが一つのピークであることは間違いないだろう。

てっちゃん会の集大成としての記念すべき第10幕。
そしてそれは、幹事を始め参加された方々の意思も高まり盛大に開催された。

  第10幕から如何に方向性を定めるか。

それが、第11幕以降の流れになっていくだろうと思われる。

  そして、今回は「私がこのお店の店長だったら?」がテーマ。

それが、てっちゃん会第11幕の前座として、都内の競合関係にある2店舗を比較して意見を交換する場として設けられた。

今回は、この設定を私が幹事役として取りまとめはしたが、ここに至るまでには、会のメンバーの協力なくしては語れない。

  都内の競合各店を設定したメンバー。
  MR後の意見交換を提案したメンバー。
  意見交換の場を提供してくれたメンバー。
  競合関係の資料を提供してくれたメンバー。
  背景の業界団体の動向を提供したメンバー。
  意見交換会の議事進行を受入れたメンバー。

何も言わなくても、投げかけたテーマに対して、それぞれが自分の強みを活かして活発にそのテーマに対して肉付けをしてくれたメンバーがいてくれたからこそ、意見交換会は終始活発で漸進的な意見が飛び交う交換会となったのである。

私は、当初から生い立ちの違うDNAが集まるこの会だからこそ、違う視点同士の意見交換が生まれるものだと思っていたが、それにしてもいつの間にか過ぎ去った2時間30分であった。

2店舗を見比べるのだが、初めに見たお店の店長という視点で見た時のそのお店は、しっかりマネジメントされたスキの無いお店として我々の目に飛び込んできた。

しかし、その競合関係にあるお店を見た途端に、初めに見たお店との比較で色々な課題が浮き立つように見えてきたのである。

  この比較でお客様は買い回りするのだろうなぁ〜。

そう、いくら自分たちの視点でスキの無いお店を作ったとしても、競合が出店した場合は、お客様は必ず2店舗を比較して買い回るということであろう。

  そして必ず上記のように両者の強み弱みを洗い出す。

そして好みのお店を見つけ出し、または好みの部分を買い回るのである。
だから、業績を落としたくなければ、相手の強みを封じ込まなければならない。
そうやって初めて、新規に出店した店舗の競合店は、数値を落とさずに対抗できるのであろう。

  その為にも、競合を知ることは絶対条件である。

そのことが、よく理解できた今回の前座であった。

  そして、本番の第11幕。

参加メンバーは28名。
かなり人数は前回から減少はしたが、逆にじっくりと語り合えるメリットも生まれる。

  サプライズもたくさん生まれた。

参加出来なかったメンバーからの「志」の紹介(差し入れのお酒)。
参加メンバーの突然の結婚発表というサプライズ。
前座の意見交換会のダイジェスト的な報告報告会。

  等々、かなりくだけた懇親会となった。

今回も新規参加者が5名ほどおり、自己紹介はあったが、いつものメンバー同士の久しぶりの邂逅も堪能できた一時でもあった。

  この両面のバランスがてっちゃん会の醍醐味であろう。

仕事面でのツッコミもさることながら、懇親会でのボケも素晴らしい。

  ボケとツッコミ。
  右脳と左脳。
  理論と感性。

常に、世の中はこのバランスで成り立っており、このバランスの振り幅の大きさが魅力なのである。

その魅力を、この会で再認識できるのが、この会の最大の強みであることを強調したい。

  次回は、11月16日(水)で決定である。

皆さまのご参加をお待ちしております。




| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

てっちゃん会11幕でのトライ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


年3回のてっちゃん会。

  本日が第11幕の開催日。

通常の懇親会は、今回も約30名の参加者。
夜の懇親会は、前回の第10幕という記念すべき回と幹事の尽力により、50名以上の参加者を数え大盛況であった。

  そして、11幕の今回。

当初は懇親会中心の飲み会がメインだった。
そして、それによって参加者同士の懇親が図られ、この会の結び付きが強化されていく要因ともなってきた。

  ある時から、皆で良いお店をMRする企画も盛り込まれた。

夜の懇親会だけでなく、その午前中にある場所に集合して話題のお店を皆でMRして回る。

そのような機会を数回重ねてきた。

  今話題の首都圏のお店から学ぶ。

せっかく首都に来るのであるから、どうせならその機に話題のお店からも学びたい。

  そんな機会を何回か、重ねてきた。

しかし、自分で学んだ内容を他者と意見交換する機会が無かった。

  “この売場を他者はどう感じているのだろう”

