モチベーション

2024年7月 6日 (土)

進化を支えるもの

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


進化。

  人間の進化。
  売場の進化。
  組織の進化。
  企業の進化。
  国家の進化。

進化にも、いろいろな場面が想定される。
我々が想定する進化とは?

  人間の進化。
  売場の進化。

それが連動して、店舗が進化し、業績が進化していく。そんな想定であろうか。

  要は業績は従業員の進化に他ならない。

それでは、従業員の進化を促す最大の要因とは、何か?。

  それはPDCAを回し続ける継続力である。

PDCAという表現を使うと、何か難しい取り組み、時間をかけて取り組むというイメージであるが、そんな難しいことを継続しようとしたら、間違いなく途中で挫折してしますのは明白である。

  自分自身の経験でも、それは一か月も持たない(笑)。

まずは継続しようとするハードルを思いっきり下げて、簡単実践できること、そして継続できる内容に簡略化しなければならない。そして、そこには必ず継続することの楽しみが付加されていなければならない。

  だからこそ容易に継続できるのである。

私が、人材マネジメントで力説するのは、

  「売る楽しさ」
  「売れる喜び」

の二項目である。

  計画・立案における「売る楽しさ」
  仮説・検証における「売れる喜び」

この二つを継続していくことで、

  計画・立案 = Plan・Do
  仮説・検証 = Check・Action

が実践されていくことで、Plan・Do・Check・Action というPDCAが自然に回り始め、それを組織的に仕組み化していくことで、店舗や組織の部下達が黙っていてもPDCAを回す環境が整備されていくのである。

  結果として組織の従業員が進化していく構図が整うのである。

従業員が進化していく構図が整備されていくと、いずれその組織は従業員の進化と共に、組織力=店舗力 が進化していく。

  そしてその進化は留まることを知らずに前進していく。

そんな考え方を、組織としてどう具体的に実践していくのか。

  そんなコンサル活動。

それを、出版した「勝てる!店長塾 ファイブマネジメント編」で執筆した。
また、10月からの「勝てる!店長塾 リアルセミナー」で実践予定である。

  是非、ご参加ください。


リアルセミナー「勝てる!店長塾」開催のお知らせ

  「勝てる!店長塾」有料セミナーの開催決定。

計5回のセミナー。

  初回スタートは今秋の10月2日(水)~3日(木)。

対象は小売業の店長及び運営部長他。開催形式は、リアルに集合するセミナーとウェブセミナーを組み合わせての開催。

  内容は当方のファイブマネジメント及び販売力強化。

リアルセミナー「勝てる!店長塾」のご案内はこちら
Web

リアルセミナー「勝てる!店長塾」のお申し込みはこちら

 
特に昨今、この業界も業界内のМ&Aが頻繁になってきた。

  要は中小が飲み込まれる形で吸収されていく流れ。

それは中小SMにも意図はあるだろう。しかし意図せずともそうなっていく企業も少なくはない。
そんな企業の幹部や店長を対象にしたセミナーとしていきたいと考える。

いかに、自社の店舗力を高め、人間力+仮説検証力にて、地域で勝ち抜いていける高い店舗力を発揮し、競合マネジメントによる競争力の向上が図れる実力店長育成の実務型セミナーとなるであろう。

  実務でありリアルな部分に当方の強みを活かしたセミナー。

そこには企業の大小はあまり関係ない。

  地域で勝つ抜ける店長の育成。

そこに重点を置いたセミナー内容とセミナー実践、そしてセミナー受講生同士の交流からの人間的な成長期待。そんなセミナーとしてスタートさせたいと思うのである。

是非、セミナーご参加をご検討頂ければと思うのである。

 
 リアルセミナー「勝てる!店長塾」紹介動画はこちら
 
 リアルセミナー「勝てる!店長塾」のご案内はこちら

 リアルセミナー「勝てる!店長塾」のお申し込みはこちら



著書出版のご案内
今回は、製本版(ペーパーバック版)とKindle版(電子書籍)の二つのタイプを出版している。

「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント編の購入はこちら←
製本版はペーパーバックとなります。
Photo_20240530100301

以下に、Amazonに掲載されている紹介文を載せた。

「この書は、スーパーマーケットの次代を担う店長の仕事の教科書となります。
36年の食品スーパーマーケットの経験から、最後に店長として赴任した店舗での5年間で42勝3敗の実績を基にした、現場最前線のリーダーが地域一番店を作り上げる体系的な実務書であり教科書です。

時代はコロナ禍後、食品スーパーマーケット業界も新たなステージを迎え、大小問わずM&Aが頻発している。しかし、この業界で言い継がれてきているフレーズがあります。

 「店長が変わると業績も変わる」。

そして、それはある意味事実でもあります。この実務書は長年の経験から導き出された店舗運営手法であり、店長が変われば必ず業績を改善出来る人材育成の教科書として執筆致しました。

時代は効率化の時代となり、生産性優先の時代へ急速に移行しようとしていますが、同時に差別化の時代へと益々二極化しています。そんな時代背景を踏まえて、相反する課題を解決できる人材育成として、この教科書を有効に活用して頂ければ幸いです。」

また、出版にあたり紹介動画を作成しましたので、ご視聴ください。

「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント編の紹介動画←


是非、ご購読を検討してみては如何でしょうか。



食品商業7月号の発売案内
食品商業2024年7月号が発売されました。
20247

当方の執筆は以下の通りです。

1.連載「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント 

2.無用オンラインセミナーのご案内
  
  第3回無料セミナー ~ 7月10日
  第4回無料セミナー ~ 8月7日

上記日程にて、開催予定予定。前回同様に食品商業「勝てる!店長塾」のファイブマネジメントに執筆した内容を動画にてアップし、記事と動画を視聴した後で、そのテーマ+アルファの自由な意見交換会を予定。
*参加申し込みは食品商業の最終ぺージに「食品商業かわら版」として案内。

