« クライマックス | トップページ | かれいの相場安 »

2023年3月20日 (月)

彼岸での来店動機

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


彼岸商戦真っただ中。

  先週末から明日迄がピークとなろうか。

徐々にコロナ禍からの心理的な解放感もあり、春彼岸での帰省やその後の行楽に関しても、好天という背景もあり、久しぶりに賑わいのある週末からの春彼岸となっていくであろう。

  春彼岸商戦。

帰省するかしないかに関わらず、お墓を近くに持つ家庭では、お墓掃除から始まりお墓詣りの準備に忙しいのではないだろうか。お墓参りの為に準備するもの。

  その第一は「生花」である。

生花、仏花は、自分自身の食材ではない。ご先祖様に対するお供えとしてのものである。よって必ず用意しなければならないものである。

  だから確実に「生花のある売場」に買いに行く。

要は、彼岸での来店動機の第一は、お店に生花が確実に在庫を揃えて売っているお店であるかどうかという点である。

  それが彼岸での来店動機の第一となる。

よって、お客様は彼岸やお盆においては、確実に生花が圧倒的な在庫を以って売場を作っているかどうかで、お店を選択し、豊富な在庫から生花を購入し、そして翌日のお墓参りに安心していけるのである。

  彼岸商戦はそこから明暗がくっきりと分かれていく。

生花があるかどうか。そしてその毎年の経験値が、翌年の期待値となって、来店動機を高め、その繰り返しで彼岸商戦は一極集中となっていくのである。

  彼岸商戦に勝ちたかったら生花を徹底して強化すること。

これは、鉄則である。生花は食材ではない。よってそのことで食品の売上になんら影響は与えない。だからこそ、花を納入する花屋さんとの情報共有にて、出来るだけ欠品しない在庫量を納品してもらい、期待値を持って来店されてお客様の期待を裏切らないことが、毎年の最重要課題となるのである。

  それとて早急にお客様からの期待値が高まるものでもない。

52週毎の毎年の繰り返し。そしてそれを受けて次のお盆での売場作り、その結果からの秋彼岸での売場作り。そのように連動して生花が在庫と販売が連動しながら、翌年の春彼岸では更に拡大された期待値によって多くのお客様の来店を実現することが出来るのである。

  今年の春彼岸は生花の展開で大きな成果をもたらしたであろう。

そしてそれを次回のお盆商戦でしっかりと活かしきることが、次へのステップであり、そのような売場と展開が身に付いていくと、彼岸やお盆、そして年末商戦におけるサイクルが回り始めていくのである。
 
  サイクルが回り始めていく事で得られる「売る楽しさ」。

そして結果としての「売れる喜び」。

  「売る楽しさ」と「売れる喜び」。

この連動が、PDCAを回し続け、イベント時の重要な来店動機というポイントが身に付いていくのである。

  是非今年の彼岸商戦を一つのきっかけとしてほしいものである。






食品商業4月号が発売されました。
20234
当方の執筆は以下の通りです。

1.「ヤオコー宇都宮初出店」
    ヤオコーとヨークベニマルの戦い

2.「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
    一時限目 ~ ファイブマネジメント
    二時限目 ~ 52週MDマネジメント

今回は上記の項目を執筆致しております。お楽しみください。




PS
部門別顧客の五感のダイジェストをYouTubeにアップ致しました。

  「部門別顧客の五感」概略編の視聴はこちらから



AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長研修会(2023年2月7日~8日)にて講演を行いました。

40名近い参加者により、6つのグループワークにて活発な意見交換が交わされる
  講演テーマ「競合対策の視点」
各社の現役店長が数名ずつ参加し、大阪堺地区の店舗を視察後、自分が店長だったらという仮定の基に「自分だったらこう対策を打つ」を、グループ討議を経て発表



農協流通研究所主催「全国店長サミット」(2023年1月26日~27日)にて基調講演を行いました。

第13回を迎える全国店長サミット。コロナ禍で順延していたが今回3年ぶりのリアル開催
   一時限目 ~ ファイブマネジメントの概略
   二時限目 ~ 52週MDマネジメントの継続
   三時限目 ~ 果実での52週MDの継続効果
   四時限目 ~ お客様の五感による競合対策
参加された店長が、42勝3敗の具体的実践手法を現場で即実践できる内容をメインに講義



競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 


52週MDマネジメント(4月編)のダイジェスト版をアップ致しました。

  52週MDマネジメント(4月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメント(3月編)ダイジェストの視聴はこちら
  



イプロス「都市まちづくり」にも、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。






|

« クライマックス | トップページ | かれいの相場安 »

商売」カテゴリの記事

コメント

K,kさん、コメントありがとうございます。
土曜不振の日曜絶好調。
天候もあったのかと思います。土曜低温、日曜快晴の今回の彼岸の入りと翌日の日曜の関係でしょうか。
彼岸やお盆は毎年微妙に曜日周りで異なりますから、しっかりと反省を残し続けることで、彼岸やお盆のご先祖様への供養に関する商売感が養われていくのではと思います。

投稿: てっちゃん | 2023年3月20日 (月) 23時47分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
インストア商品と違って、生産者とのコミュニケーションが重要になってきますから、彼らとの信頼関係も、今回のようなイベント時には必須かと思います。そこから生まれた協働による売上の実績は大いなる自身と共感を生みますね。是非、皆様にもそんな体験をして頂きたいと思います。

投稿: てっちゃん | 2023年3月20日 (月) 23時42分

土曜日は全くの不発でしたが日曜日はその分大爆発。花売場はどこかの代議士の葬儀会場(笑) 聞いたら生花は全店で上位の売り上げのようです(^_^;) 刺身も売れました。メンバーの|70過ぎのおじいちゃんが倒れてしまってアップアップでしたがどうにかなりました。反省はコト細かく書いて来年に繋げたいですね🎵

投稿: K,k | 2023年3月20日 (月) 08時11分

生花は確固たる実践と結果が有りますから自信に満ちてますね(笑)。花の彩が目に入る売場はそれだけで気持ちが明るくなりますからゾーニングと管理を意識すると店舗全体のイメージアップにも繋がりますね。

投稿: dadama | 2023年3月20日 (月) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クライマックス | トップページ | かれいの相場安 »