« 「待ち」の商い | トップページ | 成功体験否定の可否 »

2024年1月28日 (日)

出そろった1月ドラマ

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

1月も後半になり、1月度ドラマがほぼ出そろった感じである。

  その中で気になるドラマたちをとりあげてみたい。

まずはおもしろドラマから。

  「不適切にもほどがある」

毎週金曜、夜10時~ TBS系列。

  主演は阿部サダヲ。

1986年から現代にタイムスリップしてしまったといあり得ないドラマであるが、現代の世論に対して昭和を生きてきた人間からの提言をするというドラマ設定である。

  最高に面白い。

という1960年生まれの人間の素直な評価である(笑)。

  登場する全てのシーンが懐かしい。

そして、社会的倫理観や常識、そして会話含めて全てが懐かしいし、阿部サダヲが発する発言の全てに納得できるものがある。見ていて楽しいというよりも、爽快感というか解放感というか、全てのストレスがこのドラマのおかげで発散されたという印象であろうか。

  それだけ違和感を感じながらの毎日。

特に私は組織から離れ、個人として生きているが、未だに組織に属している同世代の方々にとってみると、組織内でのいろいろな縛り(〇〇ハラ系)のある組織人としての社内での処遇やルールは、相当のプレッシャーでありストレスではないだろうか。

  そんな方々へのまさにエールと言えるドラマ。

それが「不適切にもほどがある」である。さて、これからのストーリーが本当に楽しみなドラマが放映された。

  更に「正直不動産2」

毎週火曜、夜10時~ NHK。

  主演は山下智久。

共演で福原遥、草刈正雄、大地真央、高橋克典、山崎努、市原隼人、倉科カナ、ディーンフジオカ、泉里香、松本若菜らと強烈な布陣が脇を固める。

  あるきっかけから嘘を付けない不動産屋となった山下。

そして、徹底したカスタマーファースト(顧客第一主義)を掲げる福原遥のコンビの営業活動が毎週のメインだが、そこに上記の脇役たちがいろいろな形で関わる毎週のストーリーである。

  住まいは一生の思い出。

自身もそのような経験を重ねながら今を迎えている。だからこそ、住む場所であったり住む家が家族にとって、どのように後足を残すのかを考えると、その人の想いや内面を考慮した住まい探しをテーマにしたこのドラマは、ある意味人生提言を含む内容であると思う。

  セカンドシリーズを迎えたドラマ。

ということは、ファーストシリーズでの評価も高かったのであろう。もっとっも共演陣が上記のようなメンバーであるから納得できるのであるが、個人的には、山下と泉里香とのおバカなカラミをもっと見たと思うのである(笑)。

そして感動のドラマ部門では

  「さよならマエストロ」

毎週日曜 夜9時~ TBS系列。

  主演は西島秀俊。

共演で芦田愛菜、石田ゆり子、西田敏行、宮沢氷魚ら。

  世界的指揮者が地方都市のマエストロへ。

解散騒動の中、そのオーケストラの指揮者として仲間を集めながら、本当の市民オーケストラの二足の草鞋を履くアマチュア楽団の指揮を通して、人生の意味を問いていくドラマであろうか。

  人が集まる意味。

営利目的を持った組織、そうでない組織といろいろな人間の集まりがあるが、その根本にあるのは「楽しさ」。その楽しさとは何か、そして生きると何かを語りかけるドラマのようが気がする。

  そして今後の芦田愛菜の存在が楽しみである。

今回の3つのドラマの途中経過を交えながらの、ドラマ評であった。

  是非、kazuさんのドラマ評も楽しみである(笑)。
 







研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。



株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業2024年2月号が発売されました。

20242

当方の執筆は以下の通りです。

1.「店舗視察の方法と学ぶべきポイント」
    前半 ~ 事前準備としての五感の認識
    後半 ~ 写真で解説する最新ポイント

2.「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

今回は上記の項目を執筆致しております。お楽しみください。



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(1月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(2月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。





|

« 「待ち」の商い | トップページ | 成功体験否定の可否 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

kazuさん、コメントありがとうございます。

さよならマエストロ。
これから父親の西島と娘の愛菜ちゃんが、どう絡んだ糸をほぐしながら溝を埋めていくのか。

そこがこのドラマの見どころかと思います。

他にも録画視聴しているドラマがあるのですが、それはまた次回のお楽しみに。

ちなみに今年の「大河」は諦めました。

投稿: てっちゃん | 2024年1月28日 (日) 12時23分

kazuです。

ご指名ありがとうございます。
「不適切にもほどがある」は第一話を録画してありましてまだ視聴していません。久しぶりに楽しみにしているドラマですので視聴が楽しみであります。
会長オススメの「さよならマエストロ」も見たいと感じます。人として出来過ぎの「芦田愛菜」さんの大人の演技が楽しみであります。
子供の頃からしっかりと人として形成された芦田愛菜さんです。ネット民からは「前世の記憶をもったまま生まれ変わったまなさん」などと囁かれ、子供ながらに人生経験豊富な佇まいでした。そんな彼女の大人な役に期待しています。

投稿: kazu | 2024年1月28日 (日) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「待ち」の商い | トップページ | 成功体験否定の可否 »