  そこでは当方の動画視聴が前提となる。

そして今回も、食品商業側のご厚意からこの動画アップに関しては、セミナー参加の有無を問わずに公開させて頂くこととした。

  動画視聴はこちらからどうぞ

動画視聴後、興味のある方は食品商業7月号の最終ページから無料セミナーの参加申し込みをして頂ければと思うのである。

  セミナーはこのテーマに対してのフリートーク。

企業名や役職名は表に出さずに、個人名や愛称のみでzoom画面からの意見交換会を予定しているので、誰でも気軽に参加していただければと思うのである。

  ちなみに今回のテーマは「置場」「売場」「買場」。

よって、動画時間も40分程度とかなり長い動画となっている。

  今月号からファイブマネジメントの次のステージへ。

よって、ファイブマネジメントをベースに販売力の強化へ一段ステージを高めてのテーマとなる。

  しかしフリートークはそこに留まらない(笑)。

おそらく、マネジメント以外の、現状の販売面や作業面、そして競合対策面と、各社各人が抱える課題に対しての意見交換のウェイトの方が高くなるのではないだろうか。

  それだけ現場の抱える課題は広範囲に広がる。

よって、そんなフリートークの雰囲気を味わうだけでも十分に参加した意味はあると思うのである。

是非、ご購読宜しくお願い致します。


PS
食品商業6月号(5月8日発売)の当方の執筆記事、「勝てる!店長塾」の一時限目「ファイブマネジメント」の「今までの振り返り」を動画にまとめましたのでご覧ください。

  ↓動画はこちら

食品商業6月号「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント「総括編」の動画

  
食品商業5月号(4月8日発売)の当方の執筆記事、「勝てる!店長塾」の一時限目「ファイブマネジメント」の顧客の五感の「親近感」を動画にまとめましたのでご覧ください。

  ↓動画はこちら

食品商業5月号「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント「親近感」動画


食品商業4月号(3月8日発売)で執筆した「勝てる!店長塾」の一時限目「ファイブマネジメント」の特集の「安定感」の記事について、その詳細を深掘りして動画にアップしましたので、ご視聴ください。

  ↓動画はこちら

食品商業4月号「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント「安定感」動画


食品商業3月号(2月8日発売)で特集された「売場作りの改善法」の記事を動画でYouTubeにアップしましたので視聴ください。

  ↓動画はこちら

「食品商業3月号特集『売場作りの改善法』動画



月別52週MD

 52週MDマネジメント(8
月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
 52週MDマネジメント(7月編)のダイジェスト版をアップ致しました。




研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。

お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。


株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245




イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。



| | コメント (2)

2024年6月20日 (木)

初体験の北陸新幹線

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


北陸新幹線。

  敦賀まで開通した。

先日、北陸新幹線を使って敦賀まで乗車してみた。

  北関東から大宮経由で敦賀までの乗車。

従来であれば、北関東から東京を経由して東海道新幹線にて米原まで、そこから乗り換えて敦賀までの乗車であったが、これを機に北陸新幹線に乗車してみたのである。

  従来は海沿いのルート。

しかし、北陸新幹線ともなると、海沿いは金沢~敦賀間であり、それでも海を眺望する場所は無い。

  ほぼほぼ山岳地帯しか眺望出来ないルート。

そして、これほどトンネルの多い新幹線も初めての経験であった。

  “またトンネルかぁ~”

新幹線のルート開拓においては、トンネルを掘った方が現代ではコストが掛からないとは聞く。よって東海道のリニアモーターカーもほぼほぼトンネルだとは聞く。

  しかしそれでも北陸新幹線から見る景色は最高である。

山育ちの自分にとって、山岳の眺望は性に合っているのかもしれない。特に高い山岳地帯の雪景色を見ると、心奪われるのは何故であろうか。

  北陸新幹線の乗車は全てが指定席。

自由席は無い。他の新幹線では時間的な制限の無い自由席も使用していたが、北陸新幹線は全てが指定席となる。

  事前予約が必須となる。

しかし、逆に一か月以上前の予約には「早割り」が利いて、お得に乗車出来るチケットもあり、米原経由よりも安価で敦賀に到着出来るのもメリットである。

  大宮~長野~富山~金沢~福井~敦賀

こんなルートで北陸を目指す北陸新幹線。いずれは小浜経由で京都まで伸びるというルート。その段階で海を眺望できるようになるのかもしれない。

驚くのは、大宮で新幹線に乗った段階で、結構な座席が埋まっているのである。人気なのか本来の需要なのかはわからないが、富山まではほぼ満席状態で通過。

  富山、金沢で観光客風の方が続々と下車。
  福井でビジネスマン風の方が続々と下車。
  最終地点の敦賀まで乗る方は意外に少数。

そして最終の敦賀では新たに新設された東口(やまなみ口)で降りると、ほぼほぼ何もない山に面した降り場が現れた。ちなみに従来から存在する西口はまちなみ口と称される。

  街並み口と山並み口。

なるほど(笑)と思った。

  楽しい3時間の旅であった。





著書出版のご案内
今回は、製本版(ペーパーバック版)とKindle版(電子書籍)の二つのタイプを出版している。

「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント編の購入はこちら←
製本版はペーパーバックとなります。
Photo_20240530100301

以下に、Amazonに掲載されている紹介文を載せた。

「この書は、スーパーマーケットの次代を担う店長の仕事の教科書となります。
36年の食品スーパーマーケットの経験から、最後に店長として赴任した店舗での5年間で42勝3敗の実績を基にした、現場最前線のリーダーが地域一番店を作り上げる体系的な実務書であり教科書です。

時代はコロナ禍後、食品スーパーマーケット業界も新たなステージを迎え、大小問わずM&Aが頻発している。しかし、この業界で言い継がれてきているフレーズがあります。

 「店長が変わると業績も変わる」。

そして、それはある意味事実でもあります。この実務書は長年の経験から導き出された店舗運営手法であり、店長が変われば必ず業績を改善出来る人材育成の教科書として執筆致しました。

