« 文月 | トップページ | 記録づくめの気候 »

2022年7月 5日 (火)

52週MD(8月編)

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


今日は当方の52週MDセミナー当日。

  ご参加の方は、よろしくお願いいたします。

昨日のブログで、概ねの今月の概況はお話しした。
本日は、今年のお盆商戦の話が具体的に為されるであろう。

  更にはお盆後の売場対応となる。

お盆商戦とはある意味今年の前半戦の総括的な評価を頂く商戦となる。
売上面は当然としても、荒利益面でも非常に重要であり、今年前半戦での商売がお盆商戦で結果として現れることになる重要な商戦である。

  要は今年前半のお客様の評価が集中する時期と言える。

年末商戦が終わり、年が変わって今年を迎えた。

  それから2月、3月、そして春を迎え夏が到来した。

その季節の移り変わりと、多くのイベントが経過し、それらの集大成としての前半のヤマ場がお盆商戦。

  よってお客様の来店動機がどのお店になるのかは7月で決定する。

我々は、その決定されたお客様の来店動機に負けない売場を作ることで、その結果がいずれ年末商戦に現れるという流れの中での、今年のお盆商戦の結果を受け止めなければならない。

  その連続が52週MDによって毎年蓄積されていくのである。

それを踏まえた上での、本日の52週MDセミナーの8月編。

  既に商品面では本部商品部では検討済であろう。

よって、当方の52週MDセミナーは本部商品部にとっては一か月遅いのである。
しかし、それは承知の上での現場(店舗)視点での年間52週MDセミナーとなる。

  特に現場サイドで店長目線で見る52週MD。

52週をより詳細に、より具体的に、そしてより専門的に分けて提案すべきだ、という指摘もあろう。

  しかしをそれらを実現するのは限られた個店の内部である。

要は、お店は限られたスペースでどう商品をレイアウトしてお客様に提案するかが問われるのであり、その売場レイアウトを決定するのはお店の店長ということである。

  店長が分かりやすい提案を目指して開催される52週MDセミナー。

食品商業ではバイヤーも含めた商品手配という視点でまとめた52週MDマネジメントを執筆している。

  数日後には食品商業8月号が発売され9月のMDが提案される。

しかし本日開催の52週MDは8月号の提案となる。
スライドを中心に、より具体的に、より分かりやすい画像を用いて直近の売場をイメージして頂くセミナー。

8月は特に真夏の最盛期の売場から一転して、お盆後は秋へと急速に売場と商品が変動する月でもある。

  特に今年は梅雨明けの早い年。

8月の主要日の過去のデータも踏まえながらの、今年の動向を探っていきたいと思うのである。

  

PS
4月20日(水)より開催の「競合対策セミナー」。

  全3回が終了致しました。

そして、競合対策セミナーの特別編を設けました。

  競合対策セミナー④「私の実践法」(7月21日開催)。

新店開店以来42勝3敗の成績を残した店舗で取り組んだ、競合対策の内容とその効果を公開したいと思います。
新店開店、そしてその直後から競合店の改装や、更に近隣エリアにオープンした競合店対策、その過程で毎年策定してきたストアコンセプトからの52週MDへの実践を通しての数値効果等を、実践してきた過程からの具体的な数値効果も合わせての90分のセミナーとなります。

  店舗運営責任者、店舗運営統括責任者の方に視聴して頂きたいものです。

  6月22日開催「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  5月18日開催「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

6月8日(水)開催の「52週MDセミナー」(7月編)の一部を公開致します。

  52週MDマネジメントセミナー(7月編)ダイジェストの視聴はこちら

以下のような内容で毎回翌月のMDセミナーを開催しております。
次回は8月編を7月5日(火)に開催予定。

是非、動画(YouTube)をご覧頂き、次回以降のセミナーから学んで頂ければと思います。
よろしくお願い致します。


今後のセミナーのご案内
*全セミナースケジュールはこちらでご確認を


食品商業7月号の予約販売が始まりました。 
7
Amazonでの食品商業7月号のご注文はこちらからどうぞ。

当方の執筆は以下の通りです。
「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
  一時限目 ~ ファイブマネジメント
  二時限目 ~ 52週MDマネジメント

お楽しみください。




 

|

« 文月 | トップページ | 記録づくめの気候 »

商売」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
確かに今年のゴールデンウィークの動向が試金石となりますね。もしかするとそれ以上の戻りになるかもしれません。売上だけでなく利益獲得期でもありますから、しっかりとお客様の期待値に応えていきたいものですね。

投稿: てっちゃん | 2022年7月 5日 (火) 06時52分

コロナリバウンドの兆しもあれど今年はほぼ規制のないお盆になるでしょうか。
3年ぶりの里帰りに思いを馳せる方や旅行計画を立てる方も多い筈。
地域によって大きな売上変化が予測出来ますしゴールデンウィークでの動きがある程度の指標にはなりそうですね。

投稿: dadama | 2022年7月 5日 (火) 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文月 | トップページ | 記録づくめの気候 »