« 商品力と販売力 | トップページ | 個性を引き出す »

2023年8月15日 (火)

個性を発揮する

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。



現代は「個性の時代」とも言われている。

  そうれじゃ「個性」とは?。

ストレートにそう問われたら、何と答えようか(笑)。

  個性。

従来であれば、個性という表現は、どちらかというと否定的な意味合いで登場していたように思える。

  「あの人は個性が強いから」
  「個性的な人間の集まり」
  「変わった個性の持ち主」

等々、個性=変わり種、のような位置付けて評価されていたように思うのである。

  しかし今や個性の時代である。

そして、自らの個性に対して、肯定的にお互いに捉えるという倫理観が芽生えてきたように思う。

  だから自由に個性を発揮すればいいの?。

以前にも、今ブログで個性を捉えてテーマにした記憶がある。

  「個性とは」

2023年5月15日の記事である。そう、今年の記事だ。

  個性とは自立心。

そこでは、個性をそう捉えていた。それは今も変わりはない。個性とは自立心であり、自ら考え自ら行動する姿勢だと考える。

  基本的に組織人は組織に属している。

その組織の理念やコンセプトに沿って、方針が打ち出され、そして具体的な行動指針が決定していく。そして全ての組織人はその指針に沿った考え方を持ち、そこから導き出された自らの行動に至るのである。

  “自立出来ないじゃん?”

そう、組織人でいる限りは、自立出来ない存在のままなのである。しかし、全ての組織は置かれた立場、出店する店舗、そこに来店する顧客の層、そして取り巻く競合等、個店によって微妙に異なる環境の中で、よりよい結果を求められるのである。

  本部方針と個店対応。

この連動、個店毎の最適化への異なるアプローチによって、個店最適な結果がもたらされるのである。

  それはリーダーの自立心が最適な結果をもたらすのである。

それを組織のリーダーは自ら発揮して、組織貢献をしていかなければならないのである。

  組織の自立化による最適な結果連動。

これが、これからのリーダーに求めれる姿である。自ら考え自ら行動する姿勢。それは自ら率いる組織の置かれた状況判断と競合状況の把握から、ハンドルそしての商品力を活かして、更に組織の販売力を高めながら商品力を販売力によって、結果としての利益に連動させていけるか。組織として店舗としての結果連動が大きなリーダーの役割と言えるであろう。

  まずはリーダー自らが自立心を発揮することが重要なのである。

それは、部下は上司の姿を見て育つからである。

  自立心を持って行動する上司を常に見ながら学んでいるのだ。

そして、リーダーは組織としてのもう一段上の自立心発揮の場面が待っているのである。

  それは組織人の個性を引き出すことである。

これについては、また後日記したいと思っている。







株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。

研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。

株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業9月号が発売されました。
20239   
当方の執筆は以下の通りです。

1.「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

今回は上記の項目を執筆致しております。お楽しみください。



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(8月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
  
  52週MDマネジメント(8月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメント(7月編)ダイジェストの視聴はこちら


農協流通研究所主催「全国部門主任サミット」(2023年7月27日~28日)にて基調講演を行いました。

基調講演の内容
 ①ファイブマネジメントの概略
 ②4つのハードルを越えて安定成長を目指す
 ③競合対策としての顧客の五感の実践
 ④部門特性を活かした販売力の強化
将来的に店長を目指す部門サミット故に、上記の内容で目の前の実践と同時に、店長候補としての店舗運営者としてのマネジメント力向上の二つのテーマでの講演。


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。






|

« 商品力と販売力 | トップページ | 個性を引き出す »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。

従業員の個性の発揮、更には発揮できる環境整備。それ自体が、中小の今後の生き残り路線を明確にするのと同時に従業員の仕事へのやりがいへと連動していくことで、中小企業が持つ、売上減、従業員減の負のスパイラルからの脱却へと繋がるのではないでしょうか。

そしてそれを信じてアフターコロナの時代に立ち向かいたいですね。

投稿: てっちゃん | 2023年8月15日 (火) 09時08分

店舗、特に中小スーパーは尖った個性が無いと生き残れない時代。安さも強烈な個性ですし物価高の時代顧客の意識も高い。然しながら価格競争で成長を続ける企業はある程度絞られて来た現実。
尖った個性をどこに見出すのか?先ずトップから企業理念に立ち返り今の時代に為すべき事を明確にしメンバーに発信すべきでしょうか。
個性を磨き上げる事で顧客の支持と従業員のモチベーションが共鳴する事が出来れば働き甲斐や仕事への楽しさ、誇り、更には終身を委ねようと覚悟するのだと思います。個性を伸ばし輝かす事で安定かつより良い生活設計が立てれる風土が大切でしょうか。

投稿: dadama | 2023年8月15日 (火) 09時02分

hataboさん、コメントありがとうございます。

社会人になった途端に、統一的で限定的な倫理観に触れなかった学生諸君は、一気に個性をなくして企業人として洗脳されていくのではないでしょうか。
企業側としては、まずは新入社員や転職者に対しては、そのような洗脳行為によって自企業の理念に染めていくことは重要な事。

しかし、ある程度経験を積み数値責任を背負う立場になると、競争というステージで自分が背負う組織の業績に直面していくもの。

そこからが個性の発揮どころではないでしょうか。組織のメンバーの個性を強みに変えて、どう引き出していけるか。そこの差がリーダーの能力なのだろうと思うのです。

投稿: てっちゃん | 2023年8月15日 (火) 09時01分

個性が差別化、独自化に繋がって行くんでしょうね。
私も個性を出そうと努力してますがなかなか難しいです。
意外と標準人間みたいです(笑)
自分で言うのもなんですが、他企業様のモデリングをして、うちの独自化っぽくあたかも自分でやったかのようにするのが得意みたいです(笑)
ですので学びがなくなった瞬間に私のを存在価値はなくなるって思ってます。
うちには個性的な人が何人かいらっしゃいますのでその方たちの力を発揮できるようにバックアップしていきます。

投稿: hatabo | 2023年8月15日 (火) 08時53分

k,kさん、コメントありがとうございます。

最終的には、個性とは強みだと思っております。

但し、個性を強みに転換していく過程で、自立心を持って、キラリと光る施策をどんどん実践して成功失敗を繰り返していきながら強みに転換していくもの。

そんな過程で個性が個人の強みに転換された企業や個店は地域で勝ち抜いていける店舗力を発揮するのではないでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2023年8月15日 (火) 06時52分

個性とは基本をこなした上で(業界の常識)をわきまえた上でキラリと光る施策、提案を思っただけでなく実行する人。私はそう思ってます。結果がでないこともあります。逆に凄い売上、利益が上がることもあります。来年その実績をクリアしていくには企画をブラッシュアップしていくかそれよりも売れる企画を出さねばなりません。そうしないと売上は落ちます。自分の企画なので商品部に文句も愚痴も言えません(笑) 自己責任です。でもやらないよりはやった方が良い。それだけ試行錯誤しながら売上を上げる方法を考えているからです。色々な事情で近隣店舗しかMRには行けません。個性発揮して評価はマイナスはないにしてもプラスはないんですよね~ 上が変わった企画したことはなく基本のみで出世したからでしょう。理解出来ない変わり者はほおっておきましょう🎵アウトロー万歳(^^ゞ

投稿: k,k | 2023年8月15日 (火) 06時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 商品力と販売力 | トップページ | 個性を引き出す »