時代は効率化の時代となり、生産性優先の時代へ急速に移行しようとしていますが、同時に差別化の時代へと益々二極化しています。そんな時代背景を踏まえて、相反する課題を解決できる人材育成として、この教科書を有効に活用して頂ければ幸いです。」

是非、ご購読を検討してみては如何でしょうか。



リアルセミナー「勝てる!店長塾」開催のお知らせ


  「勝てる!店長塾」有料セミナーの開催決定。

計5回のセミナー。

  初回スタートは今秋の10月2日(水)~3日(木)。

対象は小売業の店長及び運営部長他。開催形式は、リアルに集合するセミナーとウェブセミナーを組み合わせての開催。

  内容は当方のファイブマネジメント及び販売力強化。

リアルセミナー「勝てる!店長塾」のご案内はこちら
Web

リアルセミナー「勝てる!店長塾」のお申し込みはこちら

 
特に昨今、この業界も業界内のМ&Aが頻繁になってきた。

  要は中小が飲み込まれる形で吸収されていく流れ。

それは中小SMにも意図はあるだろう。しかし意図せずともそうなっていく企業も少なくはない。

  そんな企業の幹部や店長を対象にしたセミナーとしていきたいと考える。

いかに、自社の店舗力を高め、人間力+仮説検証力にて、地域で勝ち抜いていける高い店舗力を発揮し、競合マネジメントによる競争力の向上が図れる実力店長育成の実務型セミナーとなるであろう。

  実務でありリアルな部分に当方の強みを活かしたセミナー。

そこには企業の大小はあまり関係ない。

  地域で勝つ抜ける店長の育成。

そこに重点を置いたセミナー内容とセミナー実践、そしてセミナー受講生同士の交流からの人間的な成長期待。

  そんなセミナーとしてスタートさせたいと思うのである。

是非、セミナーご参加をご検討頂ければと思うのである。

  
  リアルセミナー「勝てる!店長塾」のご案内はこちら

  リアルセミナー「勝てる!店長塾」のお申し込みはこちら


食品商業7月号の発売案内
食品商業2024年7月号が発売されました。
20247

当方の執筆は以下の通りです。

1.連載「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント 

2.無用オンラインセミナーのご案内
  
  第3回無料セミナー ~ 7月10日
  第4回無料セミナー ~ 8月7日

上記日程にて、開催予定予定。前回同様に食品商業「勝てる!店長塾」のファイブマネジメントに執筆した内容を動画にてアップし、記事と動画を視聴した後で、そのテーマ+アルファの自由な意見交換会を予定。
*参加申し込みは食品商業の最終ぺージに「食品商業かわら版」として案内。

  そこでは当方の動画視聴が前提となる。

そして今回も、食品商業側のご厚意からこの動画アップに関しては、セミナー参加の有無を問わずに公開させて頂くこととした。

  動画視聴はこちらからどうぞ

動画視聴後、興味のある方は食品商業7月号の最終ページから無料セミナーの参加申し込みをして頂ければと思うのである。

  セミナーはこのテーマに対してのフリートーク。

企業名や役職名は表に出さずに、個人名や愛称のみでzoom画面からの意見交換会を予定しているので、誰でも気軽に参加していただければと思うのである。

  ちなみに今回のテーマは「置場」「売場」「買場」。

よって、動画時間も40分程度とかなり長い動画となっている。

  今月号からファイブマネジメントの次のステージへ。

よって、ファイブマネジメントをベースに販売力の強化へ一段ステージを高めてのテーマとなる。

  しかしフリートークはそこに留まらない(笑)。

おそらく、マネジメント以外の、現状の販売面や作業面、そして競合対策面と、各社各人が抱える課題に対しての意見交換のウェイトの方が高くなるのではないだろうか。

  それだけ現場の抱える課題は広範囲に広がる。

よって、そんなフリートークの雰囲気を味わうだけでも十分に参加した意味はあると思うのである。

是非、ご購読宜しくお願い致します。


PS
食品商業6月号(5月8日発売)の当方の執筆記事、「勝てる!店長塾」の一時限目「ファイブマネジメント」の「今までの振り返り」を動画にまとめましたのでご覧ください。

  ↓動画はこちら

食品商業6月号「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント「総括編」の動画

  
食品商業5月号(4月8日発売)の当方の執筆記事、「勝てる!店長塾」の一時限目「ファイブマネジメント」の顧客の五感の「親近感」を動画にまとめましたのでご覧ください。

  ↓動画はこちら

食品商業5月号「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント「親近感」動画


食品商業4月号(3月8日発売)で執筆した「勝てる!店長塾」の一時限目「ファイブマネジメント」の特集の「安定感」の記事について、その詳細を深掘りして動画にアップしましたので、ご視聴ください。

  ↓動画はこちら

食品商業4月号「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント「安定感」動画


食品商業3月号(2月8日発売)で特集された「売場作りの改善法」の記事を動画でYouTubeにアップしましたので視聴ください。

  ↓動画はこちら

「食品商業3月号特集『売場作りの改善法』動画


月別52週MD
 52週MDマネジメント(6月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
 52週MDマネジメント(7月編)のダイジェスト版をアップ致しました。



研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。


株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245




イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。






| | コメント (2)

2024年5月16日 (木)

アタッチメント

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


先日、NHKスペシャルで放映していたドキュメント。

  「アタッチメント」

いきづらさに悩む若者が増加している。それは何も日本に限ったことではなく、全世界的に蔓延しているという。

  コミュニケーションスタイルが激変したこの30年。

特にここ10年間でのスマホやパソコンによるSNSの進化と、それを使用する低年齢化が、人間本来のリアルな交流というコミュニケーションスタイルを激変させたといってもいいであろう。

