« コミュニケーションの始まり | トップページ | ゴールデンタイム »

2024年2月 3日 (土)

タイムパフォーマンス

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


タムパ、又は、タイパ。

  タイムパフォーマンス。

和訳すると、「効率性・生産性」。費やした時間に対して得られる効果の割合のことである。

  同じ1時間で一番効果の上がる手法。

であれば、就業時間内に、どれを選択するかで一番効果の上がる手法を見つけ出し、創り出し、その手法を身に付けて常に実践する風潮。

  風潮というと悪しきしきたりを想像してしまうが。

しかし、よくよく考えてみると、その風潮というか思考は昔からあったものである。とは言っても、新人のころは先輩の教えが絶対であるからその教えをひたすら学び実践し、習得してきた。

  しかし生産性向上の思想が到来する。

本部主導で一番タイパの高い手法をマニュアル化し、それを全社統一の手法として全社で統一実践させていくことで、タイパの高い教育スケジュールとなり、タイパの高いチェーン化の拡大に貢献してきたのは事実である。

  しかし逆に失われていく個性と強み。

統一していくことで、個々の個性とその強みも削ぎ落されていく。

  タイパと個性のトレードオフ。

そして個性をオフにして、個性を持つここを排他することで、組織から個性が失われ、その個性に隠された利益獲得術の伝授が途絶えていく。今はその利益獲得術を伝承した企業が再び復活しているのではないだろうか。それが鮮魚や精肉の専門店の強みとなっているのだ。

  タイパという風潮。

リスクもあればメリットもある。現代の風潮に煽られることなく、リスクとメリットをしっかり認識し、取り入れる部分と捨てる部分を敢えて明確にしていかねばならないのではないだろうか。

  特に小売りという業界におけるタイムパフォーマンス。

特に教育であり育成であり成長という部分でのタイムパフォーマンスが問われる時代である。

  しかし「急がば回れ」ということわざもある。

遠回りと思える道のりであり選択であるが、結果としてその遠回りが目的に達する最短手段であるという現実をことわざにした考え方。

  タイパという現代の風潮。

それが、今後どのような結末をたどっていくのであろうか。

  再び「急がば回れ」に戻るのではないだろうか。
  




研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。



株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業2024年2月号が発売されました。

20242

当方の執筆は以下の通りです。

1.「店舗視察の方法と学ぶべきポイント」
    前半 ~ 事前準備としての五感の認識
    後半 ~ 写真で解説する最新ポイント

2.「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

今回は上記の項目を執筆致しております。お楽しみください。



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(2月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(3月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。








|

« コミュニケーションの始まり | トップページ | ゴールデンタイム »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

k,kさん、コメントありがとうございます。

→ある意味ガラパゴスの職場になりつつあります(笑)

しかし、そこで学んだ部下はその後大いに能力を発揮するのではないでしょうか。
特に人材不足と人時を削減して売場を維持しなければならない今後を考えると、素人が作ったマニュアルや作業スケジュールも改ざんして進化させていく時代となっていますからね。

最後は先手を打って結果を出すこととはどのような事なのか。私も上司からそんな本質を学べたのが良かったと思っています。

投稿: てっちゃん | 2024年2月 4日 (日) 11時28分

何度も同じ業界を渡り歩くと良くも悪くもいろいろなやり方を覚えます。コンサル主導で効率化図ってますが絵に描いた餅。チェックの時だけ従う。でもそれよりも速い遣り方をしてます。魚も頭を取らずに三枚卸しすれば更に速い。私は板前さんの遣り方をしています。各担当に本日の計画の説明を個人毎にして売場の場所確認をしてから仕事を始めます。これだけでも充分スピードがつきます。ただマニュアルを紙で渡しても無理。そして誉める。先週よりこれだけ早く埋まった。遅くなったのはそれぞれ原因がある。責めるのではなくこういう事もあるよね~それを見越してこんな考えを頭の隅に入れると慌てないよと翌朝に話します。だいぶ理解も進みましたけどある意味ガラパゴスの職場になりつつあります(笑)

投稿: k,k | 2024年2月 3日 (土) 20時26分

hataboさん、コメントありがとうございます。

→コトPOPがタイポでプラスに転じましたか。
コトPOPと暴鉄筆POPの両師匠のおかげですね。

次回お会いする時は、栃木方面から転売された市場の投げもので結構ですので、苺の手土産でも持参あれ🙄

投稿: てっちゃん | 2024年2月 3日 (土) 08時21分

dadamaさん、コメントありがとうございます。

仕事を楽しくするか機械化するか。
究極の選択ではありませんが、小売業という業界はまだまだ小売りという意味合いが強く、個人の働き甲斐を支える「楽しさ」のウエイトの高い業界。

だからこそ、大小問わず、小売業で働く方々の働き甲斐を支援していきたいですね。

dadamaさんも、今年は周囲に仲間を増えて人間力をチームで発揮できる環境のようですね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2024年2月 3日 (土) 08時16分

時間をかけなくていけないものとかけないもので仕分けしないといけませんね。
ただ私のコトPOPはタイパでプラスに転じました(笑)
前はデザインとか絵とか書きまくってましたが、某鉄筆POPを拝見してから筆一本で制作時間は5分の1くらいになりました(笑)
そんな事例もありますから面白いですね。

投稿: hatabo | 2024年2月 3日 (土) 07時01分

生産性や効率化を上げる目的は利益の安定化ですからムダ取りは必要。だから本部指示を逸脱した作業はご法度となる。利益の安定化=ブレが少ない=低リスクに繋がりますから。でも蝙蝠目で見れば利益安定化は最大化ではない(笑)。最大化を目指すにはスキルによるブレもありチェーンストア、特に本部からはリスクの何物でもないすから。利益の安定化と最大化の使い分け。店舗の少ない中小スーパーは安定化で大手と対峙出来るのか?個店利益の最大化をモチベーション最大化と連動させる。やはり中小スーパーの最大の武器は人間力(モチベーション)ですよ。スーパーは楽しく無ければ!考えない無駄しないロボットでは継続的な成長は有りますかね?

投稿: dadama | 2024年2月 3日 (土) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コミュニケーションの始まり | トップページ | ゴールデンタイム »