« 極秘交際 | トップページ | 結果を分析する »

2023年4月 3日 (月)

店長目線

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


先日のこと。

  「てっちゃんのブログが最近つまんなぁ~い」

愕然とした。

  「ブログから店長視点が消えたから」

それが理由らしい。確かにそれは自分でも感じてはいた。現場から離れて一番不安なのは、現場で店長という視点で店舗運営全般を見れる視点が消えたことである。

  店長視点が消えたというよりは見えなくなったのである。

確かに今まで(2021年3月迄)は、現役で現場にいたわけだから、否応なく店長目線が当たり前に身に付いていたし、当たり前にそのような目線で現実を見ていたのである。

  現場から離れると見えなくなるもの。

それが現場目線、店長目線であることを、初めて知ったのである。しかし、たまに現場目線を思い出す時がある。

  店舗クリニックで現場の方とコミュニケーションする時。

不思議なものである。見ず知らずの現場の方との会話だけで、その方の売場や品出ししているパートさんの売場からの問いかけが私を現場目線に呼び戻すのであろうか。

  まるでコトPOPを聞いているような感覚である。

そして、他愛もない現場の方とのコミュニケーションのやり取りだけで、売場から伝わる臨場感と売場の意味。しかし、リアルなコミュニケーションが無いと、意外にそれが売場からも伝わってこないのである。余程強烈なコトPOPが付いていれば別であるが、通常の売場ではそれがなかなか伝わらないのである。

  リアルな会話だけで何故それが伝わるのか。

そこに、リアルな人間同士の波動が揺らぐのであろう。

  これも量子力学というdadamaパワーであろうか(笑)。

先日も、ある会合で店舗クリニックを行った。その時の店舗入口で台湾パインを量販していたのである。コトPOPも付いてはいたが、そこに一人のパートさんが台湾パインの品出しに来た。私が売場で写真を撮っているのを見て、品出しをしようか待とうか迷っているようだったので、

  「どうぞどうぞ、品出ししてください」

と言って、その場を譲ったのである。そのパートさんは申し訳なさそうにしながらパインを出し始めた。私は尋ねた。

  「どう、このパイン売れてるの?」

   「はい、売れてます。」

  「一日何個ぐらい売れるの?」

   「20個ぐらいですかね。」

そんなやり取りをしていると、そのパートさんが言った。

  「向こうの冷蔵ケースにカットした商品が出ています。」
  「それは、結構うれていますよ。」

そう言ってくれたので、冷蔵ケースを見てみると、400円前後のブロックカットされたパインが美味しそうにトレイパックに詰められて陳列されていた。

  「おいしそうだね。だれががカットしたの?」

   「私が全部カットしました。」

そうだとは思ったが、とりあえず聞いてみたら、やはりそうだった(笑)。そんな他愛もない会話であったが、その瞬間から、このパイン売場からガンガン伝わるものを感じ始めたのである。

  「自分でカットした商品が売れると、嬉しいよな?」

   「はい、凄く嬉しいです。」

そういって、本当に嬉しそうに私を見た。その瞬間に、現場目線を思い出したのである。

  “こうすれば、ああすれば、もっと売れるぞ”

この不思議な感覚、これが現場目線なのかと思った。

  リアルなコミュニケーションに付いて回る店長目線。

これも量子力学の領域なのであろう(笑)。

   




食品商業4月号が発売されました。
20234
当方の執筆は以下の通りです。

1.「ヤオコー宇都宮初出店」
    ヤオコーとヨークベニマルの戦い

2.「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

今回は上記の項目を執筆致しております。お楽しみください。




PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから



AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表



農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義



競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 


52週MDマネジメント(4月編)のダイジェスト版をアップ致しました。

  52週MDマネジメント(4月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメント(3月編)ダイジェストの視聴はこちら
  



イプロス「都市まちづくり」にも、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。





|

« 極秘交際 | トップページ | 結果を分析する »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

hataboさん、コメントありがとうございます。
3日間の時差を克服して頂いてのコメント、恐縮しております(笑)。
確かに「つまらない」というワードは使っていなかったとは思います。
ただ、量子力学的に「つまらない」という強い波長を感じたのは事実です(笑)。それを思わず「つまらない」というワードに置き換えた私の誤解であることを祈っております😎。
しかし、今回の店舗視察で久しぶりにあの共感を覚えました。やはり現場はいいですねぇ~。

投稿: てっちゃん | 2023年4月 6日 (木) 21時25分

時間差で拝見してます(笑)
つまらないとは言ってませんが(笑)
店長独特の世界観、店長だけが共感できるみたいなのが読んでて勇気をもらえたような気がします😊
気は量子力学ですね(笑)

投稿: hatabo | 2023年4月 6日 (木) 09時25分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
そして勝手にdadamaさんの十八番を使わせていただき申し訳ありませんでした(笑)。
蝙蝠野郎(こうもりやろう)として、この分野をきわめていきたいですね。
全てがそこに集約され、解決していける根源を追及すれば怖い物無しでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2023年4月 3日 (月) 09時11分

量子力学を取り上げて頂きありがとうございます(笑)。先日の某会でも「あの方はお坊さんですか?」と聞かれたとか聞かれないとか(笑)。
産業革命や近代化学の発祥からたかだか150年、100億年以上の歴史が有る現世から見ればまだまだ解らない事ばかりが確率論から見ても言えるでしょう。森羅万象の真理はひとつであり、気や感も物理学的に証明出来ればスピリチュアルではなくなる筈。哲学、心理学、生物学、医学、化学、物理学、そして量子力学。切口は違えど答えは同じになるのが現世の姿でありそれを証明する可能性があるのが量子力学で最先端の物理化学であるのです。引き寄せの法則だけでなく今までの常識をひっくり返すであろうこの分野は蝙蝠野郎に打ってつけですよ(笑)。

投稿: dadama | 2023年4月 3日 (月) 06時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 極秘交際 | トップページ | 結果を分析する »