  そんな生活スタイルの変化にどう対応していけばいいのか。

それを視聴者に問うのが今回のドキュメントであったのだろう。

  人間関係のクセは赤ちゃん時代に形成される。

らしい。

  赤ちゃんは親がいないと不安になる。

当たり前のことだが、それがアタッチメントの根本だという。

  そしてそれは成長しても必要とされるのである。

アタッチメントとは、なにも赤ちゃんだけの時代に必要な考え方や接し方ではなく、成長してもその本質は変わらないのである。

  成長するにつれて精神的なアタッチメントを必要とするのである。

そこで、人それぞれのアタッチメントスタイルが存在するのだという。

  回避型
  不安型
  安定型

回避型とは、自分の事を隠す傾向があり、他者と距離を置こうとする傾向がある。
不安型とは、人間関係にとても敏感で、相手にどう思われているのかが常に気がかりという。
安定がとは、人と親密に関わることが容易であり、信頼を心地よく感じる傾向がある。

  それに合わせた対人関係作りが大切らしい。

それを、アンケートによる回答から、自分でアタッチメントスタイルを知ることが出来るし、逆に自分のアタッチメントスタイルがある程度相手に理解されるものでもあるという。

  愛着スタイルテスト

45問の質問に回答するだけで、自分の愛着スタイル(アタッチメントスタイル)が分かるのである。

  スマホがあればリアルな接触を必要としない時代。

だからこそ、普段からのリアルな関係作りの得て不得手が明確に人間性に現れてくるのではないだろうか。今は当たり前に目の前にスマホやipadがあり、そこから見えない相手と交流できる時代。

  しかしそこには表情や動作は伝わらない。

しかし人間は本来、リアルな人間から愛情を頂き、リアルな人間に対して信頼というメンタルな安心感を得てきた長い歴史がある。

  その歴史を覆すには永遠の時が要するのではないだろうか。

だからこそ、リアルな人間同士の引き寄せの法則を理解しなければならないのではないだろうかと思うのである。


  



「勝てる!店長育成」セミナー開催のお知らせ


  「勝てる!店長塾」有料セミナーの開催決定。

計5回のセミナー。

  初回スタートは今秋の10月2日(水)~3日(木)。

対象は小売業の店長及び運営部長他。開催形式は、リアルに集合するセミナーとウェブセミナーを組み合わせての開催。

  内容は当方のファイブマネジメント及び販売力強化。

「勝てる!店長塾」セミナーのご案内はこちら
Web

「勝てる!店長塾」セミナーのお申し込みはこちら

 
特に昨今、この業界も業界内のМ&Aが頻繁になってきた。

  要は中小が飲み込まれる形で吸収されていく流れ。

それは中小SMにも意図はあるだろう。しかし意図せずともそうなっていく企業も少なくはない。

  そんな企業の幹部や店長を対象にしたセミナーとしていきたいと考える。

いかに、自社の店舗力を高め、人間力+仮説検証力にて、地域で勝ち抜いていける高い店舗力を発揮し、競合マネジメントによる競争力の向上が図れる実力店長育成の実務型セミナーとなるであろう。

  実務でありリアルな部分に当方の強みを活かしたセミナー。

そこには企業の大小はあまり関係ない。

  地域で勝つ抜ける店長の育成。

そこに重点を置いたセミナー内容とセミナー実践、そしてセミナー受講生同士の交流からの人間的な成長期待。

  そんなセミナーとしてスタートさせたいと思うのである。

是非、セミナーご参加をご検討頂ければと思うのである。

  
  「勝てる!店長塾」セミナーのご案内はこちら

  「勝てる!店長塾」セミナーのお申し込みはこちら



食品商業2024年6月号が発売されました。
20246

当方の執筆は以下の通りです。

1.連載「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント 

2.無用オンラインセミナーのご案内
  
  第2回無料セミナー ~ 6月5日
  第3回無料セミナー ~ 7月10日
  第4回無料セミナー ~ 8月7日

上記日程にて、開催予定予定。前回同様に食品商業「勝てる!店長塾」のファイブマネジメントに執筆した内容を動画にてアップし、記事と動画を視聴した後で、そのテーマ+アルファの自由な意見交換会を予定。
*参加申し込みは食品商業の最終ぺージに「食品商業かわら版」として案内。

是非、ご購読宜しくお願い致します。



食品商業5月号(4月8日発売)の当方の執筆記事、「勝てる!店長塾」の一時限目

  「ファイブマネジメント」の顧客の五感の「親近感」

をを動画にまとめましたのでご覧ください。食品商業の記事だけでなく、動画視聴により更に理解度が深まるかと思います。

  ⇩動画はこちら

「食品商業5月号執筆 親近感動画」



食品商業4月号(3月8日発売)で執筆した「勝てる!店長塾」の一時限目「ファイブマネジメント」の特集の「安定感」の記事について、その詳細を深掘りして動画にアップしましたので、ご視聴ください。

  ↓動画はこちら

食品商業4月号「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント「安定感」(動画)

 


食品商業3月号(2月8日発売)で特集された「売場作りの改善法」の記事を動画でYouTubeにアップしましたので視聴ください。

  ↓動画はこちら

「食品商業3月号特集『売場作りの改善法』(動画)



  
研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。


株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(6月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(5月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。






| | コメント (2)

2024年5月15日 (水)

スピードと納得度の関係

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


仕事のスピード。

  何と関係するのであろうか。

コンサル先でも、改善事項をスピードを以って実践する企業や店舗と依然として実践されない企業や店舗は存在する。

  その明暗を分けるもの。

店舗クリニックで店長とマンツーマンで現場の売場作りを指摘しながら、次々と売場を巡っていくのが通常のクリニックのスタイルであろう。

  そこで当方の目を見ながら指摘に頷く店長。

そんな店長の改善スピードは速い。

  要は指摘事項が腑に落ちているかどうか。

腑に落ちていれば、頷きながら私の目を見て真剣に聞き入るというスタイルとなる。

  逆に腑に落ちていなければ。

納得できないという表情が伝わり、結果としてそれがズーっと引きづりながら私との会話が噛み合わない結果となっていくのである。

  腑に落ちなければ即そこで質問すること。

これによって、その場その売場で解決させていくことが店舗クリニックでは重要となるのである。

  でなければクリニック全般に次へのスピードが衰えることになる。

それはどういうことか。

  改善スピードも鈍るということである。

上記は店舗クリニックでのコンサルと現場の店長やリーダーとの関係を記したが、それは全ての関係にも言えることではないだろうか。

  納得度が高まればスピ―ドもアップする。

それはコミュニケーションの基本であり、伝える上司、伝えられる部下両方に重要な視点である。それがお互いに理解できていれば、伝える上司も部下の納得度合を確認しながらコミュニケーションを取る必要があろうし、受け取る部下も自身の納得度合が落ちたと感じたら、次への売場に移る前に確認をして自身の納得度合を高めておく必要がある。

