« 魔法のリノベから | トップページ | 商圏特性 »

2022年7月25日 (月)

秋の気配?

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


関東の梅雨明けが6月27日。

  連日の猛暑日(35℃)を記録。

しかし7月に入ると、その猛暑も影を潜め、連日の曇り空からのゲリラ豪雨。

  梅雨に逆戻りか?。

を思わせる天候が続いた。

  そして猛暑日もすっかりと影を潜めた。

逆に過ごしやすい天候が続いてくれた。

  やはりどこかで帳尻が合う地球の気候。

あの時の猛暑日の連続日には、流石に冷房のある部屋で寝ようかと悩んだが、そうこうしているうちに夜風の涼しい日々に戻ったのである。

  “秋の予感?”

そんな風に思える夜の涼しさが続いている。
よって、野菜類の生育も順調のようで、相場の安定してきているようだ。

  暑すぎず寒すぎず。

よって、果実の成りも順調のようで、プラムや桃も甘味のある今年の収穫期となっているようだ。

  そして、今週末からは再び猛暑日が続くという。

いよいよ夏本番。

  やはり8月前半はこのような気候が似あう日本の夏。

但しここに来てのコロナ感染第7波の急拡大。

  リアルセミナー参加者の激減。

逆にzoomに切り替えての参加という現象が再び増加しているのが、この時期のセミナーの実態であろうか。

  “お盆商戦はどうなるのか?”

逆に見通しが立てずらい環境になってしまった感がある。
しかし、政府からの感染防止対策である「緊急事態宣言」や「蔓延防止対策」、更には移動の制限等が出されていない現実では、人々の帰省願望は昨年を大きく上回るのは間違いないであろう。

  それだけ人々の意識が変化してきているのかもしれない。

その裏側には、国内のワクチン開発や治療薬の開発とその実用化が現実味を帯びてきているのも加味されているであろう。
そう考えると、やはりこのようなウィルスに対しては、ワクチンや治療薬が開発されて初めて、沈静化していくというサイクルは覆せないのかもしれない。

  実際の秋の気配はまだ先のようだ。

しかし、秋の到来とともに、再び人流を通した交流の場が増えていく事を願うばかりである。



PS
競合対策セミナーのダイジェスト版をご視聴頂けます。

  7月21日開催「競合対策セミナー④」ダイジェスト版の視聴はこちら
  6月22日開催「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  5月18日開催「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
  4月20日開催「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

7月5日(火)開催の「52週MDセミナー」(8月編)の一部を公開致します。

  52週MDマネジメントセミナー(8月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメントセミナー(7月編)ダイジェストの視聴はこちら

是非、動画(YouTube)をご覧頂き、次回以降のセミナーから学んで頂ければと思います。
よろしくお願い致します。




食品商業8月号が発売されました。 
8
Amazonでの食品商業8月号のご注文はこちらからどうぞ。

当方の執筆は以下の通りです。
「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
  一時限目 ~ ファイブマネジメント
  二時限目 ~ 52週MDマネジメント

お楽しみください。




 

|

« 魔法のリノベから | トップページ | 商圏特性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
問題は迎える側の店舗の人員体制ですね。
濃厚接触者の自宅待機も重荷になっていますからね。特に8月に入ってからの感染は地方店舗ほど避けたいもの。早く5類に整理してほしいものです。

投稿: てっちゃん | 2022年7月25日 (月) 19時33分

k,kさん、コメントありがとうございます。
おそらく、政府は極力移動の規制はしない方向でいくでしょう。更に医療関係の識者も個々人の節度ある行動に期待し、2類から5類への変更を示唆する声も聞こえ始めました。そのような空気を世間が今回のお盆の帰省に対してどう判断してどう行動するか。間違いなく昨年以上の帰省行動はあると思うのですが。今年は強気で攻めてもいいのでは。但し短期決戦を前提にと思うのです。

投稿: てっちゃん | 2022年7月25日 (月) 19時29分

政府はウィズコロナに舵を切りましたがこれだけ感染者が爆発すると今までのトラウマで自粛する人も増えるでしょうね。感染者数は検査数が限界に近く高止まりしていくのでしょうが、検査を受けれず数値に現れない潜在感染者は増えていると考えるべきですね。
何にしても自己判断で身を守る時期に入りましたし、お盆の里帰りも親=高齢者の重症化リスクを考えると控える家族は多いと思います。
あと、出社停止従業員増加で営業が儘ならない店舗がそろそろ出てきそうな気配です。店内クラスター出たら即アウトですね。

投稿: dadama | 2022年7月25日 (月) 10時53分

丑の日が終わり次はお盆商戦ですね。 農村地区なので帰省客は昨年より増加と見込みますが... 最近になって医療現場から危機のニュースが流れてます。パートさん方に都会にいった子供たちは帰ってくるんでしょ?っと何人かにきいてますが当初は帰る予定だったけど現状は保留が多かったです。日々増えていく感染者、医療崩壊まではいかなくても県知事から行動制限が宣言されたら帰らないかもと。都会の人は気軽に帰ってきますが田舎の人間はやはり恐怖心が未だに残ってます。これをどうみるか。もうすぐ鮮魚部隊も盆計画に入ります。青果部隊の計画はもうすぐ終わる時期。悩みどころですね。私の居住地も夜は涼しい風が吹き寝頃?の気温です。秋の食べ物が7月なのに恋しくなってきましたー

投稿: k,k | 2022年7月25日 (月) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魔法のリノベから | トップページ | 商圏特性 »