スポーツ

2014年2月16日 (日)

圧巻の滑り

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


ようやく我々の胸のつかえが取れた思いだ。

  男子フィギュアスケートの羽生弦。

ショートプログラムはまさに「圧巻」の滑りであった。
フリーでは若干若さも露出してしまったが、それはご愛嬌であろう。

  パトリックチャンでさえ重圧に押されたのだから。

大会前から、グランプリファイナルでの優勝、今大会の団体ショートプログラムでの一位と、ことごとくパトリックチャンに優位をキープしていた。

そして、今大会でのショートプログラム。

  4回転の完璧な演技からフィネーレまで。

その滑りは、しなやかであり、優雅であり、力強かった。

  会場の観客を引き込む滑りであった。

まさに、圧巻の演技であり、会場の総立ちでスタンディングオベーションを送っただけの事はあっただろう。

  そして歴代最高得点。

おそらく、誰もが納得の得点であったのではなかろうか。

  “よくやってくれた!”

日本中のもやもやをすっきりさせてくれたショートプログラム。
しかし、パトリックチャンとの差はわずか4点あまり。

  その差はゼロに等しい。

ある解説者のコメントであった。

  100点前後の得点での4点差。

たしかに、精神的にはその差はゼロだろう。

  手を一回付いただけで逆転ですから(笑)。

そう言って解説者は苦笑いした。

  “浮かれてはいられない”

そんな雰囲気の中でのフリーの演技。
誰もが手に汗握る場面を迎える。

  そして始まったフリーの演技。

4回転のミスはあったが、しっかり4回転を認めてもらえる内容であり、その後はほぼ完璧な滑りのような気がした。

  しかし、何か一つ晴れない。

その後のパトリックチャンが控えているからだろう。
しかし、彼もまた人間だった。
羽生の直後の演技も相当プレッシャーがあったのだろう。

  結果的には5点差に拡大。

その瞬間、男子フィギュアスケートに新しい歴史が生まれた。

そしていよいよ期待は女子フィギュアに移っていくのである。





| | コメント (4) | トラックバック (0)