« 完投の考察 | トップページ | 鍋つゆの合同展開 »

2022年8月29日 (月)

一つの成功がもたらすもの

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


人生にも仕事にも成功失敗を繰り返しながら成長していくものである。

  失敗の繰り返しから生まれた一つの成功。

よく、発明家が発する言葉である。

  仮説を検証し続けることの大切さ。

やはり、そのような思考回路と行動が大切なのだろうと思うのである。そのような回路を日々の業務で実践していくことで、定番発注や作業オペレーションの精度が高まり、より適正な発注による業務の適正化や作業効率の高まり、さらには売れ数に応じた発注精度による適正な在庫管理が可能となり、より安定した日々の業務が可能となる。

  しかし別の成功事例もまた存在する。

それは、販売面での大きなイノベーション的な成功事例である。

  例えば、ある企画で特設の売場を計画した。

昨年の実績通りに商品計画し、数量計画をしたならば、上記のように精度の高い売場と数量の実績により、適正な利益獲得が可能となる。しかしあるセミナーを受講し、その講師の言葉に勇気をもらって企画した売場作りがあったとしよう。

  昨年を大きく超える商品と数量計画を立案。

そして売場作りをして、お客様の来店を待った。途中、多少の修正を加えながら計画数量の約8割を売りこなすことが出来た。残念ながら残り2割は値下販売で売り切ることが出来たが、昨年実績の200%を達成することが出来た。

  この一つの成功事例がもたらす効果は計り知れない。

日々積み上げていく成功も重要であるが、このように一つの大きな成功がもたらす効果は、従来の発想であり思考から大きく抜け出すことが出来、その思考回路がまた同じ商品で実践しようとする流れが出来上がることになる。

  それが別の必ず別の商品へと繋がるのである。

別の商品で同様に成功事例を実践すればまた別の成功事例を生む可能性が大いに高まる。

  この連鎖がイノベーションなのである。

従来の2倍の販売数量を可能にした、思考回路と実践手法。

  この成功事例を手に入れることで自らのステージを変える。

そうやって、ある場面をきっかけにして、自らの仕事のステージを押し上げていくのである。

  地道な取り組みと大きなステップアップ。

地道な取り組みは普段の仕事の積み重ねで獲得していくもの。

  しかし大きなステップアップにはきっかけが必要となる。

それが、セミナーへの参加であり、ある本からの情報であり、リアルに競合店の人間との会話からのヒントであろう。

  更には大きな発注ミスからの棚ぼた事例もあろう(笑)。

いつなんどき、そのようなイノベーションのきっかけにであるかもわからない。

  しかし一つのきっかけが大きなギアチェンジの機会を得ることがある。

しかし、そのようなきっかけを、更に自らのギアチェンジに出来るかどうかは、その後の本人次第。
やはり従来のコツコツとした積み上げに戻るのか、はたまたそのきっかけから何かを掴み、それを横の商品や横の事例に繋げて自らのギアチェンジを繰り返していく事が可能となるのか、全ては本人次第である。

  二つの成功事例。

いずれも重要な経験であり、体験すべき成功事例ではないだろうか。




PS
競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  7月21日開催「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  6月22日開催「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  5月18日開催「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  4月20日開催「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

8月3日(水)開催の「52週MDセミナー」(9月編)の一部を公開致します。

  52週MDマネジメントセミナー(9月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメントセミナー(8月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメントセミナー(7月編)ダイジェストの視聴はこちら

是非、動画(YouTube)をご覧頂き、次回以降のセミナーから学んで頂ければと思います。
よろしくお願い致します。



食品商業9月号が発売されました。
9
当方の執筆は以下の通りです。
「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
  一時限目 ~ ファイブマネジメント
  二時限目 ~ 52週MDマネジメント

お楽しみください。





|

« 完投の考察 | トップページ | 鍋つゆの合同展開 »

商売」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
そう考えると、人間の世界に失敗と言う言葉は無いですね。強いて言えば失敗とは、人生の過程で挑戦しなかったことが結果的には失敗なのではないでしょうか。そんな想いでこれからの人生を楽しみたいですね。

投稿: てっちゃん | 2022年8月29日 (月) 10時02分

私も数知れずの失敗をして来ました(笑)。
然しながら失敗は結果なので結果に至る目論見や過程がある訳で修正する事で失敗以上の成功を残せたと思います。失敗は成功の元とはよく言ったもので痛い経験が自己成長のステップになり得ますから上司やメンバーがブチ切れないキリキリの線でどんどん失敗をしてもらいたいですね(笑)。その観点からは商売は元より人柄とか信頼度の成長も出来ますね。

投稿: dadama | 2022年8月29日 (月) 06時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完投の考察 | トップページ | 鍋つゆの合同展開 »