« 日本人の由来 | トップページ | 売場を五感に落とす »

2023年12月17日 (日)

1月ドラマ先行案内②

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

先週の日曜日に引き続き、今日も1月ドラマの先行予告の第二弾となる。

  今週は金曜日以降のドラマの紹介。

まずは、毎週金曜日 午後10時~ TBS系列。

  「不適切にもほどがある!」

主演は阿部サダヲ、共演で仲里依紗、磯村勇斗、吉田羊、山本耕史、古田新太らとなる。豪華メンバーではないか。
番宣は「とある理由で1986年から2024年へタイムスリップした“昭和のおじさん”小川市郎(阿部サダヲ)。令和では考えられない不適切な言動をくり返す市郎だが、そんな彼の極論がコンプラで縛られた令和の人々に考えるきっかけを与えていく。」

  これは痛快な予感のするドラマかなぁ~。

特に、昭和という時代に心身ともに鍛えられた時代を過ごされた方々には、思わず頷いてしまうほどの共感を得るのではないだろうか。〇〇ハラが職場を席捲する時代の、一石を投じるドラマとなるのではないだろうか。

同じく、毎週金曜日夜8時~ 1月12日スタート テレビ東京系

  「ジャンヌの裁き」

主演は玉木宏、共演は桜井ユキ、音尾琢真、優香、高岡早紀、田中直樹(ココリコ)等。
番宣は「玉木宏主演のエンタメ司法ドラマ。一般市民から選ばれた検察審査会が絶対権力・検察に立ち向かう。人気少女漫画家の越前剛太郎(玉木)は、ある日、検察による不起訴処分の審議をする検察審査員に選出される。初めは後ろ向きだったが、事件の裏にある人々の思いを知り、事件に隠された巨悪の存在に迫っていく。」

  司法ドラマだけあって今回も期待できるかも。

次に、毎週土曜日夜11時~ 1月13日(土)スタート、テレビ朝日系列。

  「恋する警護24時」

主演は岩本照(Snow Man)、共演で白石麻衣、溝端淳平等。
番宣は「無骨で超ストイックなボディガードのスペシャリスト・北沢辰之助は、父親殺しの犯人を追いながら、負けず嫌いで毒舌&我が道を行く弁護士・岸村里夏の24時間警護を請け負うことに。相性の悪さで反目しながらも、彼女を全力で守っていく。胸キュンとハラハラが止まらない、超新感覚の考察系アクション・ラブコメディーが開幕!」

  こちらもズッコケながらも癒されるストーリーか(笑)。

白石麻衣見たさの先行案内だが、楽しめそうである。

更に、毎週土曜日夜11時30分~、テレビ朝日系。

  「離婚しない男」

主演は伊藤淳史、共演は小池徹平、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)、水野美紀、玉田志織。
番宣は「伊藤淳史演じる岡谷渉は、妻の不倫を目撃し離婚を決意。部署を異動し在宅ワークに切り替えるなど、娘の親権を獲得するべく着々と準備を進めるが、相談した敏腕弁護士から「父親の親権の獲得率はわずか1割」と突き放されてしまう。さらに妻の不倫相手には秘められた過去が――。鈴木おさむ引退最後の地上波連ドラ作品。」

  リコン・ブラックコメディらしい(笑)。

男性側が親権を得るために、妻の不倫疑惑を暴くという設定が面白そうである。

そして、毎週日曜日夜10時~ 1月21日(日)スタート テレビ朝日系。

  「アイのない恋人たち」

主演は福士蒼汰。共演は岡崎紗絵。
番宣は「「愛がない」「見る目(eye)がない」「自分(I)がない」。それぞれにアイが欠けている者たちによるラブストーリー」。

  この番宣面白いなぁ~、と思った(笑)。

最後は、毎週日曜夜9時~ TBS系。

  「さよならマエストロ」

主演は西島秀俊と芦田愛菜、共演で宮沢氷魚、新木優子、石田ゆり子。
番宣は「天才マエストロ(指揮者)だった夏目俊平(西島秀俊)は、ある事件をきっかけに家族も音楽も失う。だが、自分を拒絶する娘の響(芦田愛菜)と5年ぶりに再会し同居することに。親子の絆と人生の再生を描くヒューマンドラマ。」

  もちろん芦田愛菜見たさからのご案内(笑)。

前回、芦田愛菜が出演したドラマ「最後の教師」は最後まで見れなかったが、今回は視聴したいと思うのである。

こんな感じで、盛りだくさんとなってしまったが、新春のドラマの数々。是非毎週日曜日の芸能ネタで取り上げていきたいと思っている。




研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。
株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。



株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業2024年1月号が発売されました。

20241

当方の執筆は以下の通りです。

1.「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

今回は上記の項目を執筆致しております。お楽しみください。



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(1月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
52週MDマネジメント(12月編)のダイジェスト版をアップ致しました。


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。




|

« 日本人の由来 | トップページ | 売場を五感に落とす »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

kazuさん、コメントありがとうございます。

→ドラマでまず見たいと強く思ったのが「不適切にもほどがある」ですね。

実は、私もそうなんです(笑)。

1986年ですから、今からたかだか30年ほど昔の話ですが、今から思えば「不適切」なことが横行していた時代だったかもしれませんねぇ~。

当時私は28歳ですから部門チーフになったばかりの頃。まさに天狗状態だったと思います。怖いもの知らずの時があるものですが、当時の私はまさにそんな時。

そう思うと、今の時代と比べても、更に自分自身と比べても考え方や人生観が大きく変わったと思います。

そんな時代人が今をどう生き、どう対応し、そして現代人がそこから何を学ぶのか、おおいに楽しみではありますね。

投稿: てっちゃん | 2023年12月17日 (日) 11時34分

kazuです。

先週に続き、2024年の新規ドラマの解説付きナビゲーション有難うございます。
今回紹介して頂いたドラマでまず見たいと強く思ったのが「不適切にもほどがある」ですね。
タイムリープしてくるお話と言えば、江戸時代・戦国時代から来るお話だったり、遠い先の未来から来るのが一般的でありましたが、「1986年」からの近過去からのタイムリープなんて気になります。私が18歳の時から現在に来るなんて想像しただけでも楽しそうですね。
しかも阿部サダヲさんが演じるなんて見てみたい衝動にかられます。

投稿: kazu | 2023年12月17日 (日) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本人の由来 | トップページ | 売場を五感に落とす »