  全てはそこからスピード感が高まるのである。

そして、お互いにそんなコミュニケーションが取れれば、より多くの確認事項を交わすことが出来、次回の実践スピードが大いに高まるのである。

  結果それは業績にも繋がるし自身の評価にも繋がるのである。





「勝てる!店長育成」セミナー開催のお知らせ


  「勝てる!店長塾」有料セミナーの開催決定。

計5回のセミナー。

  初回スタートは今秋の10月2日(水)~3日(木)。

対象は小売業の店長及び運営部長他。開催形式は、リアルに集合するセミナーとウェブセミナーを組み合わせての開催。

  内容は当方のファイブマネジメント及び販売力強化。

「勝てる!店長塾」セミナーのご案内はこちら
Web

「勝てる!店長塾」セミナーのお申し込みはこちら

 
特に昨今、この業界も業界内のМ&Aが頻繁になってきた。

  要は中小が飲み込まれる形で吸収されていく流れ。

それは中小SMにも意図はあるだろう。しかし意図せずともそうなっていく企業も少なくはない。

  そんな企業の幹部や店長を対象にしたセミナーとしていきたいと考える。

いかに、自社の店舗力を高め、人間力+仮説検証力にて、地域で勝ち抜いていける高い店舗力を発揮し、競合マネジメントによる競争力の向上が図れる実力店長育成の実務型セミナーとなるであろう。

  実務でありリアルな部分に当方の強みを活かしたセミナー。

そこには企業の大小はあまり関係ない。

  地域で勝つ抜ける店長の育成。

そこに重点を置いたセミナー内容とセミナー実践、そしてセミナー受講生同士の交流からの人間的な成長期待。

  そんなセミナーとしてスタートさせたいと思うのである。

是非、セミナーご参加をご検討頂ければと思うのである。

  
  「勝てる!店長塾」セミナーのご案内はこちら

  「勝てる!店長塾」セミナーのお申し込みはこちら



食品商業2024年6月号が発売されました。
20246

当方の執筆は以下の通りです。

1.連載「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント 

2.無用オンラインセミナーのご案内
  
  第2回無料セミナー ~ 6月5日
  第3回無料セミナー ~ 7月10日
  第4回無料セミナー ~ 8月7日

上記日程にて、開催予定予定。前回同様に食品商業「勝てる!店長塾」のファイブマネジメントに執筆した内容を動画にてアップし、記事と動画を視聴した後で、そのテーマ+アルファの自由な意見交換会を予定。
*参加申し込みは食品商業の最終ぺージに「食品商業かわら版」として案内。

是非、ご購読宜しくお願い致します。



食品商業5月号(4月8日発売)の当方の執筆記事、「勝てる!店長塾」の一時限目

  「ファイブマネジメント」の顧客の五感の「親近感」

をを動画にまとめましたのでご覧ください。食品商業の記事だけでなく、動画視聴により更に理解度が深まるかと思います。

  ⇩動画はこちら

「食品商業5月号執筆 親近感動画」



食品商業4月号(3月8日発売)で執筆した「勝てる!店長塾」の一時限目「ファイブマネジメント」の特集の「安定感」の記事について、その詳細を深掘りして動画にアップしましたので、ご視聴ください。

  ↓動画はこちら

食品商業4月号「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント「安定感」(動画)

 


食品商業3月号(2月8日発売)で特集された「売場作りの改善法」の記事を動画でYouTubeにアップしましたので視聴ください。

  ↓動画はこちら

「食品商業3月号特集『売場作りの改善法』(動画)



  
研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。


株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(6月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(5月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。






| | コメント (2)

2024年5月 7日 (火)

採用のミスマッチ②

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


先日は、採用のミスマッチを記した。

  ブログ記事

五月病の時期。

  未だにそんな表現するのかなぁ~とググってみた。

流石に記載されていたので安心した(笑)。

  心身の疲れが原因となる五月病。

確かに、自分自身を振り返っても、そんな時期があったような(本当です!)。一端退職して来年また就活しようかと思ったこともあった(それは一度や二度ぐらいは誰でもあるでしょう👍)。

  それをやるかやらないか。

そして想うのは、昔はある意味就職に対しても

  「なんとかなるさ」、とか
  「なんでもできる」、とか
  「とにかく頑張る」、とか

思って、あまり深刻に自分の就活に対して、深い思い入れをもって望んでいなかったような気はするのである。

  だから将来何になる、という想いも無い。

とにかく、それなりの企業に就職し、そこからがスタートだと思っていた。

  そこに我慢や忍耐という昭和の思考が入っていた。

要は、社会に自分を合わせていくことが当たり前の社会通念であり、だれもがそうやって人生を歩いていくものだと思っていたのである。

  だから自分の就活にも曖昧な部分が多かったような。

とは言いながら、やはり昔も5月病はあり、ゴールデンウィーク当たり方、退職者が出始めたようには記憶している。

  現代はどうなのであろうか。

Z世代と言われる平成後期生まれの若者達が就職してくる時代となった。

  Z世代とは?。

あまりそのように一列では考えたくはないが、家族内でも学校内でも、競争という意識は少なくなってきているのだろうと思う。

  他人に対して以上に自分自身を考える。

だから、よりいい企業に就業しようというよりも、自分はこう思いこう考えるから、このような自分の将来像に対して寄り添ってくれる企業に就業する。そしてキャリアをアップさせていきながらあるべき自分に近づいていく、という人生観があるのだろうと思う。

