« 感動の共有 | トップページ | 三十路のアイドル? »

2021年11月13日 (土)

閉店

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


閉店。

  店舗の閉鎖。

いろいろな理由があるだろう。

  採算が合わずに敢え無く閉店。
  企業の方向性による政策閉店。
  他企業からの買収による閉店。
  
さまざまな理由により、今まで数年から数十年間その地で営業し地域の暮らしに貢献してきたお店が閉店を余儀なくされる。

  その経験をした店長も多いであろう。

私の仲間にもそのような経験を持つ方が数多くいる。

  その内心は如何ばかりか。

上記理由の中で、他企業からの買収等による一方的な閉店に携わる店長や従業員の心境が一番悔しいのではないだろうか。

  いままで何十年もその地で食のインフラを提供してきた実績。

それによって、その地に根差し、地域の顧客からの信頼も得て現在に至るお店が、他企業の買収によりその企業の事情から閉鎖されるに至る場合、業績とは無縁の閉鎖であり、働く立場からしても非常に残念な心境であることは察するに余りある。

  特に昨今は企業買収が頻繁である。

大手企業が中小を買収する。
ドラッグが地方を買収する。
中小と中小が地域連携する。

  いろいろな吸収や合併のスタイルがあろう。

特に、ドラッグが地方スーパーを吸収合併する場合は非常にドラスティックが手法が用いられる。

  ドラッグの食品スーパーに対する価値観。
  食品スーパーが積み上げてきた存在価値。

その双方のギャップが大きければ大きいほど、吸収合併された食品スーパーのその後の価値は激変するのである。
そう考えるといずれにしても従来の仕事観を180度変えなければならない状況になるであろう。

  食品スーパーとして如何に競争力を高めるか。

そのパラダイムが全く通用しないのである。

  その良し悪しを問うのではない。

企業吸収されるというのは、そのように個人が積み上げてきたパラダイム(原理原則)がいとも簡単に覆されてしまうということである。

  そしてそれを前提に閉店作業に携わる。

そんな企業が続々と生まれている現実。

  “てっちゃんそれは当然でしょう”

そういう言葉も投げかけられるであろう。確かにそれは自分の身は自分で守るという競争原理ではあるが、いままで信じて実践してきた自らの企業で培ってきた原理原則が、新たな環境下では全く通じないという経験は、やはり経験したものでなければ理解できない苦しさでありもどかしさである。

  そしてそれは自らの無力感にも繋がっていく。

“俺は今まで何を学んできたのであろうか”

  結局は無力な原理原則を必死に学んできただけなのか。

そんな疑念に苛まされながら新たな仕事の環境へ向かっていくのである。

  それをピンチと取るかチャンスと取るか。

そんな環境にある方たちに贈りたい。

  「是非それをチャンスに転換してほしい」。

そんな仲間達に送りたい言葉である。




当方の販売力セミナー。

  今後の日程は以下の通りです。

11月1回(有料)、12月1回(有料)となっている。

【今後のスケジュール(予定)】 
 
・11月24日(水)13時~ 販売力強化策②&52週MD(12月後半編)有料
  *申し込みはこちらから

・12月  8日(水)13時~ 販売力強化策③&52週MD(1月編)有料
  *申し込みはこちらから

上記日程の予定で進めている。
いずれも午後1時~2時30分までの1時間30分の予定。
  
11月以降の有料版においては、販売面でのより充実した販売強化策と翌月の月間MDを導入し、無料セミナーの概略とは異なりより詳細な販売事例を基に、店舗で実践できる販売力強化セミナーを3回に分けて取り入れていきたいと考えている。よって3回連続で視聴していただくことでより詳細な販売力強化策として学ぶことが出来る。

また、有料版視聴の方には後日アーカイブ動画の視聴も可能となり、当日視聴できなくても後日ゆとりをもって視聴できるのである。

  有料セミナーとしても格安(法人一回視聴3万円 個人一回視聴1万円)な内容かと思われる。

少しでもてっちゃん塾の考え方やスタンスを知っていただきたいと考え、データシステム会社のデータコムさんとコラボにて実現できたものである。


|

« 感動の共有 | トップページ | 三十路のアイドル? »

商売」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
かわらいさんの人間性をこれからもブレずに発揮していけば、道は必ず開けてきます。
応援しております。

投稿: てっちゃん | 2021年11月27日 (土) 07時41分

てっちゃんこんばんは!
先日は本当にありがとうございました!
おかげで吹っ切れました。
dadamaさんにも報告済です。笑

投稿: かわらい | 2021年11月26日 (金) 20時07分

dadamaさん、コメントありがとうございました。
昨日も当事者の方とお会いし、意見交換しましたが、その想いは複雑。
とは言っても激変していく環境の中で如何に前を向けるか。それもチャンスの在りどころを模索しながら前を向き、その波に如何に乗っていけるか。そんな環境の中ではやり一番重要なのは如何に今まで人間性を尊重しながら生きてきたかという真摯な人生観。そこがブレなければ必ず誰かがそばに寄り添ってくれるもの。そしてこのピンチがチャンスに転換してくれることを願うばかりですし、それを確信できた一日でした。

投稿: てっちゃん | 2021年11月14日 (日) 06時58分

はい。私もしっかりと経験致しました(笑)。
もう終身雇用にあぐらをかいてる時代は終わりましたね。勿論、会社が食われても雇用は保証されるでしょう。然しながら収入が大きく減ずる覚悟も必要。だからこそ今は商売に対する価値観をしっかりと持ち自らの勝ちパターンを構築する事が求められる時代と感じます。
寄らば大樹の陰のイエスマンも人生観と一致すのならそれで良し。但し船が転覆した時には助けてくれるかは疑問ですが(笑)。
とあるコンサルの方が言われる「現住所」職場は変われど自身の現住所や本籍には誇りをもっていたいですし認めてもらう努力をせねばですね。

投稿: dadama | 2021年11月13日 (土) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感動の共有 | トップページ | 三十路のアイドル? »