« 父の日を前に | トップページ | 戻るかかっての平常へ »

2023年6月18日 (日)

早くも7月ドラマ案内

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

まだ6月半ばであるが、ボチボチ4月スタートのドラマ達がほぼほぼ最終話を迎えるころである。そこで今日は一歩先を歩んで7月スタートのドラマを紹介したいと思う。

  とは言ってもドラマの公式サイトも不完全であるが(笑)。

まずは、月曜夜22時~フジテレビ系列。

  「転職の魔王様」

主演は成田凌と小芝風花。
番宣は「成田凌演じる毒舌敏腕キャリアアドバイザー・来栖嵐が、求職者の仕事や生き方への悩みを辛辣な言葉で一刀両断しながらも、働く自信と希望を取り戻させる、心ゆさぶる“転職”爽快エンターテインメント」。

転職が当たり前のこのご時世。それは今の職場に悩む若者へのアドバイス的な役割も果たすのではないだろうか。もっとも私が勧めるのは小芝風花見たさからでもある(笑)。

  小芝風花と言えば今期の「波よ聞いてくれ」にも出演。

続けざまのドラマ出演は、やはり引っ張りだこなのであろう。波よ聞いてくれの破天荒な役柄とは180度異なる、今回は悩める女子社員役というから、こちらも見ものである。

小芝風花と言えば何と言ってもそのはちきれんばかりの笑顔が人々を癒してくれるのであるが、今回の役どころは、癒される側のようだ。そちらも見ものではあるが。

次に、火曜夜21時~テレビ朝日系列 7月4日(火)スタート

  「シッコウ!!~犬と私と執行官~」

主演は伊藤紗莉、織田裕二、中島健人。
番宣は「勤めていた会社が倒産してしまった吉野ひかり(伊藤沙莉)は、執行官の小原樹(織田裕二)から“犬にものすごく好かれる”という能力を買われ、執行補助者としての道を歩み始める。凸凹バディが繰り広げるポップで痛快なお仕事コメディー」。

  お仕事コメディーというタイトルに惚れた(笑)。

そして伊藤紗莉である。間違いなくお気楽に笑えながらもおもしろいドラマになるであろう。

  そして執行官という仕事。

執行官とは、各地方裁判所に所属する裁判所の職員であり、裁判で出された結論が実現されない場合に、それを強制的に執行する仕事。
家の明け渡しや、貴金属などの動産の差し押さえ、子の引き渡しなど、その仕事は多岐にわたる。

という。結構ハードな役職であるが、それを面白おかしく、時に考えさせられるドラマとなっていくであろう。

更に、火曜夜22時~TBS系列

  「18/40(エイティーン/フォーティー)」

主演は福原遥、深田恭子。
番宣は「福原遥扮する仲川有栖は、高校3年生で推薦で大学の文学部芸術学科への進学も決まっていた最中、予期せぬ妊娠をしてしまう。そんな彼女が、もうすぐ40歳を迎える成瀬瞳子(深田恭子)と年の差を超えたシスターフッド(=女性の絆)を築き、それぞれ訳アリ男子と恋に落ちていくラブストーリー」。

  福原遥と深田恭子。

共に見逃せない二人が共演するというからには、見ない訳にはいかない(笑)。

  そして18歳役の福原遥は妊娠という設定。

福原遥が妊娠、そして母親役になっていくというストーリー。そうやって演技力が付いていくんだろうなぁ~と思う。まだまだ朝ドラ「舞い上がれ」のイメージが消えない福原と、ルパンの娘役がイメージとして残る深田恭子とのコンビは、見ものである。

更に更に、水曜夜22時~ 日テレ系。

  「こっち向いてよ向井くん」

主演は赤楚衛二、生田絵梨花。
番宣は「赤楚衛二演じる向井悟はTシャツメーカーで働く会社員だが、10年間彼女はいなく、恋をしていない。雰囲気良し、性格良しで仕事もできる“いい男”。そんな彼は久しぶりの恋にチャレンジするも、どうにも恋愛に発展せず…!? 同名コミック原作の35歳オトコの恋愛まちがい探し」。

  赤楚衛二も「ペンディングトレイン」から引き続きのドラマ。

こちらも引っ張りだこというところであろうか。そして今回の役どころはまったくもって異性への関心の無い男の物語となるらしい。どうも最近はこのような設定の男性が多いような気がするのであるが。

そして相手役に生田絵梨花。元乃木坂であるが、その歌唱力と演技力により、乃木坂卒業後も舞台女優として大活躍である。今回が初めての恋愛ドラマというから面白そうである。


とりあえず最後は、木曜夜21時~テレビ朝日系 7月13日(木)スタート

  「ハヤブサ消防団」

主演は中村倫也、川口春奈。
番宣は「中村倫也扮する崖っぷちのミステリー作家・三馬太郎は山間の集落“ハヤブサ地区”を訪れ、移住することを決意。だが、ハヤブサ地区では今年に入り、不審火が続いており…。池井戸潤の衝撃作をドラマ化した戦慄のホラーミステリー」。

  中村倫也と言えば「石子と羽男」。

そんなひょうきんなイメージであるが、今回は悩めるミステリー作家役となる。

  そして次々に襲い掛かるミステリー事件。

そして、このドラマは何と言っても豪華俳優陣が勢揃いなのである。満島真之介、岡部たかし、梶原善、橋本じゅん、生瀬勝久、古川雄大、山本耕史、大和田獏等々の俳優陣が毎回なのか一話限定なのかはわからないが出演するということは、相当力を入れている証拠ではないだろうか。

  見逃せないストーリーがまっているのではないだろうか。

そんなわけで、今回は上記ドラマをご案内したが、次週も引き続きその続編をとしてご紹介していきたいと考えているので、どうぞお楽しみに(笑)。





株式会社「てっちゃん塾」へのお問い合わせはこちらからお入りください。

研修会やコンサル等のご相談を無料にて承っております。
お気軽にお問合せください。

株式会社「てっちゃん塾」のホームページはこちらからどうぞ↓
Img_2245



食品商業7月号が発売されました。
20237
当方の執筆は以下の通りです。

1.「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

今回は上記の項目を執筆致しております。お楽しみください。




PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから


競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

52週MDマネジメント(6月編)のダイジェスト版をアップ致しました。

  52週MDマネジメント(6月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメント(5月編)ダイジェストの視聴はこちら


AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表


農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義


イプロス「都市まちづくり」に、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。






|

« 父の日を前に | トップページ | 戻るかかっての平常へ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

kazuさん、コメントありがとうございます。

→今後のドラマは会長のダイジェストだけが楽しみになっていきそうです。((泣))

なんと寂しい話ですが、これも家族との絆でしょうか(笑)。
是非、毎週日曜のダイジェストを楽しみに、女優の演技を想像しながら楽しんでくださいね。

投稿: てっちゃん | 2023年6月18日 (日) 13時28分

kazuです。

単身赴任が終わり、自宅に戻ってから好きなドラマを予約録画すら出来ない状態がもどかしくて仕方ありません。自由にドラマを視聴できていた頃が懐かしく思います。
今回会長に紹介して頂いたドラマ達の女優様方が個性溢れていて「このドラマにこの女優」を見ているだけで楽しそうです。
今後のドラマは会長のダイジェストだけが楽しみになっていきそうです。((泣))

投稿: kazu | 2023年6月18日 (日) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父の日を前に | トップページ | 戻るかかっての平常へ »