« 3C分析 | トップページ | ブラックフライデー »

2022年11月24日 (木)

内部からの声

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


コンサルとしての企業との関わり方。

  企業によって変えることも必要であろう。

コンサルという職業から、受け入れる企業や店舗は当然にコンサルからの指導を受け、可能な限り実践しようとする。

  全ての答えはコンサルの言動にある。

そのようなスタンスの企業がほとんどである。

  間違いではない。

従来の流れを変える為にコンサルを要請し、コストを掛けて招へいしたのであるから、何としてもそのコストを回収し、業績を変え、競争力を高めたいとの想いがあるはずである。

  特にトップはそう思っているに違いない。

そしてそれを受けて、実践部隊のリーダーは各コンサル時の具体的販売事例や方向性を受け、現場がどう実践するのかの具体的な関わりを指示し、その成果を検証しなければならない。

  ある程度の受け身の姿勢と店舗への発信の役割を担う。

そしてその事を通して、自らの店舗運営や企業改革の手法を身に付けていくのである。

  では店舗はどうか?。

上記の流れで見ると、全てが受け身の位置にあることがわかる。

  “現場はまずは黙ってやれ!”

ある意味、これも正しい。

  やらなかったから今の業績なのだ。

しかし、現場が気持ちよく実践するのか、やらされ感で実践するのかでは、最終的な結果は真逆となろう。

  だから私は現場の店長以下との接触を重要視する。
  だから私は現場の店長を巻き込む研修を重視する。
  だから私は店舗内の売場をリアルに見て共有する。

そして、答えを現場の人間から引き出す手法を用いている。

  現場の人間が自分の意志で実践を誓うのである。

もちろん、その誓いを更に部門に実践する為の手法も共有しているのだが。

  また本部商品部への同様のセミナーを導入して研修を行っている。

どうしても商品部のバイヤーとなると、自分の部門に対する視点がトップに立つために、店舗としての優先順位には視点が遠ざかるものである。

  しかし店舗は一つしかない。

よって実践するには優先順位が必要なのだが、その優先順位を決められないのが本部の宿命であろうか。しかし、店長目線で店舗という存在を主体にした当方のセミナーを本部バイヤーが講義を受けると、その視点が変わってくる。

先日、ある取り組み企業内で、バイヤーや店長をメインにした講義をした際に、ある質問をしてみた。

  「店舗入口をどうすべきか?。」

店舗としてのあるべき姿を講義した後に、バイヤー陣に質問してみたのである。

  その売場は従来からある部門が商品展開していた場所。

店舗入口に大きな五感が潜んでいるという講義の後に、バイヤー陣にその売場をどうすべきかを問うた。そしてあるバイヤーが言った。

  「てっちゃんが言う通りその売場は別の部門に変えてみるべきでは」。

更に続いた。

  「私もそう思います」。

そのバイヤーはその売場を受け持つ当事者である。

  当事者からも別の部門で展開すべきとの返答。

店舗を一つの塊として捉えることの重要性が見えてきたのである。

  その為に自分の部門の役割をどこに持つべきか。

そして、答えは一致した。

  ここから強みが生まれていくのである。





PS
AJS(オール日本スーパーマーケット協会)主催の店長塾(2022年9月14日~16日)での講演を行いました。
  将来企業の経営幹部を育成する目的で開催される年五回の店長塾。
  地域の競合店に勝ち抜く店舗運営の手法を講義致しました。



競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  7月21日開催「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  6月22日開催「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  5月18日開催「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  4月20日開催「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 


52週MDマネジメント(12月編)のダイジェスト版をアップ致しました。

  52週MDマネジメントセミナー(12月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメントセミナー(11月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメントセミナー(10月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメントセミナー(9月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメントセミナー(8月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメントセミナー(7月編)ダイジェストの視聴はこちら


食品商業12月号が発売されました。
12
当方の執筆は以下の通りです。
「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
  一時限目 ~ ファイブマネジメント
  二時限目 ~ 52週MDマネジメント

お楽しみください。


イプロス「都市まちづくり」にも、てっちゃん塾が載りましたのでご覧ください。








|

« 3C分析 | トップページ | ブラックフライデー »

リーダーシップ」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
今後は、リアルに存在する小売店舗は益々血の通う人間としての存在価値が問われていくと思います。人間が人間としての豊かさとは人間同士の接触であり共感であるはず。だからこそ、働く場としてもそのような環境が重要だし、そこでの有能感が人間としての幸福感を得るのではないかと思うのです。

投稿: てっちゃん | 2022年11月24日 (木) 17時00分

「黙ってやれ」(笑)あるあるですね。
そういうオーナーには早くロボットが進化する事を願いたいですね。何年か前にてっちゃんがブログで「スーパーは工場でなない」と断言されてました。確かに工場化しているスーパーも存在しますしロボット的作業と相性の良い方々も見えるでしょう。でも、私達が目指のは「血の通う」スーパーの筈。血の通った全てのメンバーが知恵を出し合い一致団結すれば必ず結果は伴うと思いますよ。特にメンバーの出入りが少ない中小スーパーは人間力が要と思うのです。

投稿: dadama | 2022年11月24日 (木) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3C分析 | トップページ | ブラックフライデー »