« 4つのハードル | トップページ | リターンライダー »

2021年12月 4日 (土)

最後は基本

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


先日、ある店長研修会が開催された。

  私はその研修会の講師として約2時間ほどの時間を頂いた。

内容は「競合対策」。

  いまや避けられない競合対策。

どの店舗にも一つや二つ、いやそれ以上の競合店を抱える店舗がほとんどであろう。
そして、現在の店舗における業績対策とは、競合対策から切り離して実践するわけにはいかないのである。

  “当社は競合対策を優先しない”

そう言い切る経営者の方や店舗運営の責任者の方もいるかと思うが、企業としてのあるべき売場作りや人材マネジメントをしっかりと店長教育に掲げている企業もあろうかと思う。

  しかし現実には競合店に業績を振り回されているのが現実であろうか。

だから結果して、競合店に売価を合わせるとか競合店のチラシ如何で業績が変化するとか、競合店が開店したことにより業績が一気に低迷したりすることとなるのである。

  業績を握るのはもはや競合店なのである。

しかし、競合店への対応のみに終始するのであれば、当然にその企業やその店舗がどこの国籍なのかも不明なほどに現住所が不明となり、国家不在となる可能性もある。そこから、競合店に振り回されずにしっかりと現住所の地ならしを優先する企業も多いと思われる。

しかしそれでは益々本部主導のオペレーション主体の企業となっていくであろう。

  要は店舗の店長としての存在価値である。

競合対策とは基本的に個店の店長の領域である。
その個店の店長でしか、自店の周囲の競合店を特定できないし、特定した段階でどう対応、対策を打ち、業績を改善していくのかという行為は個店の店長が企業にとっても最適な存在となるからである。

  そこが主体となって競合対策を打つ。

でなければ詳細な対策にならず、継続的に店舗全体で総合的に対策を打つことも不可能となる。
よって、主体的に競合店のどこをどのようにマークし、どう顧客獲得を図るのかというような内容のセミナーを行った。

  そしてその後にその周辺の競合店調査のグループワーク。

そこで改めて感じたのは、基本の徹底という項目である。
いろいろとポイントとなる視点で競合各社を調査したのだが、そこで参加した各企業の店長達が改めて関心したのは「基本」という二文字である。

確かに、自店に置き換えて競合店同士の売場や販促を見比べたのであるが、その視点と同時に感じたのは、基本的な接客であり清掃であり欠品であり鮮度という項目での競合店同士の格差である。

  基本も出来ずに競合対策も無いのではないか。

それほど今回の競合店調査から見えてきたのは、単純な比較の中での、鮮度、欠品、接客、安心というテーマでの店舗間格差でもあったようだ。

  それはそれで重要な事である。

そういう意味でも、基本の4s(鮮度、品切れ、清掃、接客)の部分は、リアルな商売をしていく上では非常に重要な競合対策となりえるのである。

  それがやはり戻る場所。

その場所を確保した後で(基盤として)、競合対策とは実践されるべきものなのであり、それも顧客視点での五感という部分での重要性なのである。




当方の販売力セミナー。

  今後の日程は以下の通りです。

12月1回(有料)となっている。

【今後のスケジュール(予定)】 
 
・12月  8日(水)13時~ 販売力強化策③&52週MD(1月編)有料
  *申し込みはこちらから

上記日程の予定で進めている。
いずれも午後1時~2時30分までの1時間30分の予定。
  
11月以降の有料版においては、販売面でのより充実した販売強化策と翌月の月間MDを導入し、無料セミナーの概略とは異なりより詳細な販売事例を基に、店舗で実践できる販売力強化セミナーを3回に分けて取り入れていきたいと考えている。よって3回連続で視聴していただくことでより詳細な販売力強化策として学ぶことが出来る。

また、有料版視聴の方には後日アーカイブ動画の視聴も可能となり、当日視聴できなくても後日ゆとりをもって視聴できるのである。

  有料セミナーとしても格安(法人一回視聴3万円 個人一回視聴1万円)な内容かと思われる。

少しでもてっちゃん塾の考え方やスタンスを知っていただきたいと考え、データシステム会社のデータコムさんとコラボにて実現できたものである。


|

« 4つのハードル | トップページ | リターンライダー »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
コウモリの目からどんどん進化して「モグラの目」まで到達しましたね(笑)。
氷山の一角でしか見えない目から、モグラのように地下に潜って水中の氷や地下の基本を見る目。見えないものを見る目を養うことは人生観を養う事。世の中表面上に見える数値以上にモグラの目から推察する、仮説を立てる、そのような視点の引き出しを積み上げるかが重要でしょうか。

投稿: てっちゃん | 2021年12月 4日 (土) 10時39分

競合は自店を磨く砥石と言いますが錆び付いたり刃が欠けたりと磨く以前の状態である事も多いですね。先ずは当たり前の事を当たり前に出来るようにする。当たり前の事とはお客様が来店して頂き必要な商品と買いたいと思う商品がストレス無く変える場を提供する事。
中でもお客様が必要とする商品をしっかりと提供する。競合が出来ると客数減による値下廃棄ロスを憂い守りに入る事は出来ても欠品によるチャンスロスに目を向ける店長は少数でしょうか。
原因は値下廃棄ロスは帳票数値として表せるがチャンスロスの数値は表せれない。つまりチャンスロスに目を向けない店長=現場を見てない店長と言うのはコウモリを超えてモグラのアングラ目線でしょうか(笑)。

投稿: dadama | 2021年12月 4日 (土) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4つのハードル | トップページ | リターンライダー »