« 300坪スタイルの開発 | トップページ | Beijing2022 »

2022年2月19日 (土)

バレンタイン動向

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


今年のバレンタイン。

  聞けば聞くほど萎えてきてしまう(笑)。

何故か?。

  各企業とも売切り後免の展開。

もっとも、当方も52週MDセミナーでも同様のアドバイスをしているから、私が言えるような立場ではないのだが。
それにしても、食品スーパーとしてのバレンタインの取り組みというか展開に関しては、完全に一時の盛り上がりは消えていた。

  “義理というワードと共に消えたイベント”

食品スーパーにとっては、これが今年のバレンタインに対する捉え方であり、これは今後益々定着していくであろう。
そして、義理というワードに乗ったチョコレートから、自分へのご褒美であり友とのコミュニケーションとしてのチョコというワードへ完全に移行してきた感がある。

  「好調でした」

多くの方はそういうが、その好調という比較自体が昨年割れで「可」とする意識の強さからくるのであろう。

  その前提があっての今年の予定通りの結果。

想えば、上記の「義理」というワードがこの日本から徐々に消えつつあるようで寂しい限りではある。

  義理。
  人情。
  恩義。

そのようなワードが徐々にこの世界から消えていくような不安であり寂しさが募るのは私だけではないであろう。

  そしてそのような義理チョコという関わりが消えつつある現実。

その現実をどう捉えればいいのかという別の世界観はさておいて(笑)、これからのバレンタインというイベントのキーワードは以下の通りになっていくであろう。

  それは「美味しいチョコを食べる日」。

または、普段の自分へのご褒美として「日頃食べたいと思っている美味しそうなスィーツを食べる日(食べてもいい日、それが許される日)」といイベントへ展開していくのであろう。

  そう考えた時の来年のバレンタインをどう考えるか。

よって、そこへ向けて今からの品揃えであり直近のイベントへの対応が、来年のバレンタインへ繋がることを意図しながら、早々に次回のひな祭りへと続けていかなければならない。

  いろいろな意味で「冷凍食品」の移行が進む昨今。

その反動として、本来の「味」であり「美味しさ」から離れていく普段の食生活。
その普段に対して、「味」への回帰であり「美味しいへ」の回帰をどこに求めるのか。

  そんな回帰という意味での自分へのご褒美として位置付け。

そんな位置づけとしての、バレンタインやその他のイベントが、そのような位置づけに転換していくのかもしれない。

  そんな第一歩としての今年のバレンタイン。

そんな風に捉えてしまう今年のバレンタインであった。




PS
2月9日(水)開催の「52週MDセミナー」の一部を公開致します。
 以下のような内容で毎回翌月のMDセミナーを開催しております。
 次回は3月9日(水)を予定。近日中に申し込みURLを公開予定。

 動画で見る「52週MDセミナー3月編」
  ①52週MDセミナー3月編(データで見る3月のイベント)
  ②52週MDセミナー3月編(3月全般の概況説明)
  ③52週MDセミナー3月編(各週各部門別写真説明)

1月21日(金)開催の「データマネジメントセミナー」の一部を公開致します。
 以下のような内容で計3回にてデータ活用のセミナーを開催しております。
 次回はこの記事の下位にも記載しましたが、2月25日(金)開催予定。

 動画で見る「データ活用セミナー第1回目」
  ①データ活用セミナー1回目(客数データの活用)
  ②データ活用セミナー1回目(具体的写真説明)
 
是非、動画(YouTube)をご覧頂き、次回以降のセミナーから学んで頂ければと思います。
よろしくお願い致します。


今後開催のセミナーのご案内。

①データマネジメントセミナー第2回目

225 
日時:2022年2月25日(金) 13:00~15:00
定員:30名
対象者:地域に密着した店舗を目指す小売業のご担当者様
    店舗運営部長、バイヤー、SVなど店長を育成指導する方全般
参加料:法人30,000円(30名まで) 個人10,000円(1名まで)
参加方法:オンラインセミナー(Zoomにて開催) ※後日アーカイブ配信あり

データマネジメントセミナーの申し込みはこちらから


②52週MDセミナー(4月編)

52md4 

日時:2022年3月9日(水) 13:00~14:30
定員:30名
対象者:地域に密着した店舗を目指す小売業のご担当者様
    店舗運営部長、バイヤー、SVなど店長を育成指導する方全般
参加料:法人15,000円(30名まで) 個人5,000円(1名まで)
参加方法:オンラインセミナー(Zoomにて開催) ※後日アーカイブ配信あり

52週MDマネジメントセミナーの申し込みはこちらから


*全セミナースケジュールはこちらでご確認を



食品商業3月号が発売されました。

Image with no description

当方の執筆は以下の通りです。
①「ローカルスーパーの為の店舗視察ポイント」
②「てっちゃん流 勝てる!店長塾」
  一時限目 ~ ファイブマネジメント
  二時限目 ~ 52週MDマネジメント

是非、お楽しみください。


|

« 300坪スタイルの開発 | トップページ | Beijing2022 »

商売」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
逆に考えれば、日本でバレンタインが流行した本来の目的である「女性からの告白」という正当性を承諾したイベントということを考えると、義理という贈り物はその本来の目的や意図から外れるものであり、単なるメーカーや販売側の日本人の義理心を喚起した裏技とも言えますから、その裏技からようやく解放されたという意味でも、コロナ禍の功績は大きいかもしれませんね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2022年2月19日 (土) 11時24分

コロナウィルス騒動で巣篭もり傾向が続く中、バレンタイン的イベントも間接的な接触イメージがあり無意識のうちに自粛された方も多いと思いますね。売り手も買い手も盛り上がりに欠けた感は否めませんね。コロナと共に義理チョコも淘汰されてしまいますかねー(笑)。

投稿: dadama | 2022年2月19日 (土) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 300坪スタイルの開発 | トップページ | Beijing2022 »