  だから就活においても曖昧にはさせない。

よって、就活時に企業側が説明したことと、就業後の実態が違っていたことに対しても妥協せずに異議を唱え、場合によっては退職代行を使ってでも合法的に退職するという道を選択するのかとは思うのだ(あくまでも推測ですが)。

  今まさに現場はその事に直面しているのである。

店舗業績以前に、店舗で働く従業員が居て初めて業績が付いて回るという原理原則。

  その事だけは不変の法則なのであろうか。




「勝てる!店長育成」セミナー開催のお知らせ

  「勝てる!店長塾」有料セミナーの開催決定。

計5回のセミナー。

  初回スタートは今秋の10月2日(水)~3日(木)。

対象は小売業の店長及び運営部長他。開催形式は、リアルに集合するセミナーとウェブセミナーを組み合わせての開催。

  内容は当方のファイブマネジメント及び販売力強化。

「勝てる!店長塾」セミナーのご案内はこちら
Web

「勝てる!店長塾」セミナーのお申し込みはこちら

 
特に昨今、この業界も業界内のМ&Aが頻繁になってきた。

  要は中小が飲み込まれる形で吸収されていく流れ。

それは中小SMにも意図はあるだろう。しかし意図せずともそうなっていく企業も少なくはない。

  そんな企業の幹部や店長を対象にしたセミナーとしていきたいと考える。

いかに、自社の店舗力を高め、人間力+仮説検証力にて、地域で勝ち抜いていける高い店舗力を発揮し、競合マネジメントによる競争力の向上が図れる実力店長育成の実務型セミナーとなるであろう。

  実務でありリアルな部分に当方の強みを活かしたセミナー。

そこには企業の大小はあまり関係ない。

  地域で勝つ抜ける店長の育成。

そこに重点を置いたセミナー内容とセミナー実践、そしてセミナー受講生同士の交流からの人間的な成長期待。

  そんなセミナーとしてスタートさせたいと思うのである。

是非、セミナーご参加をご検討頂ければと思うのである。

  
  「勝てる!店長塾」セミナーのご案内はこちら

  「勝てる!店長塾」セミナーのお申し込みはこちら



食品商業5月号の当方の執筆記事

  「ファイブマネジメント」の顧客の五感の「親近感」

をを動画にまとめましたのでご覧ください。食品商業の記事だけでなく、動画視聴により更に理解度が深まるかと思います。

  ⇩動画はこちら

「食品商業5月号執筆 親近感動画」



食品商業2024年5月号が発売されました。
20245

当方の執筆は以下の通りです。

1.連載「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

2.POP大賞応募ページ
20245pop 

是非、ご購読宜しくお願い致します。

食品商業4月号で執筆した「勝てる!店長塾」の一時限目「ファイブマネジメント」の特集の「安定感」の記事について、その詳細を深掘りして動画にアップしましたので、ご視聴ください。

  ↓動画はこちら

食品商業4月号「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント「安定感」(動画)

 

食品商業3月号(2月8日発売)で特集された「売場作りの改善法」の記事を動画でYouTubeにアップしましたので視聴ください。

  ↓動画はこちら

「食品商業3月号特集『売場作りの改善法』(動画)



  
研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。


株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(6月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(5月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。






| | コメント (4)

2024年4月 5日 (金)

ハードルを下げよ

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


ハードル。

  陸上競技のハードル。

100メートルハードルとか400メートルハードルの競技がある。この競技で重要なのは、如何にハードルを高い位置で超えるのではなく、低い位置で跨ぐように越えながらスピードを落とさずに走り切るかで、結果的に早いタイムを記録することが出来るのである。

  ハードルを越える。

如何に低い位置でハードルを越えてけるかが、タイムレースのポイントとなる。

  これを仕事に置き換えると。

私は陸上競技と同じではないかと考えている。

  如何にハードルを低い位置で越えていくか。

この業界の商いは「飽きない」に通じると言われている。やり続けてナンボの世界。だから高いハードルを越える努力と技術よりも、低いハードルをスピードを持って越え続けていけるかどうかが、飽きないから商いに通ずるのだと思っている。

  そこから生まれたのが基本4項目だと思う。

「鮮度」「品切れ」「接客」「清掃」の基本4項目。どれも高い山のようなハードルではないが、その分毎日当たり前のように維持し続けていく事で、リピーターが飽きずに日々来店してくれるのである。

  一日だけの問題ではないのである。

しかし、この低いハードルを越え続けることの難しさは、この業界に身を置いた人間でないと理解できないものである。

  それだけ低いハードルを越え続けることの難しさがある。

この業界には52週MDという年間の販売計画立案の手法がある。

  52週毎に売場が維持変更され続けていく。

それも地域性や歳時性を取り入れながら、お客様の来店動機を維持しつづけながら52週MDを継続していくという販売手法。

  これも高いハードルを突き付けると維持出来ない。

まずはハードルを下げて、52週を維持し続けるところから始めていく事で、52週MDの本来の意味をようやく知るのである。

  52週MDは維持継続して初めてその本来の意味に出会うのである。

本来の意味に出会うとは?。

  毎年の52週MDの精度が確実に上がっていくのである。

この業界は飽きないで商いを続ける事。よってそれは52週MDでも同様であるし、52週MDだからこそ維持していくことで、毎年の精度が高まり、顧客の来店動機を高めながら業績を積み上げていくことができるのである。

  その為には初めから高いハードルを現場に突き付けてはいけない。

まずは52週をクリアできるハードルの高さにしなければならないのであり、そこから店舗のレベル、現場のレベルが地道に高まっていくのである。

  “てっちゃん、それまで待てないよ!”

