« 52週MDセミナー(8月編)のご案内 | トップページ | 絞り込むとは? »

2022年8月 2日 (火)

分かりやすい言葉

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


よく上司に言われた言葉。

  「もっと分かりやすく説明しろ!」

そして、店長になってからよく言っていた言葉。

  「もっと明確に何が言いたいのか!」

上司から言われたことば、そして自分自身が店長になってから部下に言っていた言葉はほとんど同じ(笑)。

  “おまえがよく言えるな(笑)”

かっての上司が私が部下に言っている場面に遭遇したら、おそらくそういって笑うであろう。
それだけ、「わかりやすい」というワードは上司になればなるほど使いたくなる言葉なのである。

  なぜか?

仕事が見えてくるからである。

  仕事が見えてくると自分の頭の中での整理が進む。

整理が進むと、如何に効率良くこのテーマを伝えるかという文脈を考えるようになる。結果として簡潔明瞭に筋道を立てて5W1Hを組み立てて伝えるようになっていく。

  得てして難しく言う人間ほど行動に直結出来ない。

そして分かりやすく言えるようになればなるほど、周囲の人間、特に部下達は行動に移せるのである。
その為には、上司は伝える内容に関して何度も自らの実績を伴い、そこに至るまでの道筋を経験してきたから、どのようなストーリーでスタートし、途中経過を通過して結論に至ったのか、結果を出せたのかを分かりやすく説明できるようになっていくものである。

  逆に上司に説明するときも同じことである。

そしてそのような思考回路を身に付けていくと、その思考回路を応用して他のカテゴリーや他の取り組みに関しても同様の思考回路を用いて実践するから、更に明確な起承転結へと結びつけていけるのである。

  とにかくその事を思考しているだけでは頭の整理も付かない。

実践してみて初めて、その思考が現場という具体的な場で実践され、検証ができ、更に次への課題が明確になり、その繰り返しで更に簡潔な表現が可能となっていくのである。

  このブログも同様のことが言える(笑)。

自分の頭で理解し、整理され、実績の伴った提案に関しては自信を持った表現で、ですます調の表現となり、5W1Hが明確に表現されて、読んでいても筋書きが見えてくる。

  がそうでない記事もたくさんある(笑)。

それは、まさに自分の頭で整理されていない内容のテーマに関して書いているときだと思われる。

  「今日の記事は何を言いたいのてっちゃん?」

そのようなコメントを返して欲しいのである。

  そこからまたそのテーマを深堀してリベンジを果たしたいと思う(笑)。

自分の表現が部下に分かりやすく伝わっているのだろうか?。

  それが部下の行動のスピードを加速させる要因となるのだ。



PS
競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  7月21日開催「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  6月22日開催「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  5月18日開催「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  4月20日開催「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

7月5日(火)開催の「52週MDセミナー」(8月編)の一部を公開致します。

  52週MDマネジメントセミナー(8月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメントセミナー(7月編)ダイジェストの視聴はこちら

是非、動画(YouTube)をご覧頂き、次回以降のセミナーから学んで頂ければと思います。
よろしくお願い致します。


今後のセミナーのご案内
①52週MDセミナー(9月編)
52md9

1.9月月間の52週MDの提案
①9月1週(8月29日~9月4日)
「秋刀魚とぶどう」~秋刀魚の最大量販期
②9月2週(9月5日~9月11日)
「十五夜(芋名月)」~ぶどうの量販期
③9月3週(9月12日~9月18日)
「秋の味覚」~秋鮭の量販期
④9月4週(9月19日~9月25日)
「秋彼岸」~10月以降のイベントを左右する週
⑤9月5週(9月26日~10月2日)
「ホットメニュー」~大根の量販期

2.販売のポイント
・訴求ポイントや売場展開の仕方

3.売場事例
・売場写真で売り方の事例を紹介

4.質疑応答

5.フリートーク
・当日参加された方同士の情報交換会

*セミナー視聴の申し込みはこちらからどうぞ



食品商業8月号が発売されました。 
8
Amazonでの食品商業8月号のご注文はこちらからどうぞ。

当方の執筆は以下の通りです。
「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
  一時限目 ~ ファイブマネジメント
  二時限目 ~ 52週MDマネジメント

お楽しみください。




 

|

« 52週MDセミナー(8月編)のご案内 | トップページ | 絞り込むとは? »

リーダーシップ」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
企業が違えば使用する言語も違うもの。そしてそのワードから発せられる意味も異なってくるもの。どんな転職者でもそのことに一年程度は振り回されるのではないでしょうか。そして意味が通じた部分から逆に振り回していってください。必ず言葉の意味を理解してくれる同僚はいるものです。

投稿: てっちゃん | 2022年8月 2日 (火) 12時11分

私も鞍替えして言語?の違いに悩みましたが最近やっと会話が成立する様になりましたかね。
会話が成立しても2-6-2の法則で積極的に動くのは2割。然しながら2割が動けば6割の烏合の衆も動き出す。先ずは共感してくれる2割のメンバーを重点的にフォローし結果を出す事が役目かと感じています。2割のメンバーが更に分かりやすく翻訳して6割のメンバーに伝えていってくれる事を願って。

投稿: dadama | 2022年8月 2日 (火) 12時04分

k,kさん、コメントありがとうございます。
昨年売り過ぎた結果の今年の業績。k,kさんでも業績に苦しむんだという逆の共感(笑)。失礼しました。売上を上げ続けることの難しさですよね。特に鮮魚や青果は相場があって昨年との環境が大きく異なる場面が必ず来ますからね。やはり年間でどう売上と荒利を稼げたかというロングスパンで見るべきところなのでしょうか。あと一年我慢すれば必ず春が訪れますが、k,kさんならそれまで待たずに問題解決されるでしょう。その時の事例をご紹介願います。

投稿: てっちゃん | 2022年8月 2日 (火) 06時33分

ご自分の失敗や反省点を加えながら記事にしていくと共感が生まれ更にこのサイトにのめり込んでいきますね、但しそれは私のような超凡人、無能人には。 カリスマ的な天才人の心にはどう響くかは解りません(笑) 現実的に外国の方が近隣各社で沢山働いております。1/3が外国の方というお店も出てきてます。横文字ばかりだとスタッフを導けません、でも英語が堪能なら外国の方にもわかるのでしょうか。簡単に解りやすく説くかも上司の腕ですね。よくある業界紙の企業トップや役員さんのインタビューは同じような立場にある方々を対象にしているから話が通るのでしょうが、そこまで勉強熱心な人間ばかりではない。生活の為にスーパーに、近くに働き口がスーパーしかなかった人には簡単に明快に前向きな言葉で指示してもらえると動きやすいですね。話は代わりますが 現状鮮魚が売り上げ、粗利の足を引っ張ってます。昨年に追いついていこうとすると粗利を食われる。粗利を残そうとすると昨対が他部門よりだいぶ落ち込む。棚卸の結果がでて不明ロスをだいぶ出した店舗は昨対クリアしてるという散々な結果が見えてきました。店長の強引な脅迫売り上げの結果でしょうか。なかなかバランスよくいかないですねー 鮭鱒類の更なる値上げで参っております💦

投稿: k,k | 2022年8月 2日 (火) 05時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 52週MDセミナー(8月編)のご案内 | トップページ | 絞り込むとは? »