« 食品商業6月号の発売 | トップページ | GWの動向2022年 »

2022年5月 8日 (日)

デビュー40周年

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸のネタの日(笑)。

ネットで芸能ネタを見ていると、今年で芸能生活(芸能界デビュー)40周年を迎えた歌手がいた。


  中森明菜(56歳)。

この記事にちょっとした違和感をおぼえるのは私だけではないであろう。

  “中森明菜ってまだ芸能活動してたのか?”

それほど、最近ではメディアで中森明菜を見たことがない。
とは言っても、先日BSプレミアムでの中森明菜の「伝説のコンサート」が4月30日に放映された。

  当然ではあるが録画した(笑)。

そして、“なぜ今?”と思い、中森明菜を検索したら、1982年5月1日に歌手デビューしているという。

  デビューから40年。

それを記念してのライブの放映であったということだ。


  中森明菜。

1980年代を代表する歌謡界の歌手、というより「歌姫」と表現したほうが適切であろうか。

  花の82年組と称されたデビュー年度。

同期には、小泉今日子、松本伊代、早見優、堀ちえみ、石川秀美、三田寛子等、未だに色あせない活躍をしているアイドル達がデビューした年である。

  逆に言うと中森明菜と石川秀美だけが芸能活動から遠のいている。

石川秀美はデビュー同期の薬丸裕英と結婚出産して現在を迎えている。

  中森明菜。

誰もが、82年のデビュー当時はともかく、その後の活躍ぶりは他の同期のアイドル達とは一線を画す存在感を発揮した。

今回のコンサートのライブ放映には、その当時のほとんどのヒット曲が収録されていた。残念なのは野外コンサート故の自然環境としての野外の強風が彼女のコンサート活動にかなりの影響を与えていたことが残念ではあるが。


  私が彼女の歌に感動したのは「北ウィング」からだったろうか。

当時は、「聖子」オンリーだった私だが、学生から社会人になりたての当時の私の心を掴んだのであろう。それから聖子と同時に明菜にも関心を持つようになっていった。

  北ウィングからの新曲は怒涛のようだった。

そこから一気に3か月に一曲づつの新曲が発売されていった。


  北ウィング
  サザン・ウィンド
  十戒
  飾りじゃないのよ涙は
  ミ・アモーレ
  SAND BEIGE -砂漠へ-
  SOLITUDE
  DESIRE -情熱-
  ジプシークィーン
  Fin
  TANGO NOIR
  BLONDE
  難破船

そして、どの曲も時代を反映しながら、中森明菜という歌姫がアーティステックにドラマを演じるが如くに一つ一つのステージを演出していったのである。

  それぞれに心惹かれる名曲ぞろいである。

が私は、その中でも「
SAND BEIGE -砂漠へ-」は幾度となくクルマの中で回して聞いていた。
ミ・アモーレから明菜の曲調はどちらかというと中東アジアや中南米風のイメージを強調する作品を揃えるようになってきた。

  その中での「SAND BEIGE -砂漠へ-」 。

砂漠をイメージさせる風景の中で、今までの感情が高まっていく情景が浮かぶ。
そして、最後のフレーズで「崩れる私を、支えてお願い、アナーウィズアホーロSAND BEIGE 」の部分。

  このフレーズに庇護欲を掻き立てられない男はいない。

そしてそこからSOLITUDE、DESIRE -情熱-、ジプシークィーン、Fin、TANGO NOIRと続く未知の世界へと誘うのである。

  その後、彼女もいろいろな人生の紆余曲折を迎える。

当然、私も社会人としての責務に追われていく。

  しかし彼女の圧倒的な歌唱力と説得力はいつまでも忘れることは無い。



PS
4月20日(水)より開催の「競合対策セミナー」。
 次回は5月18日(水)の開催となります。
 競合対策セミナーの予告編が出来ましたのでご視聴してみてください。
 自店の業績を左右する競合店。
 そんな存在である競合店に対しての対策セミナーを通して、
 競合店からの顧客の吸引と維持を学んでみませんか。

  競合対策セミナーの予告編の動画はこちら
  4月20日開催「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 
4月6日(水)開催の「52週MDセミナー」の一部を公開致します。
 以下のような内容で毎回翌月のMDセミナーを開催しております。
 次回は5月11日(水)を予定。

 動画で見る「52週MDセミナー5月編」
  ①52週MDセミナー(データで見るチャンスの在りどころ)
  ②52週MDセミナー(涼味麺の合同展開と軟皮果実の展開)

是非、動画(YouTube)をご覧頂き、次回以降のセミナーから学んで頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

