« 月9ミステリから | トップページ | Web会議ツール »

2022年2月14日 (月)

グロサリーの活かし方

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


ワンストップショッピング性を高めるための食品スーパーの取り組み。

  生鮮部門の強化。

これは、食品スーパーが他業態との差別化を図る為に、必須の取り組み事項となる。

  ドラッグやネットスーパーとの差別化。

その為には、生鮮強化は必須項目であり、特にリアルに来店される従来からの食品スーパーとして生き残りを図る為にも、生鮮強化そして生鮮部門で地域の顧客に高い支持率を得ることはこれからの時代を勝ち抜く為には必須となる。

  それだはグロサリーはどうか。

グロサリーで取り扱う商品となると、ドラッグやネットスーパーでも同様の商品が価格で提供されている。

  そしてこの傾向はますます強くなっていくであろう。

そんな環境下にあって、食品小売業は生鮮強化とは別に、グロサリー部門をどのような位置づけで経営をしていくことになるであろうか。

  グロサリーの活かし方。

食品スーパーにとっての生鮮は強化で一致であろうが、逆にグロサリー部門(日配、食品、雑貨、酒、パン等)の部門をどう捉えるかは、企業それぞれにおいて思惑が異なるのではないだろうか。

  「うちは価格で攻める部門とするよ」
  「うちは品揃で攻める部門とするよ」
  「うちは雑貨を絞って効率化を図る」
  「うちは・・・・・・・ とするよ」

各社各店ともいろいろな思惑を秘めて、グロサリー部門を考えているのではないだろうか。

  いずれにしても食品スーパーにとってのグロサリーは茨の道であろう。

他業態にどんどん奪われていくのがグロサリー商材である。

  どこまで価格で対抗できるか。

その為には新たなビジネスモデルが開発されなければそこには対抗できないのではないだろうか。

  逆に、価格に走らなけえれば。

グロサリー購入を生鮮購入のワンストップショッピングとしてついでに購入する方以外は、リアル店舗での購入はどんどん遠ざかっていくであろう。

  そう考えると必然的にグロサリー部門の捉え方が変わってくる。

生鮮で差別化が可能であれば、同時にワンストップショッピングとしての同時購買は可能であるが、同時に店舗としての生鮮の魅力以外は来店動機が無くなるのである。

  店舗としての来店動機にグロサリーをどう活用するか。

生鮮が行ってみなければわからない、という来店動機があるとしれば、グロサリーも行ってみなければわからないという意外性のあるタイムサービスや日替わりサービスがあっていいかもしれないし、その品揃えが面白く、これ食べてみたいという菓子、その調味料で料理してみたいという意外性のある単品が豊富に品揃えされているという部門にしても楽しさがあっていいだろう。

  問題はどこまでやれば顧客が感じてくれるか。

そして、その品揃えの豊富さを、現場の担当者(パートも含む)が、どう理解しどう行動し、そしてどう実現するかである。

  それには普段からの売る楽しさの追及が重要なのである。

個店で品揃えを工夫するということは、個店の担当者が売る楽しさを追及できる環境にあるということであり、それは企業のリーダーや店舗のリーダーがその環境を整備しているということである。

  そこがグロサリー部門の分かれ道になろうか。

グロサリーは製造部門とは異なる。

  よって作る楽しさは薄い。

逆に、売る楽しさを徹底して追及しなければならない部門なのである。

  その方向性をしっかりと掴んでほしいものである。


PS
2月9日(水)開催の「52週MDセミナー」の一部を公開致します。
 以下のような内容で毎回翌月のMDセミナーを開催しております。
 次回は3月9日(水)を予定。近日中に申し込みURLを公開予定。

 動画で見る「52週MDセミナー3月編」
  ①52週MDセミナー3月編(データで見る3月のイベント)
  ②52週MDセミナー3月編(3月全般の概況説明)
  ③52週MDセミナー3月編(各週各部門別写真説明)

1月21日(金)開催の「データマネジメントセミナー」の一部を公開致します。
 以下のような内容で計3回にてデータ活用のセミナーを開催しております。
 次回はこの記事の下位にも記載しましたが、2月25日(金)開催予定。

 動画で見る「データ活用セミナー第1回目」
  ①データ活用セミナー1回目(客数データの活用)
  ②データ活用セミナー1回目(具体的写真説明)
 
是非、動画(YouTube)をご覧頂き、次回以降のセミナーから学んで頂ければと思います。
よろしくお願い致します。


今後開催のセミナーのご案内。

①データマネジメントセミナー第2回目

225 
日時:2022年2月25日(金) 13:00~15:00
定員:30名
対象者:地域に密着した店舗を目指す小売業のご担当者様
    店舗運営部長、バイヤー、SVなど店長を育成指導する方全般
参加料:法人30,000円(30名まで) 個人10,000円(1名まで)
参加方法:オンラインセミナー(Zoomにて開催) ※後日アーカイブ配信あり

  データマネジメントセミナーの申し込みはこちらから

*全セミナースケジュールはこちらでご確認を



食品商業3月号が発売されました。

Image with no description

当方の執筆は以下の通りです。
①「ローカルスーパーの為の店舗視察ポイント」
②「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
  一時限目 ~ ファイブマネジメント
  二時限目 ~ 52週MDマネジメント

是非、お楽しみください。





|

« 月9ミステリから | トップページ | Web会議ツール »

商売」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
生鮮出身の店長なのかグロサリー出身の店長なのかでもグロサリーへの関与の仕方は異なるかもしれませんね。生鮮と違ってグロサリー部門は結果が出るまでのタイムラグが長いのでなかなか関与した結果検証がしずらいという部分がありますが、その結果の出し方にもいろいろな手法がありそれを学ぶのにも時間がかかるかもしれません。それでも店内レイアウトや季節感の先取り、そして生鮮とのコラボ等を実践してみると面白い結果が見えてくるもの。そんな関わりからのグロサリーの見直しをしていきたいですね。

投稿: てっちゃん | 2022年2月14日 (月) 09時37分

そうですね。グロッサリーは売る楽しみしかない。だからこそ店長が口を出しやすい売場とも言えますね。生鮮強化と言えども利益貢献度は高いグロッサリーですから店長は積極的に介入(口出し)してほしいですね(笑)。

投稿: dadama | 2022年2月14日 (月) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月9ミステリから | トップページ | Web会議ツール »