« 食品商業への掲載 | トップページ | 4つのハードル »

2021年12月 2日 (木)

生鮮強化の反動

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


生鮮の強化。

  食品スーパーとしての方向性であろうか。

生鮮を強化して、食品スーパーとしてのワンストップショッピング性を強化し、追随する業界の競合店との差別化を図り、更には周辺立地に点在するドラッグストアにも差別化を図るためにも、生鮮の強化は必須事項であろう。

  しかし・・・ 。

生鮮を強化するという事は、人員面でもそれ相応のコストを掛けるということでもある。

  生鮮にコストを掛けて本当に強くなれるのか。

そんな不安と、生鮮強化を図っても早々に業績に反映されるか否かは不透明である。

  生鮮に厚くした人件費をどこで削減するか。

そこに二通りの選択肢が生まれるのである。

  センター稼働による軽減。
  グロサリーの作業効率化。

上記二つの選択肢により、生鮮強化を図る企業が今後は増加してくるであろう。

  現にそんな店舗開発が生まれ始めている。

徹底した、惣菜の強化と冷凍食品の強化。
逆に、グロサリー部門の売場と作業の効率化。

又は、徹底した生鮮の強化による売場の拡大。
逆に、グロサリー売場の縮小と作業の効率化。

  当然生鮮惣菜売上増のグロサリー売上減。

そのような傾向を想定しながらの新店舗の開発や店舗改装が増加している。

  しかし食品スーパーとしてのバランスも重要。

生鮮特化すればするほど、グロサリーの売場が縮小し、売上も減少していく。

  グロサリーの売上ウェイト。

それは決して侮れない。
食品スーパーの構成比として、5割を超える店舗がほとんどであろう。

  そして利益構造もある程度安定して見えている部分も多い。

なんと言っても生鮮部門に比べて人時生産性が高いのが魅力である。
メリットの多いグロサリー部門を敢えて切り捨てていく。

  なかなか押し切れるものではない。

しかしそのグロサリー部門の商品はどんどん外部の競合業態に押し切られていく。

  ドラッグ、コンビニ、そしてネット販売。

そこから、グロサリーの品揃えをナショナルブランドから、こだわりブランドでありプライベートブランドへ移行していこうという流れになっていているのも確か。

  どちらかというと小型店でのそんな取り組みが特徴的であろうか。

同じ食品スーパーとはいえ、上記のように生鮮特化型、バランス型、そしてこだわり強化型へと移行しながらその役割に応じた品揃えに変化していくのではないだろうか。





当方の販売力セミナー。

  今後の日程は以下の通りです。

12月1回(有料)となっている。

【今後のスケジュール(予定)】 
 
・12月  8日(水)13時~ 販売力強化策③&52週MD(1月編)有料
  *申し込みはこちらから

上記日程の予定で進めている。
いずれも午後1時~2時30分までの1時間30分の予定。
  
11月以降の有料版においては、販売面でのより充実した販売強化策と翌月の月間MDを導入し、無料セミナーの概略とは異なりより詳細な販売事例を基に、店舗で実践できる販売力強化セミナーを3回に分けて取り入れていきたいと考えている。よって3回連続で視聴していただくことでより詳細な販売力強化策として学ぶことが出来る。

また、有料版視聴の方には後日アーカイブ動画の視聴も可能となり、当日視聴できなくても後日ゆとりをもって視聴できるのである。

  有料セミナーとしても格安(法人一回視聴3万円 個人一回視聴1万円)な内容かと思われる。

少しでもてっちゃん塾の考え方やスタンスを知っていただきたいと考え、データシステム会社のデータコムさんとコラボにて実現できたものである。





|

« 食品商業への掲載 | トップページ | 4つのハードル »

商売」カテゴリの記事

コメント

k,kさん、コメントありがとうございます。
確かに小売業界のDXもわかりますがねぇ~。現場の現実からかけ離れた領域に飛びすぎているような気もしますよね(笑)。
リアルな小売業のリアルな現実から目を離すと目の前の競合にごっそりとリアルなお客様をさらわれてしまうような危機感を感じますね。

投稿: てっちゃん | 2021年12月 2日 (木) 23時24分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
まさに本日のzoomにてのミーティングの内容そのものですね(笑)。
利益構造を大きく改革しないと表面上だけのモノマネでは到底継続できない部分が見えてきました。

投稿: てっちゃん | 2021年12月 2日 (木) 23時15分

当社も生鮮強化を謳ってますが人件費を削減しながらなので何をしたいのかよく解りません(笑)時間内で最大限の努力はしていますが。先日はアルバイトの子と私の二人だけでした。💦 今後シニアの大先輩方がリタイヤしていくと益々大変になる様が目にうかびます。年末も各部門からデリカに応援体制の話を店長がしていましたが鮮魚はなし。どこのスーパーもそうだとは思いますが、鮮魚にも来てほしいです。粗利を稼ぐ仕事が人員、人員不足では出来ないのもわかっていないでしょう。上に行けば行くほど忘れてしまうのでしょうか。

投稿: k,k | 2021年12月 2日 (木) 19時31分

生鮮と冷凍。一見すると相反しそうですが店舗で解凍して生鮮もどきで売る商品もかなりあり。
一番美味しく頂くにはどの様な状態が良いのか。
冷凍、解凍するにしても業務用と家庭用ではスペックも違いますからお客様に正直な情報を流す事も必要な時代でしょうか。売手に不都合な情報もネットで簡単に入手出来る時代だけに。

投稿: dadama | 2021年12月 2日 (木) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食品商業への掲載 | トップページ | 4つのハードル »