« 商品政策を受けて | トップページ | 7月スタートのドラマから »

2023年7月29日 (土)

8月のMD

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


今日は7月29日(土)。

  まもなくお盆商戦に突入。

当方のYouTubeでも8月MDを配信している(ダイジェスト版にて)

  今年の曜日を考慮したお盆商戦全般をダイジェストにて記載。

皆さんも計画されていると思うが、今年の13日は日曜日。

  そこが最大ピークとなることは明白。

従来のお盆商戦や年末商戦は曜日に関係なく日付にて売上が決定していた。しかし昨今は曜日とのカラミも大きな要因となってきているようだ。

  だからこそ今年の13日の日曜日は重要ポイント。

13日を最大ピークとして、その翌日からは一気に減速していくと思われる。減速というよりも急激に帰省客が一気にUターンに転じていくのが今年の13日(日)から14日(月)の変化であろう。

  よって13日以前に際物を如何に売り切るか。

そこが、今年の8月商戦の重要ポイントであり、そこに8月の利益獲得の鍵が隠されているのである。

  要は早め早めの際物の終焉。

際物と言われる商材ほど、お客様が来店されている間に売り切ることが重要となる。

  顧客の引きは一気に来る。

だからこそ、どのタイミングでお客様が引いていくのか。

  12日か13日14日か。

13日が最大ピークであるから、お盆期間は短いと言わざるを得ない。もしかすると13日に帰省してそのまま墓参り。そしてそのままUターンという方も意外に多いと思われる。

  それを想定した10日から13日の日別販売計画の立案。

更に具体的には、10日、11日、12日、13日で異なる日別売れ筋の売り込み計画。そう、お盆商戦や年末商戦ほど、日別に明確な売れ筋が異なりながら最大ピークを迎えるのである。

例えば、

  11日 ~ たこ類等日持ちの動き
  12日 ~ まぐろサクものの動き
  13日 ~ 大トロ等ご馳走の動き
  14日 ~ お造り等即食類の動き

このように日別に売り込むべき商品は異なっていく。ここの注目しないと、前半でロスを出し後半でチャンスロスを招く。何度も言うが、8月とは利益獲得が大きな目的。よって、利益品でお客様の用途に合わせてて精度の高い売場作りが求められるのであり、それが可能となった年だけ大きな利益を獲得出来るのである。

そしてお盆後からの秋の気配と特設商品の入れ替えがダイナミックにスタートするのである。4月以降からは盛夏商材の売場作りが順次行われてきた。

  そしてその最大のピークが7月の梅雨明け時。

そしてお盆商戦に突入し、最大の利益を獲得した瞬間から、売場の大どんでん返しが始まるのである。

  これが秋の気配への転換期となる。

今後、秋冬へ向けた商品提案と店内装飾、そして定番の秋冬の入れ替えと続いていく。

  まずは特設での秋冬のテーマ別展開。

よって、盛夏商品は8月に入った段階から売り減らしに入らないと、いつまでたっても盛夏商品が売場維持しなければならない。

  それを今から意識した売場作りと維持が重要となる。

8月を境に、また大きくMDが転換していくことになる。そして52週MDの積み重ねが意味を為す時が再び到来するのである。






株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。

研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。

株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業8月号が発売されました。
20238_20230703142001  
当方の執筆は以下の通りです。

1.「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

今回は上記の項目を執筆致しております。お楽しみください。



PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(8月編)のダイジェスト版をアップ致しました。
  
  52週MDマネジメント(8月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメント(7月編)ダイジェストの視聴はこちら


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。



|

« 商品政策を受けて | トップページ | 7月スタートのドラマから »

商売」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。

本日のテレビ報道
 
 地球温暖化 → 地球沸騰化

変化への対応どすね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2023年7月29日 (土) 22時45分

今年は水商売と惣菜は狙い目かと・・・
ショートコメントで失礼しました(笑)。

投稿: dadama | 2023年7月29日 (土) 19時57分

hataboさん、コメントありがとうございます。

今年も中止ですか。
がっかりですね。
ほぼほぼのイベントや夏祭り、花火大会の復活が話題ですが。そして自分自身のお盆の終わりを花火で楽しむという密かな娯楽も早く復活してほしいですね。

首都圏に近いほど、13日~14日で一気にお盆商戦は終わりをつげ、残暑を残す8月となりそうですね。

投稿: てっちゃん | 2023年7月29日 (土) 10時37分

例年、当店の裏で花火が上がり駐車場を開放してお客様と見るのか恒例で、それが終わるとお盆も終わりという認識でしたがここ数年は中止で今年も中止(泣)
14の午前中で引いちゃうかなと予測しております。
今年は雨が全然降らず台風も今のところ来出ないのでお盆のピンポイントでの台風だけは勘弁してほしいですね。

投稿: hatabo | 2023年7月29日 (土) 10時32分

k,kさん、コメントありがとうございます。

お盆商戦、年末商戦とも年々難しくなってきていますね。やはり微妙な毎年の曜日のズレ、気候のズレ、そして暮らしの変化、更にはここ数年のコロナ禍という激変も加わり、されどうなるか。

しかし、祭りや花火大会は空前の人出。お盆の帰省も同様の動きとなるのではないでしょうか。13日の最大ピークは相当なものだと思います。

但し、こちらも空前の猛暑の連続。お盆からまりで多少解消してほしいものですね。

投稿: てっちゃん | 2023年7月29日 (土) 07時21分

今年は難しいですね~タコは早めに仕掛けますが暑すぎて買って帰る途中で常温、やや高温が続くと品質が保証できない。やはりギリギリに提案でしょうか。いつもは煮魚や天麩羅提案を先にしてますが暑すぎてどうしたものかと(^_^;) 今年もサンマは絶望的だとか。新たな売り上げ施策考えておかねばなりません

投稿: k,k | 2023年7月29日 (土) 04時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 商品政策を受けて | トップページ | 7月スタートのドラマから »