« デビュー40周年 | トップページ | 52週MDセミナー(6月編) »

2022年5月 9日 (月)

GWの動向2022年

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


さて、GW商戦は如何でしたでしょうか。

  事前アンケート等の実施から

ある程度、今年のGWは帰省が発生するとの予測はあったが、直前での感染者の低下と行動制限の撤廃も後押しして、大きな人流が発生したようである。

  GW前半の4日までの動向

5月に入ってからの4日までのゴールデンウィーク前半の食品スーパーの動きは、都市部と地方では真逆の結果となっていた。また天候も5月前半は不順であり更に気温も低下していたのも、来店動機が欠ける要因であっただろう。

  よって都市部は厳しく地方は好調。

今年のGWは昨年とは一転して、そんな流れではなかっただろうか。
昨年、一昨年とコロナ感染者の急増による行動制限から二年が経過し、本当に久しぶりに田舎へ帰省する家族、お孫さんの顔を見せに親元に返る若い家族が非常に多かったのではないだろうか。

  更に近隣への日帰り旅行の増加。

それもあり、外出、外食の増加が逆に都市部の食品スーパーへの買い回りを低下させた要因であろう。

  よって、地方ではパック単価が大幅にアップして客数も増加。

ゴールデンウィークの前半は非常に出足が良好だったのである。

  しかし後半になるとどうであろうか。

だからと言って、後半はその逆かと言えばそうではない。
そこがゴールデンウィークの難しいところであろうか。

  地方はそのまま好調をキープし、
  都市部は一部回復も不調のまま。

そして、客数は以前として厳しいままの状況である。
客数に関しては、4月から厳しい状況が続いていたが、それはそのままの状態で維持されているのである。

  そこにきてのゴールデンウィークでの更なる客数ダウン。

それが今年の特徴ではないだろうか。
とは言っても、BBQ需要はエリアや打ち出した店舗によっては大きな差が生じたという。

  焼肉セットの商品価値。

そのような商品化技術の高い店舗は、ここぞというタイミングでの集客力は相変わらず高い。

  “BBQならあのお店”

そんな来店動機を高めておいたお店にやはり集中するのであろう。
BBQ商材と言えば、鮮魚部門でもBBQは好調だったと聞く。

  やはりBBQは簡便メニューではある。

ホタテやつぼ抜きいかなどは、アラも出ずにそのまま焼ける商材。
家庭でも十分に簡便バーベキューとして活用できる商材である。

  原料不足に悩む今年の鮮魚部門。

各社チャンスのある商品は限定されてくるだろうが、はやりチャンスのあるタイミングでダイナミックにチャンス商材を徹底して展開するかどうかが、今後の父の日商戦に繋がることは確実である。


PS
4月20日(水)より開催の「競合対策セミナー」。
 次回は5月18日(水)の開催となります。
 競合対策セミナーの予告編が出来ましたのでご視聴してみてください。
 自店の業績を左右する競合店。
 そんな存在である競合店に対しての対策セミナーを通して、
 競合店からの顧客の吸引と維持を学んでみませんか。

  競合対策セミナーの予告編の動画はこちら
  4月20日開催「競合対策セミナー①」ダイジェスト版の視聴はこちら
 
4月6日(水)開催の「52週MDセミナー」の一部を公開致します。
 以下のような内容で毎回翌月のMDセミナーを開催しております。
 次回は5月11日(水)を予定。

 動画で見る「52週MDセミナー5月編」
  ①52週MDセミナー(データで見るチャンスの在りどころ)
  ②52週MDセミナー(涼味麺の合同展開と軟皮果実の展開)

是非、動画(YouTube)をご覧頂き、次回以降のセミナーから学んで頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

今後のセミナーのご案内
①52週MDマネジメントセミナー(6月編)
52md6
日時:2022年5月11日(水) 13:00~14:30
定員 :30名
対象者:地域に密着した店舗を目指す小売業のご担当者様
    店舗運営部長、バイヤー、SVなど店長を育成指導する方全般
受講料:法人15,000円(30名まで)
    個人5,000円(1名まで)
参加方法:オンラインセミナー(Zoomにて開催)
  ※後日アーカイブ配信あり
  ※流通小売業様以外のご参加はお断りさせていただく場合がございます。
52週MDセミナーの申し込みはこちらから


②競合対策セミナー②
Photo_20220428102401

日時:2022年5月18日(水) 13:00~14:30
定員:30名
対象者:地域に密着した店舗を目指す小売業のご担当者様
    店舗運営部長、バイヤー、SVなど店長を育成指導する方全般
参加料:法人30,000円(30名まで) 個人10,000円(1名まで)
参加方法:オンラインセミナー(Zoomにて開催) ※後日アーカイブ配信あり

 ※流通小売業様以外のご参加はお断りさせていただく場合がございます。
競合対策セミナー②の申し込みはこちらから


*全セミナースケジュールはこちらでご確認を


食品商業6月号が発売されました 
6
当方の執筆は以下の通りです。
「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
  一時限目 ~ ファイブマネジメント
  二時限目 ~ 52週MDマネジメント
*Amazonでのご購入はこちらから

お楽しみください。




 

 

|

« デビュー40周年 | トップページ | 52週MDセミナー(6月編) »

商売」カテゴリの記事

コメント

sakaeさん、コメントありがとうございます。
やはり普段の売場なんですね。
普段の週末や今年に入ってからのバレンタイン、ひな祭り、彼岸、そして入園入学といったイベントでの週末の展開がこのようなハレの日で大きな来店動機が生まれ、その期待感に応えた売場だからこそ、その来店動機となる商品(BBQ)が爆発する。今年は全般にBBQ商材は好調だったようですが、それもBBQ商材を普段からの展開で強化している企業や店舗ほど支持が高まったようです。

投稿: てっちゃん | 2022年5月10日 (火) 07時10分

今年のGWは曜日の関係上、前年をわずかに上回る結果になりました。
前年を上回れた要因は牛肉等のBBQ商材です。
和牛の焼材のような高単価の商品がよく動いていました。普段から牛肉の品揃えを充実させているからこのようなイベント時に売上を作れるということを再認識できました。
確実にお客様に選らんでいただけるお店になるよう細部まで気を抜かず更に強みを強化していきたいです。

投稿: sakae | 2022年5月 9日 (月) 19時22分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
その流行語大賞候補の店舗ではこのGWは絶好調だったようです。やはり明確な単品量販がGWでも高い支持をえていたということでしょうか。
4月後半のGWスタート段階からお客様の来店での客単価が思ったほど高まらないという現象が発生しているようですので、このGW後の5月商戦から益々お客様の支持率の店舗別ギャップが発生してきしそうですね。

投稿: てっちゃん | 2022年5月 9日 (月) 09時34分

いよいよ店舗選択の時代到来でしょうか。
お客様が店舗選択志向が強まるのなら売り手側も特長や売りを明確に伝えねばならない。
一部で盛り上がっている「ディステーションストア」今年の流行語大賞になるかも(笑)。

投稿: dadama | 2022年5月 9日 (月) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デビュー40周年 | トップページ | 52週MDセミナー(6月編) »