そう言いたくなる気持ちもわかる、が、52週MDと言ったって、52週継続出来なければ意味はない。52週継続して初めて、昨年の売場に再び出会うのであり、昨年の売場に出会うからその幼稚さや未熟さが痛いほどわかり(笑)、そして昨年のその未熟なハードルを容易に、それもスピードを持って乗り越えていけるのである。

  そしてそのことに自信が付き継続的にハードル越えが可能となる。

ハードルは高いばかりが良い事ではないのである。




PS
食品商業4月号で執筆した「勝てる!店長塾」の一時限目「ファイブマネジメント」の特集の「安定感」の記事について、その詳細を深掘りして動画にアップしましたので、ご視聴ください。

  ↓動画はこちら

食品商業4月号「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント「安定感」(動画)

  

研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。



株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業2024年4月号が発売されました。

20244

当方の執筆は以下の通りです。

1.連載「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

食品商業3月号(2月8日発売)で特集された「売場作りの改善法」の記事を動画でYouTubeにアップしましたので視聴ください。

  ↓動画はこちら

「食品商業3月号特集『売場作りの改善法』(動画)



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(4月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(5月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。






| | コメント (2)

2024年3月28日 (木)

下り坂の降り方

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


人生「山」あり「谷」あり。

  上り坂もあれば下り坂もある。

それが人生だ。そんな経験から、山の上り方、下り方を知るのである。

  上り坂の時は苦労もするが目的意識が強い。

そして学ぶ事も多いから、興味深々でいろいろな事にチャレンジしようとするし、チャレンジしなければ前へと進まないのである。そして次々と見たことのない景色へとステージを変えていくのである。

  結果として好業績を経験していく。

しかし、人生いいことばかりではない。好業績から一転して業績悪化に陥る時期もある。やってもやっても業績は一向に向上してこない。やがて精神的にも疲労が溜まり、どこかでくじけてしまう。

  しかしくじけながらも再び業績は復活する。

そんな繰り返しを通して、人間は上り坂や下り坂の歩き方、走り方、過ごし方が見えてくるのである。

とは言っても難しいのは下り坂の降り方。

  どこまで降りるのか?。
  いつまで降りるのか?。
  どのように降りるのか?。
  
そして、降りるときの心理もまた複雑であろう。決して心地よい状態ではない。かといってリーダーとしてそれを顔に出してはいけない。

  しかし人生経験すると必ず登りに転ずる時が来るものだ。

それは、どの段階で何を基準にそう判断し、そして再び活気に満ちて山を駆け上るときが来るのである。

  下り坂を降りる時に人間は多くを学ぶものである。

登り坂の時には見えなかった自分が登った足跡。それが下り坂を降りる時に見えてくるものだ。

  登って降りるから見えてくる物の道理。

そして降りる時に一番学ぶものが、自分自身の心の持ち様である。そしてその時に自分一人で生きいることの錯覚を知るのである。

  活かされている自分。

それによって、組織を知り、チームを知り、人間の未知なる力を知るのである。

  そして次の下降時に周囲の手助けを得られるのである。

そうやって、下り坂を降りることで、次の上り坂のタイミングも見えてくるし、見えなくても周囲の協力によって多少のズレはあるものの、力強くチームで駆け上がることが出来るのである。

  諦めない心が全てを救うのである。





PS
食品商業4月号で執筆した「勝てる!店長塾」の一時限目「ファイブマネジメント」の特集の「安定感」の記事について、その詳細を深掘りして動画にアップしましたので、ご視聴ください。

  ↓動画はこちら

食品商業4月号「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント「安定感」(動画)

  

研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。



株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業2024年4月号が発売されました。

20244

当方の執筆は以下の通りです。

1.連載「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

食品商業3月号(2月8日発売)で特集された「売場作りの改善法」の記事を動画でYouTubeにアップしましたので視聴ください。

  ↓動画はこちら

「食品商業3月号特集『売場作りの改善法』(動画)



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(4月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(3月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。



| | コメント (8)

2024年3月26日 (火)

失敗の体験談

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


失敗から学ぶ。

  多くの人間は失敗に多いい学ぶもの。

しかし成功に関しては、意外に簡単に忘れ去られてしまい、そこからまた次への成功へと繋げられるかと言えば、なかなかそう簡単ではない。成功した瞬間は大いに喜び、大いに感動するのであるが、いざそこから何を学んだかという問いには即答できるものは少ないのではないだろうか。

  そしてそれは他人の成功失敗も同様である。

上司は同僚の成功談は、他者からすれば単なる自慢話を聞かされているようで、そこから自分も同じ成功を実践してみようという意識は意外に少ないのである。

  “あの環境なら俺でも出来る”

全ては相手の競合環境や自店の人材環境、更には商圏等での優位性を持ち出して、同じ環境なら俺でも出来るという一刀両断をして切り捨ててしまうのである。これが嫉妬であろうか(笑)。

  しかし相手の失敗に関しては大きな関心を寄せるのである。

不思議なものである(笑)。他人の成功は羨み(うらやみ)、他人の失敗からは学ぶのである。それも、失敗からの成功へと流れるストーリーは関心が高い。

  失敗から学び成功へと繋がる要因。

それを大いに学びたいのである。

  何故か?。

ストーリー性を大いに感じるからである。失敗とは意外に誰でも陥るもの。しかしその失敗からどう立て直し、どう軌道修正し、どう継続し、どう成功へと流れていったのかというストーリー性。

  これこそが自分も同じ成功パターンを描けるのではと思うのである。

コンサルでのセミナー時も同様である。

  失敗談には皆が目を輝かせて聞き入るのである。

「初めは俺も失敗したよ。店舗での52週MDなんて、最初の3か月は継続したけど、その後はいつの間にか消滅」。そんな失敗談を語り始めると、皆が笑顔で聞き入ってくるのである。

  “こいつらやけに嬉しそうだな(笑)”

それはそうだ。そしてコンサルの失敗談など、なかなか聞けない話ではないだろうか。しかし、私とて失敗談だけで終わるものではない。どう失敗し、どう考え方を改め、そしてどのようなスタイルで実践継続できたのかを話始めると、皆の顔がだんだんと真剣さをましていくのである。

  “徐々にこっちのペースになってきたぞ(笑)”

