« 栗山監督の言葉 | トップページ | 売上と荒利 »

2024年1月 3日 (水)

担当者教育に向けて

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


従業員教育。

  企業は人なり。

聴きなれた言葉。しかし、実際に企業人として働いていくと、この言葉がよーく分かるしそこに切り込んでいく事が求められるのである。

  しかしなかなか思うように育たない。

むしろこちらが想いを強く持てば持つほど、それが空回りして無駄な時間を使ってしまったと後悔することもあった。

  それだけ個人での教育効果は少ない。

やはりコンサルをしていて想うのは、企業が大きな方向性を示し、その方向性に沿ってトップから幹部、そして店長の意志疎通があり、そこから個店での店長からの明確な方向性が部下達の意識と考え方が変わっていくのである。

  そこにコンサルとしてどれだけ支援出来るか。

その歯車が噛み合った時、教育効果は圧倒的な効力を発揮出来るのである。歯車が噛み合うとはどういうことか。それは企業のトップが示す考え方と、身近な店長が話す同じ方向性と具体策、更にコンサルから聞く具体策を実践する技術が全て噛み合うということである。

  同じ内容を3人の人間から同時に聞く。

だからこそ、聞く=聴く=効く、このように耳に入ってきた内容が自分の体で昇華し、高い意識(モチベーション)となって自分の行動に移っていくのであろう。

  これが、歯車が噛み合うということである。

噛み合った時の現場力は一気に高まる。ということは、現場の担当者が持っている能力にはそれほどの差は無いということではないだろうか。

  大切なのは意志の強さである。

意志の強さとは、同じ環境の中で同じ話に何度も触れていくうちに、それが強い意志へと転換していくのであろう。

  当方のコンサル時も同様の事が言えた。

若い担当チーフが参加して、「自分マネジメント」の話しをした時のこと。

  参加した若いチーフの目が輝いた。

自分マネジメントという内容は、どちらかというと企業の幹部や店長向けのテキストであるが、たまたま参加した部門チーフがその内容を聴き、そして自分の部門内における立ち位置や行動が変わり、彼のリーダーシップが一気に部門内に浸透し、彼の追随する部門の空気が一変したという。

  小さい組織ほど自分マネジメントが重要。

逆に彼から私が学んだ部分であった。よって幹部だからマネジメントが重要だとか、部門チーフだから52週MDの具体性だとかの問題ではなく、小さい組織ほど自分マネジメントというリーダーシップが重要なのであるし、それはチーフだろうが店長だろうが幹部だろうが、その職位毎に重要なテーマなのであることを知ったのである。

  だからこそ担当者教育をなめてはいけないのである。

売場を具体的に動かすのは部門チーフである。そこに直接働きかけることで、よりスピーディーな売場改善、それに連動して店舗改善が可能となる。

  再度そこに深入りしなければならないと思うのである。







研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。



株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業2024年1月号が発売されました。

20241

当方の執筆は以下の通りです。

1.「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

今回は上記の項目を執筆致しております。お楽しみください。



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(1月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(2月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。





|

« 栗山監督の言葉 | トップページ | 売上と荒利 »

部下育成」カテゴリの記事

コメント

hataboさん、コメントありがとうございます。

→時には仇となる
現場を知れば知るほど、この構図への対応力が腕の差となって現れてきますね。

是非、今年はその腕力で注目の存在となってほしいものです😎。

投稿: てっちゃん | 2024年1月 4日 (木) 11時45分

dadamaさん、コメントありがとうございます。

一昨日も羽田空港での事故がありましたが、こちらも機内放送が使用できない中での、現場のCAの判断で被害者が出なかったことが、海外では「奇跡」と称されているようです。

お互いに一生に一度あるかどうかの緊急時に、最善の行動がとれるかどうか。問われる一年になるのではと思います。

投稿: てっちゃん | 2024年1月 4日 (木) 11時43分

k,kさん、コメントありがとうございます。

思えば鮮魚部門の担当の時の上司は、いずれも変化球が得意なアウトローぞろい(笑)。

でも不思議にそんなアウトローしか記憶に残っていませんね。

是非、そんな存在として若手の記憶に残る変化球を残してください。

投稿: てっちゃん | 2024年1月 4日 (木) 10時01分

小さい企業こそ人間力ですね。
武器にもなりますし、時には仇となる(笑)
どれだけ同じ方向を向けるか、2024年一丸となって商売していきます。

投稿: hatabo | 2024年1月 4日 (木) 07時33分

小さい組織ほど自分マネジメントが重要。
会の連中は組織の大小に関わらず会社の方針に対し自らの課題を付加して数字を出してますよね。
小売業、特に食品スーパーなんぞ回転日数的にも現場コントロールで大半が決まるのですから本部の指示待ちでは改善は生まれませんよ。
先日の震災により防災意識は高まるでしょうから即座に防災に関わる商品を手配するのは本部か店舗か?顧客がその時に「欲しい!」と感じる商品を見やすく選びやすく買いやすく提供するだけの事に対し本部支持が無いとか売場計画に無いとか逃げ口上ばかり言ってて果たして顧客の信頼を得られる店舗にはなり得るのか?
一時が万事だと思いますね。

投稿: dadama | 2024年1月 3日 (水) 07時53分

育成いいですね 今のサブを預かる時にトレーナーから今まで基本を教えるスタンダードなチーフから教わってきたので仕上げのためにk,kに預けます。変化球を教えろと。責任者になると色々なトラブルが起こります。大事になる前にどうにかする方法を教えていきたい。まあ、考え方は人それぞれですがベテランの仕事と認めて背中で語ってみます

投稿: k,k | 2024年1月 3日 (水) 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栗山監督の言葉 | トップページ | 売上と荒利 »