« 4月期新ドラマのご案内① | トップページ | 褒め方考察 »

2024年3月11日 (月)

自己満足万歳!

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


組織人という枠組み。

  そこで概ねの方は一生を終える。

特に仕事に就くということは、組織人として生きていく事と同義語ではないだろうか。
  
  その枠組みの中で自分の役割を与えられる。

その与えられた役割を演じていくのが組織人でありサラリーマンとしての使命であろうか。しかし人間としてその役割を演じるにあたり、いろいろな感情が生まれてくるものでもある。

  楽しいなぁ~、やったぁ~、感動だなぁ~・・・ 。

そんな感情も生まれれば、逆に、

  苦痛だなぁ~、辛いなぁ~、絶望だなぁ~・・・ 。

そんな感情の時もあるだろう。我々人間はAIと違い感情を持った人間であり、その感情を携えて仕事の役割を演じるのである。

  重要なのは「感情コントロール」。

しかし、起業したり個人事業主となって、誰にも左右されずに自らの仕事に就ける人間は、組織人の中では皆無である。ましてや入社5年目あたりまでの若者に、自由な発想と自由な行動を任せてくれるほど、組織は甘くない。

  必ず自己満足とは裏腹の世界を彷徨うのである。

自己満足の中で達成感を以って仕事を完結出来たと思っても、必ず上司からダメ出しを出されるものだ(笑)。

  しかし私は「自己満足万歳」だと思っている。

だれが、自分を褒めてくれようか。誰も褒めてくれなくても、自己満足の中で達成感を持ち、そこから次へのステップを踏む事を勧めている。

  どんな小さな成功や達成でもいい。

そこには、必ず本人のみぞ知る「達成感」があり、そこから導き出される「自己満足」へと繋がるのである。

  その自己満足の領域を褒められればそれに越したことは無い。

しかし、誰もそこに関知してくれなくても、必ず自己満足をを導き出し、自らの達成感を享受してほしいのである。

  それが次への原動力となっていくのである。

誰が、どのようなコメントを発しても、そこには自分だけの達成感が必ずあるものだ。

  その達成感が重要なのである。

その積み重ねが、必ず大きな組織の中で評価される時が、必ず来るものである。

  自己満足はその時までの継続力なのである。





PS
食品商業3月号(2月8日発売)で特集された「売場作りの改善法」の記事を動画でYouTubeにアップしましたので視聴ください。

  ↓動画はこちら

「食品商業3月号特集『売場作りの改善法』(動画)   




研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。



株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業2024年4月号が発売されました。

20244

当方の執筆は以下の通りです。

1.連載「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

今月号は上記の項目を執筆致しております。お楽しみください。



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(4月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(3月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。






|

« 4月期新ドラマのご案内① | トップページ | 褒め方考察 »

モチベーション」カテゴリの記事

コメント

k,kさん、コメントありがとうございます。

→我が道を往きます。個性派万歳(^^)d
その調子でいきましょう。

今日のブログはある意味k,kさん宛の内容かと(笑)。
だからこそ、今日のコメントに安心しました👍。

投稿: てっちゃん | 2024年3月11日 (月) 17時21分

正に自分です(笑)売上上がるやり方を会社に報告しても誰も評価しない。そのシステムが最近解ったのでもう会社には報告一切しません。ですが仕事がつまらなくなるので自己満足で今まで通り進めます。誰かは見てくれているという昔の人の格言にはもう騙されません。我が道を往きます。個性派万歳(^^)d

投稿: k,k | 2024年3月11日 (月) 17時03分

dadamaさん、コメントありがとうございます。

自己満足。
確実に実践し、そこから一歩でも前進していると実感することが大切ですね。
特に若年世代は未経験の部分が膨大になりますから、その小さな一つ一つの自信の積み重ねが大切でしょうか。

私自身も、そのような積み重ねによって今があると思っております。辛かったけと(笑)。

投稿: てっちゃん | 2024年3月11日 (月) 09時44分

今日はタイトルが飛び跳ねるてるなーと思いましたが内容も然りでしたね(笑)。
自己満足多いに宜しい。但し必ず結果や課題を残せての自己満足でなければならない。
「俺はこんなに頑張ったぞ!」と胸張っても回りが「お!」と注目しなければ独りよがりに終わってしまい孤立してしまうリスクも。
更に生半可な目標に対しての自己満是に成長は無い。小さい事でも良いので具体的に具現化する事。「商品を昨日より1個でも多く売る。在庫を1箱でも少なくする。1日ひとりお客様と会話をする・・・」これを必ず点数化して反省する。毎日の小さな積み重ねが1年経つと大きな変化と成長を遂げる。ここまで来れば自己満足が他人から一目置かれる引き寄せの力となりますよ(笑)。

投稿: dadama | 2024年3月11日 (月) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月期新ドラマのご案内① | トップページ | 褒め方考察 »