今後のセミナーのご案内
①52週MDマネジメントセミナー(6月編)
52md6
日時:2022年5月11日(水) 13:00~14:30
定員 :30名
対象者:地域に密着した店舗を目指す小売業のご担当者様
    店舗運営部長、バイヤー、SVなど店長を育成指導する方全般
受講料:法人15,000円(30名まで)
    個人5,000円(1名まで)
参加方法:オンラインセミナー(Zoomにて開催)
  ※後日アーカイブ配信あり
  ※流通小売業様以外のご参加はお断りさせていただく場合がございます。
52週MDセミナーの申し込みはこちらから


②競合対策セミナー②
Photo_20220428102401

日時:2022年5月18日(水) 13:00~14:30
定員:30名
対象者:地域に密着した店舗を目指す小売業のご担当者様
    店舗運営部長、バイヤー、SVなど店長を育成指導する方全般
参加料:法人30,000円(30名まで) 個人10,000円(1名まで)
参加方法:オンラインセミナー(Zoomにて開催) ※後日アーカイブ配信あり

 ※流通小売業様以外のご参加はお断りさせていただく場合がございます。
競合対策セミナー②の申し込みはこちらから


*全セミナースケジュールはこちらでご確認を


食品商業6月号が発売されました 
6
当方の執筆は以下の通りです。
「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
  一時限目 ~ ファイブマネジメント
  二時限目 ~ 52週MDマネジメント
*Amazonでのご購入はこちらから

お楽しみください。




 

|

« 食品商業6月号の発売 | トップページ | GWの動向2022年 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

sakaeさん、コメントありがとうございます。
中森明菜がデビュー曲の「スローモーション」の路線を変えなければ?。
タラればの話ですね(笑)。こればかりはどうなって今に至っているのか、誰も分かりませんが、想像で言わしてもらえば、おそらく他のアイドル達の中に埋もれていったかもしれないし、とは言っても圧倒的な歌唱力故に松田聖子と同等の並び立つアイドルとして存在したかもしれないし。ただやはり芸能界に中にあっては唯一無二の存在になれることが本人も周囲の事務所も望むことなので、いずれはその歌唱力を活かした唯一無二の存在を模索していたのではないでしょうか。
勝手な想像ですが(笑)。

投稿: てっちゃん | 2022年5月 9日 (月) 07時20分

中森明菜は私も好きです。
私の好きな曲はデビュー曲のスローモーションです。デビュー当時の初々しさがありますが、聴く人を曲の世界に引き込む中森明菜の歌唱力や表情が何とも言えません。ついつい聞き入ってしまいます。この曲を境に路線が変わったみたいなので、もし路線を変えていなかったらどうなっていたのでしょうか?

投稿: sakae | 2022年5月 8日 (日) 22時47分

kazuさん、コメントありがとうございます。
「LIAR」もいい曲ですね。そしてあの事件から一気にメディア露出が減っていったような気がします。
1982年のデビューから1989年のLIARまでの実質7年間の輝き。7年間とは思えないほどのあまりにも強烈なインパクトを与えてくれた中森明菜。事あるごとにかっての活躍の場面がメディアに登場することでしょう。

投稿: てっちゃん | 2022年5月 8日 (日) 07時31分

dadamaさん、あら、日曜日なのにわざわざコメント頂き大変恐縮です😎。
命を懸けての芸能活動故に、今の自分に納得がいかないのかもしれませんね。ならば我々の心に残るイメージを大切にしていきたいとも思います。松田聖子もようやく活動復帰してきましたが、芸能界とはやはり異次元の世界なのでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2022年5月 8日 (日) 07時22分

kazuです。

中森明菜さんは私が中学生の頃、デビューした記憶があります。プロローグ・セカンドラブは当時のアイドルとしては衝撃的な楽曲でした。ルックスも可愛く私の友達もファンが多くいました。
私は今でもYouTubeで明菜さんの歌はよく聞きます。私の一押し曲は「LIAR」です。近藤正彦さんとの金屏風会見の前後あたりに出された曲だと記憶しています。
この曲を歌っているときの明菜さんは切なく苦しそうな表情で聞いているこちらも切なくなってしまいます。「ロスト・ラブ」の代表曲だと思っています。

投稿: kazu | 2022年5月 8日 (日) 07時14分

1997年のライブの明菜はクリスタルのような華麗さと華奢な危険さの両面を感じて1番好きかなー。
我らがまりや様の曲もゾクっとするほど見事に歌い切っています。
https://youtu.be/ILMsi2NpwDI

投稿: dadama | 2022年5月 8日 (日) 02時04分

中森明菜のファンでは無いのですが歌唱力はアイドルの中でも群を抜いてましたね。
提供する作詞作曲家も歌唱力を必要とする歌が多かったし見事に歌い切っていました。
スキャンダル多き女性でしたがそれらを乗り越えて舞台に復帰した姿は妖艶さをも感じました。
アイドル時代より今の時代の方が明菜の本領が出せたと感じるだけに残念ですね。

投稿: dadama | 2022年5月 8日 (日) 01時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食品商業6月号の発売 | トップページ | GWの動向2022年 »