個人対個人では、そのような意見交換をした仲間はいただろうが、正式に意見交換の場を公式に持つというメニューは無かった。

  今回は正式な意見交換の場を持つことができた。

当然、夜の懇親会はそのままに、その前座として、その参加者の有志が午前中から都内のある地域に集まり、同じ店舗とその競合店をMRして、自分がこの店舗の店長だったらどんな手を打つか、という前提での意見交換の場。

出身母体の違う企業から集まる「てっちゃん会」のメンバー。

  その価値観の違いが、意見交換の場で交わされる。

更にメンバーにはメーカーの方や販促企業の方、システム関連企業の方も含まれる。

  どんな意見が交わされるのか?。

売場だけではなく、販促面やシステム面、更にはマネジメントやオペレーション面まで含めて1店舗をいろいろな視点から洗い、自分だったらどこから手を付けるのかという意見交換。

  そして店舗コンセプト自体も問いてみたい。

「コンセプト自体は競合店と戦うに相応しいものであるのか?。」

  仮説を持ってお店を見て、検証し自らの意見を交わす。

その意見の交し合いから、自分の立ち位置が見えてくる。

  “自分の考えはどの位置付けにあるのか”

それを知ることも有意義であるし、それは様々な企業の方々からの意見交換からでしか得ることのできない貴重な場となろう。

同じ企業に有するメンバー同士の意見交換の場であれば、自ずと同じ答えに向かうであろう。

  それは、その企業独自の企業理念があるから。

そして、普段の業務の評価からも、どの階段を上って企業理念を目指すのかが明確になっているからだ。

その箍(タガ)が外され、いろいろな価値観の中で繰り広げられる意見交換。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年5月15日 (日)

てっちゃん会11幕のご案内

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

ですが、急遽、次回てっちゃん会のご案内に切り替えさせて頂きます。


てっちゃん会 第11幕の開催の報告です。

  4ヶ月に1度、年3回の開催。

2月、6月、11月が開催月。

   2月はスーパーマーケットトレードショーに合わせた開催。
   6月はお盆前の一年で一番時間調整をしやすい時期の開催。
  11月は年末前の一年で一番酒の肴が美味しい時期での開催。

勝手に上記のような意味合いを付けて年3回の開催をしております。
そして、この会もいよいよ10回を超えて、11回目。

  従来は、この会のメンバーの懇親をメインにした集まりであった。

その集大成が第10幕。
いろいろな方々のご協力により、過去最高の参加人数に達した。

  そして、第11幕。

従来の懇親会という意味合いから少し脱して、この会の多様な企業の参加者というメリットを活かした内容に味付けを振った内容も盛り込んでいきたいと思っている。

  従来から行っている、懇親会の前座としてのメンバーによる都内MR。

その前座ともう少し掘り下げて、突っ込んだ意見交換の場を持つ。

  “何を今更(笑)”

と思う方も多いでしょうが、違う企業を背負う方々が、同じ売場を見て何を感じるか。

  この店舗の店長だったら、今後どうすべきか?。

そんな視点で、2店舗のMRをして、自分が片方の店長だったらどんな手を打つか?。

  そんな視点で議論してみる。

一体、どんな化学反応が起こるのか?。

  同じDNAを持つ同じ企業の人間同士が議論するのとは違う。

上記の場合は、概ね答えは見えている。

  同じ価値観で同じ発想からは、同じ答えしか出てこない。

しかし、同じ業界とは言え、生まれも育ちも違う別企業の業界人。
そして、今取り組んでいる目先の課題も違うだろう。

  敢えてそれを見越してどんな意見が飛び交うのか?。

自分の発想から決して飛び出してこない自由な意見をお互いに交換し合う場。

  非常に面白いのではないだろうか。

この場に参加して議論に加わるだけでも、自分の今までの幅を知り、その幅を広げられる可能性が大いに潜んでいるような気がするのである。

ということで、開催日時だけでも記したい。

  
  日付  〜  6月9日(木)
  時間  〜  概ね18時ごろ
  場所  〜  未定(東京駅周辺になると思います)

  前座  〜  集合場所やMR店舗等は、
         後日参加者にご案内いたします。

そんなこんなで、企業を超えたつながりのこの会。
ぜひ、有意義な場として、いろいろとチャレンジしていきたいものです。







  

| | コメント (6) | トラックバック (0)