« アップデート | トップページ | ハードルを下げよ »

2024年4月 4日 (木)

交通事故

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


交通事故。

  いつ何時でも起こりうる事故。

いまやそれが交通事故ではないだろうか。

  ほとんどの方がなにかしらの交通事故に遭遇しているのでは。

私も過去に何度か事故を起こした経験がある。

  全ては自損事故だった。

相手がいて、ケガをさせたという経験はない。全て自損事故で自前で修理したり廃車にしたり(笑)。

  更に交通違反も経験した。

微々たる違反の積み重ねで免停を食らったこともあった。

  講習を受けての一か月免停。

免停で翌日から免許復活するものではなく、講習を受けてようやく一か月の免停に短縮される免停を食らった時の事。

  講習会に集まった受講者。

そこで講師の方が受講生に確認した。

  「この中で人にケガさせた方は?」

結構多くの方が挙手した。更に「相手の方が亡くなった方は?」。そんな質問をした。

  数人が挙手した。

その時思った。

  交通事故の怖さ。

だからこそ、交通ルールは徹底されるべきであることを知るのである。その時から私の運転ルールも大きく変わったのである。

  飛ばせる道はそれなりに運転する。
  狭い道は止まれる速度で運転する。

だから、細く狭い道はいつでも止まれるスピードで走行することを徹底しているのである。

  先日仲間が事故った。

よく生きて帰れたなぁ~と思えるような体中のケガ。

  しかし彼は元気だった。

本当に運が良かったのだと思う。特にバイクに乗っての事故は体を守る器が無い分、生死に関わる事故となる場合が多いのではないだろうか。

  私も以前バイクに乗っていた。

400CCに乗っていたから、中型自動二輪という免許である。流石に結婚してそのバイクは処分したが、バイクの爽快さは理解している。乗っているときは事故のことなど全く考えずに運転していた。

  バイク乗りは事故った場面をあまり想定しない。

それだけ、乗っているときの安定感は見た目以上に高いのである。特に走行時はそうだ。そして急ブレーキをかけたときでもある程度安全に短距離で静止してくれるから、尚更事故る場面が想定出来ないのであろう。

  とは言っても事故は相手もあるときが多い。

自分の想定外の飛び出しや急ブレーキ等の時は、自分でも制御出来ない場面がある。仲間の事故はそのような状況だったらしい。

  先日見舞いに行ってきた。

予想以上に元気で何よりであった。





PS
食品商業4月号で執筆した「勝てる!店長塾」の一時限目「ファイブマネジメント」の特集の「安定感」の記事について、その詳細を深掘りして動画にアップしましたので、ご視聴ください。

  ↓動画はこちら

食品商業4月号「勝てる!店長塾」ファイブマネジメント「安定感」(動画)

  

研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。



株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業2024年4月号が発売されました。

20244

当方の執筆は以下の通りです。

1.連載「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

食品商業3月号(2月8日発売)で特集された「売場作りの改善法」の記事を動画でYouTubeにアップしましたので視聴ください。

  ↓動画はこちら

「食品商業3月号特集『売場作りの改善法』(動画)



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(4月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(5月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。






|

« アップデート | トップページ | ハードルを下げよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。

流石、量子力学の万能性ですね(笑)。

長期休業せざるを得ないという環境も、彼なりにプラス思考で組織全体の成長を志向しているようですね。

よって彼にはてっちゃんブログ金曜担当を命じてきました😎。

投稿: てっちゃん | 2024年4月 4日 (木) 09時41分

彼のポジティブさは本物ですね。
あれだけの事故に遭遇しても笑顔や冗談を言えて
パソコンを持込み仕事もこなす。
逆に周りが励まされちゃいますよ。五体満足の輩が何やってんだ!って(笑)。
彼のモチベーションが有れば身体も必ず活性化して早期復帰を勝ち取る事でしょう。
これも量子力学が証明しています(笑)。

投稿: dadama | 2024年4月 4日 (木) 06時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アップデート | トップページ | ハードルを下げよ »