« アクセス数 | トップページ | 自らを振り返る »

2022年7月10日 (日)

量産型?

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

先週木曜日の深夜0時30分から放映が始まったドラマ

  「量産型リコ‐プラモ女子の人生組み立て記」。

テレビ東京が送る、普通女子のプラモデルを通じた小さな成長期を描く“ホビーヒューマンドラマ”である。

  ホビーヒューマンドラマ?。

番宣を見ると
「巷にいる、ごく普通の女子である主人公が、仕事にプライベートに自問自答しながら、「プラモデル」といホビーとの出会いを通じて大人へと組み立っていく成長記です。」

  とある。

主演は乃木坂46のセンター候補の与田祐希。

  与田祐希は日曜劇場の「日本沈没」でも出演していた。

そのスピンオフドラマでは主演を演じていたほどである。

  そんな彼女が堂々と主演を演じる今回のドラマ。

まず疑問に思ったのは、量産型というワード。

  さてどんな意味を持つのか。ネットで検索してみた。

かつて2010年頃に流行した『量産型』コーデは淡いピンクやホワイトのブラウスやカーディガンに台形スカートで花柄、そしてゆるく巻いたロングへアに茶髪のガーリーなコーデでだったらしい。

しかし現代の『量産型』は、男性アイドルや2次元コンテンツのコンサートやライブ会場にいる女の子が似たような服装や髪型で参戦していたことからネーミングされたものだという。

量産型ファッションは、このワードが生まれた初期の「どこにでもいそうな格好の女子」という意味から徐々に進化して、「特別な日の着飾った女子」といった意味合いに変化しているとのことだ。

  上記のようにアイドルのファッションから来ているらしい。

まさに乃木坂46の与田祐希にピッタリのイメージであろう。

  更にプラモデルというオタクをも巻き込む内容となっている。

プラモデル。

  我々世代でもプラモデルには夢中になった。

ブログ読者の方も、プラモデル作りを趣味にしていた方も多いであろう。

  私がよく作ったのは「戦車」である(笑)。

よって、そのプラモデルの箱に書かれていた、戦車の国とか軍曹の名前なども今でも記憶にある。

  アメリカ陸軍のシャーマン。
  ドイツ陸軍パンサー。
  パットン戦車軍団。
  ロンメル戦車軍団。
  
等のワードを求めて、いろいろなプラモデルを作っていたような記憶がある。

  どんな人間にも趣味や嗜好がある。

何かに興味を持ちながら成長していくものだ。

  プラモデルがいつしかサッカーや野球になっていた。
  そして学生時代にはボートという競技に出会うのだ。

そんな中で、その競技に集う人間達と交流し、その交流から人との出会いによって更に人生を学び成長し、巣立っていく。

  その出始めがプラモデルであったような。

そんなことを思い出しながら、見ていきたいドラマである。



PS
4月20日(水)より開催の「競合対策セミナー」。

  全3回が終了致しました。

今回、競合対策セミナーが好評により「競合対策セミナーの特別編」を設けました。

  競合対策セミナー④「私の実践法」(7月21日開催)。

新店開店以来42勝3敗の成績を残した店舗で取り組んだ、競合対策の内容とその効果を公開したいと思います。
新店開店、そしてその直後から競合店の改装や、更に近隣エリアにオープンした競合店対策、その過程で毎年策定してきたストアコンセプトからの52週MDへの実践を通しての数値効果等を、実践してきた過程からの具体的な数値効果も合わせての90分のセミナーとなります。

店舗運営責任者、店舗運営統括責任者の方に視聴して頂きたいものです。

  6月22日開催「競合対策セミナー③」ダイジェスト版の視聴はこちら
  5月18日開催「競合対策セミナー②」ダイジェスト版の視聴はこちら
 

7月5日(火)開催の「52週MDセミナー」(8月編)の一部を公開致します。

  52週MDマネジメントセミナー(8月編)ダイジェストの視聴はこちら
  52週MDマネジメントセミナー(7月編)ダイジェストの視聴はこちら

是非、動画(YouTube)をご覧頂き、次回以降のセミナーから学んで頂ければと思います。
よろしくお願い致します。


今後のセミナーのご案内
競合対策セミナー④「私の実践法」(7月21日開催)。
Photo_20220706064801

内容
1.店舗立地と競合店の存在
2.競合店の強み弱みの把握
3.ストアコンセプト立案
4.月間週間計画立案
5.競合対策立案と実践
6.フリートーク
・当日参加された方同士の情報交換会

※内容は一部変更される場合がございます。

 競合対策セミナー④の受講申し込みはこちらから

*全セミナースケジュールはこちらでご確認を



食品商業8月号が発売されました。 
8
Amazonでの食品商業8月号のご注文はこちらからどうぞ。

当方の執筆は以下の通りです。
「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
  一時限目 ~ ファイブマネジメント
  二時限目 ~ 52週MDマネジメント

お楽しみください。




 

|

« アクセス数 | トップページ | 自らを振り返る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

kazuさん、コメントありがとうございます。
第一回目では、ガンダムの量産型をテーマにした組み立て実践を与田祐希が演じて今いたよ。但し、このドラマからのストーリー性についてはもう少し見ていかないと見えてこない部分ですね。
ちなみに、15日のBSプレミアムで中森明菜のライブが放映されるようなので、必見ですね。

投稿: てっちゃん | 2022年7月10日 (日) 07時12分

kazuです。

ご紹介頂いたドラマは見ていませんでした。
私が「量産型」でイメージするのはガンダムですね。ガンダムもあまり詳しくはありませんが、沢山製造されクオリティーもちょっと劣るガンダムのイメージです。
プラモデルの思い出は私の年代では「スーパーカー」です。空前のスーパーカーブームでしたのでプラモデルも相当流行った記憶があります。
細かな作業が苦手な私は子供の頃から不得意な分野で、そこまでプラモデルにはハマりませんでした。

投稿: kazu | 2022年7月10日 (日) 07時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アクセス数 | トップページ | 自らを振り返る »