« 報告書の作成 | トップページ | スピードの効果 »

2022年7月 6日 (水)

記録づくめの気候

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


都心では9日連続の猛暑日記録を更新したという。

  梅雨明けも6月27日と過去最短の梅雨。

流石にこの一週間は寝苦しい季節が続いた。
とは言っても、当方は以前から記載している通り、就寝時はクーラーを付けない。

  付けないというより寝室にクーラーが無い(笑)。

よって、クーラーのある部屋で寝るしかないのであるが、幸いにも部屋の窓を開けて寝ることが出来るので、その夜風に触れて寝るのが一番体に優しいと感じているのだ。

  しかし流石に上記の一週間は寝づらかった。

流石に6月30日から7月1日にかけてはエアコンのある部屋で寝ようかと迷った。

  しかし夜風を浴びてみると肌に馴染むのである。

日中は居間でクーラーをかけているのであるが、私はどうしても肌が冷たくなってしまうので、ロングのウエットスーツをはかなければならない。

  だからこそクーラー無しで就寝したいのである。

この記事を書いているのが7月4日現在。

  だいぶ暑さも落ち着いてきた。

昨日は、午後3時頃から豪雨となり、それ以降も土砂降りが続いた。そして午後5時頃から急速に涼しい風が吹き始めたのである。

  “こんな涼しい風は何日ぶりだろうか”

そう思ってしまうほど、10日前後続いた猛暑に慣れた体を冷ましてくれる涼しい風。

  そこから一気に目が覚めて仕事がはかどったのである(笑)。

今年の天気はどうなっているのであろうか。
先日の記事で、かおるさんが今年は2018年の気候に似ているとコメントをくれた。

  本日のモーニングショーでも同様の報道があった。

2018年の大雨による被害の映像が流れていた。

  関西空港に行く連絡橋がタンカーによって破壊されていた映像。

あれも2018年だったのである。

  “あの年かぁ~”

異常気象が続くと、どの年にどんな災害があったのかが時折不明確となるが、あの年は確かに水害の多かったと記憶している。

  特に西日本での出来事であろうか。

あの年と同様に梅雨明けが早い今年。

  幸いにも今週は涼しい日が続く。

気候は必ず一年で帳尻が合う。

  よって急激に帳尻を合わせなければならない気候になることが重要。

そういう意味では、7月中に帳尻が合ってもらって、7月後半から8月で従来の夏本番の到来を期待したいところである。




PS
4月20日(水)より開催の「競合対策セミナー」。

  全3回が終了致しました。

今回、競合対策セミナーが好評により「競合対策セミナーの特別編」を設けました。

  競合対策セミナー④「私の実践法」(7月21日開催)。

新店開店以来42勝3敗の成績を残した店舗で取り組んだ、競合対策の内容とその効果を公開したいと思います。
新店開店、そしてその直後から競合店の改装や、更に近隣エリアにオープンした競合店対策、その過程で毎年策定してきたストアコンセプトからの52週MDへの実践を通しての数値効果等を、実践してきた過程からの具体的な数値効果も合わせての90分のセミナーとなります。

店舗運営責任者、店舗運営統括責任者の方に視聴して頂きたいものです。

  6月22日開催「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  5月18日開催「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

7月5日(火)開催の「52週MDセミナー」(8月編)の一部を公開致します。

  52週MDマネジメントセミナー(8月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメントセミナー(7月編)ダイジェストの視聴はこちら

是非、動画(YouTube)をご覧頂き、次回以降のセミナーから学んで頂ければと思います。
よろしくお願い致します。


今後のセミナーのご案内
競合対策セミナー④「私の実践法」(7月21日開催)。
Photo_20220706064801

内容
1.店舗立地と競合店の存在
2.競合店の強み弱みの把握
3.ストアコンセプト立案
4.月間週間計画立案
5.競合対策立案と実践
6.フリートーク
・当日参加された方同士の情報交換会

※内容は一部変更される場合がございます。

 競合対策セミナー④の受講申し込みはこちらから

*全セミナースケジュールはこちらでご確認を


食品商業7月号の予約販売が始まりました。 
7
Amazonでの食品商業7月号のご注文はこちらからどうぞ。

当方の執筆は以下の通りです。
「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
  一時限目 ~ ファイブマネジメント
  二時限目 ~ 52週MDマネジメント

お楽しみください。




 

|

« 報告書の作成 | トップページ | スピードの効果 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
最近のdadamaさんのコメントが辛口気味になってきているように思うのは私だけでしょうか(笑)。
確かに今年はトリプルリスクですね。
・アフターコロナ下
・あらゆるコスト増
・連続した猛暑日禍
昨日の52週MDセミナーでも話題になりましたが、地域差や個店差が拡大していく今年のお盆商戦へ向けて、今からどう商売をしていくのか、重要な局面ですね。

投稿: てっちゃん | 2022年7月 6日 (水) 07時16分

昨年と同じ条件の年なんか絶対有り得ない。
だからデータも活用の仕方を間違えるととんでもない事になる。確かに就労人口減、特にパートやアルバイトの採用が困難になりつつある時代、AIに頼る事も必要ですが、売り手の理論ばかり押し付けるとお客様が離れてしまわないか?
特にトリプルリスクが潜む今年の環境で最大限の利益を取りに行くので有れば改めて現場の有るべき姿を問い正すべきではないかと感じますね・・・売場に無頓着な社員が増えて来てるのが心配です。

投稿: dadama | 2022年7月 6日 (水) 06時45分

k,kさん、コメントありがとうございます。
確かにk,kさんの件もあの時でしたね。失礼しました。毎年集中豪雨のエリアが異なりますから、いつ何時自分がという想いは誰も持っているものだと思います。昔は夕立ちと言っていましたが、最近はそんな悠長な表現よりもゲリラ豪雨という表現が当てはまる昨今の午後からの雨。そして最近はそこにヒョウが加わってきたように思います。こちらも瞬間的な被害が多発しているようでなんとも恐怖ですね。
いずれにしても、穏やかな帳尻合せになってほしいものですね。

投稿: てっちゃん | 2022年7月 6日 (水) 06時27分

2018年の再来は嫌です。ご遠慮してもらいたいです。一家の人生を変える位の大事件でした。💦 でも何があってもおかしくない異常気象。近隣の家は保険で直しましたが私は自分で出来る範囲で直しました。何故なら又そのうち水が来るかもっと思ったからです。毎年秋になるとビクビクしてますが初夏にこういう気持ちになるのは本当に恐怖です。何もない事を祈って。こちらでは夕立は一度しかありません。雷が多い塾長の居住区では慣れっこなんでしょうねー

投稿: k,k | 2022年7月 6日 (水) 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 報告書の作成 | トップページ | スピードの効果 »