« 部下のスイッチ | トップページ | 自社他店に学ぶ »

2023年10月29日 (日)

久々のモーニング娘

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

今日の話題は、久々にモーニング娘でいきたい。

  モーニング娘のリーダー。

1997年に結成されたモーニング娘。早いもので結成から25年が経過した。その間に多くのメンバーの入れ替えがあった。そして現在は総勢14名が在籍している。

  意外に少ない(笑)。

結成当時からファンだった方は、おそらく今のメンバー各人もそうだが、誰がリーダーかという問いにもなかなか答えられないのではないだろうか。

  25年とはそういう年月である。

当時、15歳でファンだった方でも現在は40歳。とてもとてもアイドル集団のファンをその年まで続けている方は少ないのではないだろうか。

  結成当時のモーニング娘。

その後に登場するAKB48や乃木坂46と同様に、アイドル集団として結成され、その時代の応じた歌や話題性を大いに振りまいて、一時代で輝いていた。

  しかし現存するモーニング娘にその影は無い。

その影は無いということは、人気が無くなったということか?。私はそうは思っていない。

  モーニング娘はある時を境に大きく変貌したのである。

おそらく、モーニング娘のリーダーが「高橋愛」に変わった時ぐらいからではないだろう。高橋愛がリーダーを務めたのは2007年6月~2011年9月まで、およそ4年に渡りリーダーとして活躍していた。それまでのリーダーとしての在籍歴代1位となった。それだけモーニング娘としてグループを大きく牽引してきたのであるが、彼女がリーダーを務めたところから、モーニング娘として単なるアイドル集団としての存在感以上に、アーティストとしての存在価値を有する集団として移行していったのではないだろうか。

  更に道重さゆみの時にダンシングチームとして復活した。

ダンスに対してのストイックな追求心の強いグループとして位置付けられるようになり、いわゆる体育会系的な存在となっていったのである。

  そして現リーダーの譜久村聖にバトンタッチされた。

譜久村聖は2014年から2023年までの10年間リーダーを務めて、この秋にモーニング娘を卒業する。10年間のリーダー期間はもちろん歴代1位であり、道重から引き継いだダンシングチームとしてのモーニング娘の体質を更に体育会系に仕立て上げたのである。

  次のリーダーは北川莉央。

更にその体質に磨きをかけて、リーダーとして牽引していくであろう。

  期待したいものである。







株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。

研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。

株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業11月号が発売されました。
202311
当方の執筆は以下の通りです。

1.「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

2.「POP大賞」における優秀賞作品等へのコメント

今回は上記の項目を執筆致しております。お楽しみください。




PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(11月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
  
  52週MDマネジメント(10月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメント(9月編)ダイジェストの視聴はこちら


AJSオール日本スーパーマーケット協会主催「第12期店長塾」(2023年9月13日~14日にて講演を行いました。
 
 昨年に引き続き、第12期店長塾の第三回目の講師を担当
  講演テーマ「組織マネジメントにおけるストアコンセプトの効果と実践」
  *今年は組織マネジメントの根幹を為す「ストアコンセプト」の重要性を学び、
        自店におけるストアコンセプトの作成と実践手法を学び、店舗として52週MD
        のPDCAを回すことをテーマとして研修を実施


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。






|

« 部下のスイッチ | トップページ | 自社他店に学ぶ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

kazuさん、コメントありがとうございます。

モーニング娘が登場した当時は、まさにアイドルグループとして一世を風靡した感がありましたが、徐々に人気と引き換えに、体育会系に転身してダンスを中心にしたパフォーマンス集団になって、益々その個性を強めてきた感がありますね。

先日、バズリズムという番組で、モー娘を特集していましたが、その中でモー娘の七つの掟を公開していました。その中で、一人の失敗は同期で責任を負うとか、先輩よりも早く弁当を食べてはいけないとか、まさに中学高校時代の部活を思い出してしまいました(笑)。

投稿: てっちゃん | 2023年10月29日 (日) 09時44分

kazuです。

先週は申し訳ございませんでした。
バタバタしておりまして、足跡をつけられませんでした。
今週は「モーニング娘」さんの話題ですね。結成当時、モーニングコーヒーの様なタイトルの歌を不慣れな状態で歌っていたのが今でも思い出される初期のモー娘さんです。
しかしそこから怒涛の勢いで人気が上がってきて、一時は社会現象とまで言われていました。
グループの派生ユニット「ミニモニ」や「プチモニ」などは娘が幼稚園の頃お遊戯会などで踊っていました。
モー娘さんのリーダーと言えば「中澤裕子」さんしか知りませが卒業後もバラエティー等で活躍されていましたよね。

投稿: kazu | 2023年10月29日 (日) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部下のスイッチ | トップページ | 自社他店に学ぶ »