そして最後は、このように失敗を経験し、ハードルを大きく下げて継続することで徐々に次の世界が見えてくるもの。だから継続は力なりなのである。

  そんな結びで締まるのである。

ハードルを下げて実践するという発想。そして継続が可能となり、それがいつしか高い精度をもって実践継続され続け、大きな強みとなっていく。

  失敗談から皆の関心を集める。

これも大切なマネジメントではないだろうか。





PS
食品商業4月号で執筆した「勝てる!店長塾」の一時限目「ファイブマネジメント」の特集の「安定感」の記事について、その詳細を深掘りして動画にアップしましたので、ご視聴ください。

  ↓動画はこちら

食品商業4月号「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント「安定感」(動画)

  

研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。



株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業2024年4月号が発売されました。

20244

当方の執筆は以下の通りです。

1.連載「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

食品商業3月号(2月8日発売)で特集された「売場作りの改善法」の記事を動画でYouTubeにアップしましたので視聴ください。

  ↓動画はこちら

「食品商業3月号特集『売場作りの改善法』(動画)



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(4月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(3月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。



| | コメント (2)

2024年3月11日 (月)

自己満足万歳!

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


組織人という枠組み。

  そこで概ねの方は一生を終える。

特に仕事に就くということは、組織人として生きていく事と同義語ではないだろうか。
  
  その枠組みの中で自分の役割を与えられる。

その与えられた役割を演じていくのが組織人でありサラリーマンとしての使命であろうか。しかし人間としてその役割を演じるにあたり、いろいろな感情が生まれてくるものでもある。

  楽しいなぁ~、やったぁ~、感動だなぁ~・・・ 。

そんな感情も生まれれば、逆に、

  苦痛だなぁ~、辛いなぁ~、絶望だなぁ~・・・ 。

そんな感情の時もあるだろう。我々人間はAIと違い感情を持った人間であり、その感情を携えて仕事の役割を演じるのである。

  重要なのは「感情コントロール」。

しかし、起業したり個人事業主となって、誰にも左右されずに自らの仕事に就ける人間は、組織人の中では皆無である。ましてや入社5年目あたりまでの若者に、自由な発想と自由な行動を任せてくれるほど、組織は甘くない。

  必ず自己満足とは裏腹の世界を彷徨うのである。

自己満足の中で達成感を以って仕事を完結出来たと思っても、必ず上司からダメ出しを出されるものだ(笑)。

  しかし私は「自己満足万歳」だと思っている。

だれが、自分を褒めてくれようか。誰も褒めてくれなくても、自己満足の中で達成感を持ち、そこから次へのステップを踏む事を勧めている。

  どんな小さな成功や達成でもいい。

そこには、必ず本人のみぞ知る「達成感」があり、そこから導き出される「自己満足」へと繋がるのである。

  その自己満足の領域を褒められればそれに越したことは無い。

しかし、誰もそこに関知してくれなくても、必ず自己満足をを導き出し、自らの達成感を享受してほしいのである。

  それが次への原動力となっていくのである。

誰が、どのようなコメントを発しても、そこには自分だけの達成感が必ずあるものだ。

  その達成感が重要なのである。

その積み重ねが、必ず大きな組織の中で評価される時が、必ず来るものである。

  自己満足はその時までの継続力なのである。





PS
食品商業3月号(2月8日発売)で特集された「売場作りの改善法」の記事を動画でYouTubeにアップしましたので視聴ください。

  ↓動画はこちら

「食品商業3月号特集『売場作りの改善法』(動画)   




研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。



株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業2024年4月号が発売されました。

20244

当方の執筆は以下の通りです。

1.連載「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

今月号は上記の項目を執筆致しております。お楽しみください。



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(4月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(3月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。






| | コメント (4)

2024年1月24日 (水)

前を向く姿勢

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


毎月一回のセミナー。

  あるセミナーが月一回開催されている。

その中に、石川県で営業している企業がある。

  能登半島地震。

地域では甚大が被害が発生し、その復興までは長い時間がかかると思われる。

  被災した皆様にはお見舞い申し上げます。

そして嬉しかったのは、月一回のセミナーにその企業が元気な姿で参加してくれたことである。

  主催者ともに参加への意向は促さなかった。

しかし、当日数名の参加者がセミナーに入ってくれたのである。

  “この姿勢が大切だよなぁ”

おそらく、私だけではなく、参加者全員がそう感じたのではないだろうか。東日本大震災の時もそうだったが、このような状況においてもなお前を向き、顧客に近づき、地域に貢献していくという姿勢。

  それが最大のモチベーションにもなっているのだろう。

我々は、何もない平和な時には、競争だ、業績だ、欠品だ、と売り手側の視点で営業を捉えるが、このような状況になったらそのような視点など吹っ飛んで、地域貢献というキーワードに視点が切り替わる。何といっても我々は食料というインフラに深く関わる業界である。

  生きる為の重要なインフラ。

だからこそ、このような状況下においても、常に前を見続けなければならないという信念が、個人を動かし組織を支えていけるのであろう。

  今回はファイブマネジメントから視点を変えての内容。

ファイブマネジメントという組織人が組織内で影響力を発揮するためのマネジメントを学ぶと同時に、並行的に販売面の知識であり実践が相乗効果を生むのである。

  1月は思考の月。

よって、今年一年を思考する月に合わせたセミナー内容を持ったのである。よって被災地の方々も参加された今月のセミナーは盛り上がった。
被災に関する話は一切出ず、常に成功事例の共有と今後の方向性を確認できた、濃い内容の時間を過ごせたし、少しずつ参加者の方々同士の情報共有のスタンスも深まったのではないだろうか。

  1月という月。

今月は、しっかりと前を向いて、自分が目指す明るい未来を明確にして、そこに到達するための道順や段取りを構築する月である。

  それを多くの方と共有できたことが嬉しいのである。


 




研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。



株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業2024年2月号が発売されました。

20242

当方の執筆は以下の通りです。

1.「店舗視察の方法と学ぶべきポイント」
    前半 ~ 事前準備としての五感の認識
    後半 ~ 写真で解説する最新ポイント

2.「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

今回は上記の項目を執筆致しております。お楽しみください。



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(1月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(2月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。





| | コメント (6)

より以前の記事一覧