« 栄枯盛衰 | トップページ | バレンタインの変遷 »

2024年2月11日 (日)

引っ張りだこの小芝風花

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

小芝風花。

  女優。

今期も「商い世伝 金と銀」(先日最終話放映済み)NHK、「大奥」フジテレビ、で主演を演じている。

  今一番引っ張りだこの女優ではないだろうか。

彼女は幼いころからフィギュアスケーターとしてオリンピックを目指すほど打ち込んでいたのだが、同時に役者としても活動しており、最終的には芸能界に本腰をいれたという経緯がある。

  だから身体能力はかなり高いのであろう。

役者として小さいほうに見えるが、伸長157㎝といプロフィールを見ると、平均的な身長なのだろうと思う。
直近でのドラマ出演を挙げてみると、

  あさが来た(2016年1月30日 - 4月2日、NHK)
  トクサツガガガ(2019年1月18日 - 3月1日、NHK総合
  妖怪シェアハウス(2020年8月1日 - 9月19日、テレビ朝日)
  彼女はキレイだった(2021年7月6日 - 9月14日、フジテレビ)
  波よ聞いてくれ(2023年4月21日 - 6月9日、テレビ朝日)
  転職の魔王様(2023年7月17日 - 9月25日、フジテレビ)
  フェルマーの料理(2023年10月20日 - 12月22日、TBS
  あきない世傳 金と銀(2023年12月8日 - 2024年1月26日)
  大奥(2024年1月18日 - 、フジテレビ) (放映中)

私が知る限り、これだけのドラマに出演している。その中で、主演は「波よ聞いてくれ」「転職の魔王様」「あきない世傳 金と銀」「大奥」とここ最近は立て続けてに、ドラマの主役を張っているのである。

  今期は同じ期に二つの主役を演じていた。

なぜここまで人気なのか?。

  「楽屋での評判」
  「演技での評判」
  「笑顔での評判」

いろいろと、彼女の評価を高めている話はよく聞こえてくる。

「仕事に対して真面目だし、関西出身でトークは面白いし、人懐っこくて現場ウケは抜群。彼女と一度でも仕事をしたことがある人はだいたい、″また仕事をしたい″と言いますね。所属事務所もまったく手を焼かない優等生です。年齢的に今後、熱愛報道ぐらいは出るかもしれませんが、真面目な交際であれば俳優としての評価には響かないでしょう」(広告代理店関係者)

というような楽屋での評判。それが演技にもよく表れているようにも思える。

  彼女の演技はどうだろうか。

「特撮オタクのOLがハマり役だったこともあり、オタク系のファンが一気に増えましたね。この作品も漫画が原作なのですが、小芝は研究熱心で原作ファンが納得するほど忠実に演じた。これが支持を集めました。今では、漫画の実写化でドラマを作る際、真っ先にキャスティング候補にあがるようになっていますよ」(制作会社ディレクター)

役に対する熱心が探求心。これが演技力を益々進化させていくのであろう。流石は元フィギュアスケーターとしてオリンピックを目指すだけのメンタルな部分があるのだろう。

  そして笑顔の評判。

笑顔がとても素敵で、目を細めて笑うとまるで子犬みたいにとっても可愛くて好きです。また、声質がよくハキハキと滑舌がよいので、バラエティ番組などに出ていてもアナウンサーみたいで、明るい性格も伝わってきて素敵です(AからZ世代さんの評価)。

  この評価は同感である(笑)。

前述した評価にもあるように、「目を細めて笑うと可愛い」とあるが、まさにその通りだと思う。この笑顔に癒される男性はしこたま多いのではないかと想像する。

  今は「大奥」フジテレビで熱演中。

大奥という嫉妬渦巻く虎の穴で、周囲のどろどろしたえげつない人間関係の中での彼女の凛とした演技に注目していきたい。



  



研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。



株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業2024年3月号が発売されました。

20243

当方の執筆は以下の通りです。

1.特集「売場作りの改善法」
    目的買いと衝動買いという顧客購買行動から
    将来的な来店動機を高めていく手法を解説

2.連載「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

今回は上記の項目を執筆致しております。お楽しみください。



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(2月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(3月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。





|

« 栄枯盛衰 | トップページ | バレンタインの変遷 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

kazuさん、コメントありがとうございます。

今回の大奥。
当初はじめじめした女の園の、視聴するには精神消耗の激しいドラマかと思っていましたが、ようやく方向性が見えてきて、見る視点が見えてきました。

今後が楽しみですね。

投稿: てっちゃん | 2024年2月11日 (日) 10時27分

kazuです。

さすが会長!
小芝風花さんに関して良くお調べですね。私も小芝さんのファンとして会長の記述に同感であります。
私が最初に彼女を見たのが「トクサツガガガ」このドラマはストーリーも面白かったですし、彼女のヲタクぶりが楽しかった記憶です。
共演していた倉科カナさんもお綺麗でお二人の姿を拝見するだけでも価値がありました。
今回の「大奥」も毎回見させて頂いております。

投稿: kazu | 2024年2月11日 (日) 06時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栄枯盛衰 | トップページ | バレンタインの変遷 »