« 売場を記録する | トップページ | 300坪スタイルの開発 »

2022年2月17日 (木)

恵方巻へ繋げる為に

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


今年の恵方巻。

  “まだなんかあるの?”

恵方巻の量販時である節分が過ぎて二週間以上が経過。

  さて来年の恵方巻はどうする?。

と言っても、そこまで見通してい今後の人員育成や人員配置を考えている方は少ないであろうか。

  いやほとんどいないかもしれない。

しかし、そこに向けて人材育成であり人員援助による店内のチームワーク作りを考慮している店長仲間もいるのである。

そんな方の、恵方巻における考え方と実践方法とは。

  やはり応援者の人材育成が全てであると言う。

今年の恵方巻に向けて、昨年11月頃から応援チームを組んだという。
そして年末商戦にも、その人員で寿司の応援を実施。

  お陰様で年末商戦は寿司の動きが大爆発。

その成功によって、その応援チームの成長を確認した店長は、恵方巻の時にはまた別の人員を動員して恵方巻の応援チ―ムを再結成したという。

  “もったいない!”

私はそう思った。

  せっかく年末から結成した応援チーム。

しかし彼は、そのせっかくの応援チームをぶち壊し(笑)、更に新たな応援チームを再結成し恵方巻に臨んだ、という。

  目的は?。

年末の応援チームは十分に応援者としての実力を有し、その成長度合いも見えてきたという。よって、その手順で再結成した応援チームにも同様のプログラムで育成して応援チームを組織したという。

  年末のチームとはまた別の恵方巻応援チーム。

しかしそこでも応援者達の成長があり、予定通りの数量を巻けたという。

  そして応援者達がどんどん増加していく。

最終的には、だれが応援に行っても同様の実績が残せるまでに成長していく。

  店舗運営としては究極の姿ではないだろうか。

そしてそのような応援体制が組めるということは、そのお店の全員が恵方巻に製造に関われるということであり、その結果、いろいろな応援体制が構築されていく前提にもなるのである。

  皆で力を合わせれば。

そんな空気が店内に充満していくのである。

  これこそが店舗運営の究極の人材育成法となる。

そしてそれが、部門内でも同様に応援体制を組むことの前提となり、一致団結することのスピードが増していくのである。

  まさに理想の姿。

是非、一歩一歩そのような店舗内での体制固めをしてほしいものである。




PS
2月9日(水)開催の「52週MDセミナー」の一部を公開致します。
 以下のような内容で毎回翌月のMDセミナーを開催しております。
 次回は3月9日(水)を予定。近日中に申し込みURLを公開予定。

 動画で見る「52週MDセミナー3月編」
  ①52週MDセミナー3月編(データで見る3月のイベント)
  ②52週MDセミナー3月編(3月全般の概況説明)
  ③52週MDセミナー3月編(各週各部門別写真説明)

1月21日(金)開催の「データマネジメントセミナー」の一部を公開致します。
 以下のような内容で計3回にてデータ活用のセミナーを開催しております。
 次回はこの記事の下位にも記載しましたが、2月25日(金)開催予定。

 動画で見る「データ活用セミナー第1回目」
  ①データ活用セミナー1回目(客数データの活用)
  ②データ活用セミナー1回目(具体的写真説明)
 
是非、動画(YouTube)をご覧頂き、次回以降のセミナーから学んで頂ければと思います。
よろしくお願い致します。


今後開催のセミナーのご案内。

①データマネジメントセミナー第2回目

225 
日時:2022年2月25日(金) 13:00~15:00
定員:30名
対象者:地域に密着した店舗を目指す小売業のご担当者様
    店舗運営部長、バイヤー、SVなど店長を育成指導する方全般
参加料:法人30,000円(30名まで) 個人10,000円(1名まで)
参加方法:オンラインセミナー(Zoomにて開催) ※後日アーカイブ配信あり

  データマネジメントセミナーの申し込みはこちらから

*全セミナースケジュールはこちらでご確認を



食品商業3月号が発売されました。

Image with no description

当方の執筆は以下の通りです。
①「ローカルスーパーの為の店舗視察ポイント」
②「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
  一時限目 ~ ファイブマネジメント
  二時限目 ~ 52週MDマネジメント

是非、お楽しみください。



|

« 売場を記録する | トップページ | 300坪スタイルの開発 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

v店長さん、コメントありがとうございます。
その通り、現場は泥臭い行為の繰り返しですからね。それが綺麗に清書されて報告されるからある意味簡単に他店舗でもコピーのように実践できるだろうとおもわれてしまうのですが、どこまでいっても現場は泥臭いやり取りの連続ですからねぇ~。

投稿: てっちゃん | 2022年2月17日 (木) 19時05分

話題に上げていただきありがとうございます笑

固定のメンバーでフォロー体制を組めば組むほど、フォローする人しない人の二極化で組織の空気感が別れる、これはある意味リスクでもあるなと感じました。

文章にするとすごくキレイですね、本当は四苦八苦してますので、まだまだ私は泥臭い事をこの場で伝えておきます。笑

投稿: v店長 | 2022年2月17日 (木) 18時21分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
生情報は相互通行によってお互いに有効に活用し、その実践によって更に有効な情報となって帰ってくるというメリットがありますからね。現場に立てないと尚更そんな情報が枯渇してくるものですが、毎週のzoomミーティングがなによりの情報元ですので(笑)。

投稿: てっちゃん | 2022年2月17日 (木) 12時00分

リモートの生情報は貴重ですね(笑)。
お互いに刺激し合い、スーパーで働く醍醐味を感じ楽しみたいですね・・・今宵も宜しくお願い致します🤲

投稿: dadama | 2022年2月17日 (木) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 売場を記録する | トップページ | 300坪スタイルの開発 »