« ファイブマネジメントの成り立ち | トップページ | 日曜劇場 »

2024年4月13日 (土)

不適切な時代?

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。

 

 

今日は土曜日。

  芸能ネタの日、ではない(笑)。

しかし、今日は、1月期スタートのドラマ「不適切にもほどがある」のドラマを見ての昨今の風潮を考察してみたい。

  このドラマは昭和年時代を想定した設定である。

時は1986年。小川市郎(阿部サダヲ)は、“愛の鞭”と称した厳しい指導をするのが当たり前な昭和の体育教師。野球部の顧問も務め、生徒たちからは「地獄のオガワ」と恐れられていた。

  というそんな時代を想定したドラマが始まった。

“昭和”から“令和”にタイムスリップしたことで改めて感じる人々とのギャップや共感を描く、意識低い系タイムスリップコメディがスタートした。

  昭和の「当たり前」は令和の「不適切」!?

その時代背景を交えながら、昭和で懸命に生きた高校教師が、現代の倫理観に対して昭和の倫理観をぶつけていくドラマであった。

  昭和世代はこのドラマで久しぶりに爽快感を味わった。

社会人として企業に入社。その後昭和、平成、令和を生きてきた中で味わってきた人生観や社会観、そして商売観の追求と、働き方改革による時代背景による社会観とのギャップ。

  それらに違和感を感じる世代は多い。

この物語は上記のような背景にて、昭和と令和をタイムスリップしていくのであるが、ここに平成という視点が排除されているのである。そしてもしかすると、その平成時代の文化を過ごしてきた30代から40代後半の人間達が昭和と令和の板挟みになっている現実が今の現場ではないだろうか。

  昭和世代はもはや定年間際の割切り型。
  令和世代は働き方改革後の自己主張型。

そんな職場において、いまや組織のリーダーの中心メンバーが平成世代であることは間違いない。

  昭和世代に「働きがいの追求」を叩き込まれ
  令和時代に「働き方改革推進」を迫られる世代

それが平成世代の現在の立ち位置ではないだろうか。この真逆の価値観の狭間でリーダーシップを発揮せざるを得ないから、昭和世代のかっての上司から更なるリーダーシップを強要され、令和世代からのリーダーシップ不要論を投げかけられているのである。

その姿から、誰もがリーダーになりたがらない時代が到来しているのではないだろうか。

  戦後の復興と急成長の時代の倫理観。

その倫理観は昭和の一途な時代を経過し、それがいまや不適切な時代として振り返られ、その全てが悪として評価されているのが現代なのかもしれない。

  それに対して一石を投じたのが今回のドラマだったのかもしれない。

であれば、続編を9月期でスタートさせてほしいものである。

 

 


食品商業2024年5月号が発売されました。
20245

当方の執筆は以下の通りです。

1.連載「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

2.POP大賞応募ページ
20245pop 

是非、ご購読宜しくお願い致します。

食品商業4月号で執筆した「勝てる!店長塾」の一時限目「ファイブマネジメント」の特集の「安定感」の記事について、その詳細を深掘りして動画にアップしましたので、ご視聴ください。

  ↓動画はこちら

食品商業4月号「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント「安定感」(動画)

 

食品商業3月号(2月8日発売)で特集された「売場作りの改善法」の記事を動画でYouTubeにアップしましたので視聴ください。

  ↓動画はこちら

「食品商業3月号特集『売場作りの改善法』(動画)



  
研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。


株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(4月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(5月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。







|

« ファイブマネジメントの成り立ち | トップページ | 日曜劇場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。

リアル以上にバーチャルな世界に振り回される風潮。それは人間同士のリアルな相手から感じる感情とは異なる架空の世界に振り回されるとうことだと思います。

だから尚更リアルに対面するリアルな人間との向き合い方が見えずらくなっているのではないでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2024年4月14日 (日) 08時52分

k,kさん、コメントありがとうございます。

k,kさんの感じている学校教育の変遷も大きな一因なのでしょうね。

やはりこの業界は「売る楽しさ」の追及が一丸となっていける最大の武器なのかと思ってしまいますね。

投稿: てっちゃん | 2024年4月14日 (日) 08時48分

適切不適切はともあれ、今の若者の夢は何なのか?出世でも無く家庭でも無い。自分が良ければそれで良い。私達が「新人類」と称した世代から生まれ育った世代が要を握る現代、価値観も大きく変化するのは是認せざるを得ないですが、「今」しか存在しないのですからアリとキリギリスの逸話が実話にならない事を祈りたいですね。

投稿: dadama | 2024年4月13日 (土) 19時03分

私らの子供の頃の学校教育と最近の学校教育の違いが一番解るとと思います。昔は親が学校に呼び出しされて目一杯怒られて家に帰って又怒られて。今は親が先生にクレームをつけにいく。依怙贔屓や好き嫌いも先生方はよくありました。大人の事情も子供目線でも解るような時代でしたね(笑) 今は一等賞も出し物の主役も交代でやらせたり全員主役みたいな事態もあるようで💦子供は自分で考えなくなっているようです。だから指示待ち族や言われた事しかやらない子達がんいっぱい。失敗もさせないし、危ない事もやらせない。先生もリスクあることは避ける。私らと同年輩の親達が先生をおかしくしてしまったのでは?と最近思います。何故なら自分の子供に昭和のような育て方をしてましたがそれは学校では浮く存在になりました。時代錯誤をやってしまった訳です。社会人になってから先輩にビンタや蹴りをつけに食らわされながら魚を覚えてきました。パワハラ上等でしたね。納得いかない時は食ってかかりましたが飲みに連れてってもらってお互い腹の中をぶちまけたり。今はそれもご法度。コミュニケーションは仕事の時間内だけ。部下はしっかり休憩や休みとって上司は休めない。それをみても何も思わない。自ら私にも出来ることはありますか?と聞いてくる子は貴重ですね~

投稿: k,k | 2024年4月13日 (土) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファイブマネジメントの成り立ち | トップページ | 日曜劇場 »