« 11月からのアジェンダ | トップページ | 今期のドラマから »

2021年10月 9日 (土)

具体化するほど

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


当方のファイブマネジメントセミナー。

  今後の日程は以下の通りです。

日程は、10月2回(無料)、11月2回(有料)、12月1回(有料)となっている。

【今後のスケジュール(予定)】 
 
・10月15日(金)13時~ ファイブマネジメント及び52週MD(ボジョレ解禁編)無料
  *申し込みはこちらから

・10月28日(木)13時~ ファイブマネジメント及び52週MD(ボジョレ解禁編)無料
  *申し込みはこちらから

・11月11日(木)13時~ 販売力強化策①&52週MD(12月前半編)有料
  *セミナー内容はこちら

・11月24日(水)13時~ 販売力強化策②&52週MD(12月後半編)有料
  *セミナー内容はこちら

・12月  8日(水)13時~ 販売力強化策③&52週MD(1月編)有料
  *セミナー内容はこちら

上記日程の予定で進めている。
いずれも午後1時~2時30分までの1時間30分の予定。
  
  10月の内容はファイブマネジメントの概略と11月ボジョレ解禁MD。
  11月と12月の有料版においては販売強化策①~③と52週MD(12月~1月)。

10月は従来のファイブマネジメントセミナーの概略を中心に、そして11月以降の有料版においては、販売面でのより充実した販売強化策と翌月の月間MDを導入し、無料セミナーの概略とは異なりより詳細な販売事例を基に、店舗で実践できる販売力強化セミナーを3回に分けて取り入れていきたいと考えている。よって3回連続で視聴していただくことでより詳細な販売力強化策として学ぶことが出来る。

また、有料版視聴の方には後日アーカイブ動画の視聴も可能となり、当日視聴できなくても後日ゆとりをもって視聴できるのである。

  有料セミナーとしても格安(法人3万円 個人1万円)な内容かと思われる。

少しでもてっちゃん塾の考え方やスタンスを知っていただきたいと考え、データシステム会社のデータコムさんとコラボにて実現できたものである。






情報。

  受け手が変わると情報への嗜好も変化する。

それほど情報とは受けてが主体ということであろう。

  特に商品部と販売部での情報欲求は大きく異なるのも事実。

企業を一つの組織と捉えて、その大きな販売部への情報提供においては、極力個別の事情を省き、全店が一同に取り組める情報をメインに、あるべき方向性が伴い、自社の方針やマニュアルに沿った情報提供を目指したがる。

逆に情報の受け手である販売部は個別対応が可能な、より具体的でより実践的な情報欲求が高く、現場で店長や担当者が即行動できるレベルの具体性であればあるほどに実践のスピードの高い情報活用をしようとする。

  情報の流れが逆の場合も同様であろうか。

現場からの発信の場合。

  個店での成功事例や課題解決を本部発信。

しかし、本部や商品部で個別の情報提供を受けても、その解決策や成功事例も全店へ波及効果のあるのか否かで、その情報が現場へ転送されないケースも多くなる。

  ここの企業色が大いに反映される。

個別情報ではあるが、良さの事例として有効であればどんどん現場へ転送する企業。
個別情報であるが故に、全店への波及を控え、あくまでも情報の一元化を図る企業。

  組織が大きくなればなるほど前者のケースが多い。

もっともそれは当然なのかもしれない。それだけ本部発信の情報に溢れ、とても個店の成功事例を発信するほどのなんでもありの情報提供が出来ないこともあるだろう。

  逆に中小であれば個店対応が可能である。

そして、それが中小の強みとして取り組まなければならないテーマなのである。

  一つの成功事例を徹底して共有する。

これは、小規模の組織だからこそ可能なのであり、それを強みとして個店の強みを発揮させ地域の顧客の喜ばれる常に新たな取り組みの溢れる組織になっていく必要があろう。

  そしてそれだけ中小では仕入れと販売が密接に繋がっているのだ。

極論を言えば、自分で仕入れて自分で売る。
よって、仕入れ担当者が販売するから、より大きな成功を生み、それがダイレクトの外の数店舗の共有されるのである。

  このダイレクトさが中小の強み。

または、大組織でもエリアでの自律的な組織形態であれば可能となろう。

  それだけ現場に決定権があるか否か。

そしてそれが仕事の楽しさとして共有されればされるほど、情報はより有効な武器となって組織を救うのである。







  

|

« 11月からのアジェンダ | トップページ | 今期のドラマから »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
コロナ禍による特需、そしてそれは意外に8月以降も継続してきましたが、ここに来て一気にその勢いがしぼんできたような気がしますね。
今月に入ってからの感染者の急速な落ち着きにより、第6波の狭間にはあるでしょうが、どうもワクチン接種の効果がかなり出ているようですね。これが人々の今までのストレスを晴らすように一気に外出や外食に流れていくのではないでしょうか。そうなったら今年の年末商戦は昨年とは真逆の流れとして、都心部から地方へ大きな人流が発生するでしょうね。早々にそなえなければならない項目だと思われます。アウトローに徹しなければ(笑)。

投稿: てっちゃん | 2021年10月 9日 (土) 12時03分

本部情報と現場の最適バランスを見極めるのが店長の職務と思うのですが当社は運営管理面では前任企業より長けていますが商品管理面は弱いと感じています。コロナ特需で何もしなくても売上が伸びた時期から一転して平日の生活に戻りつつある中、来期以降の営業数値は店舗が自主的に動かないと厳しくなるでしょうから営業面の数値を如何に売上に結びつけるのかに備えねばですね。
ちなみに買上点数の考え方は自社のデータは部門客数しか反映されないし、本部の従業員教育にもないので待ったが掛かりました。
どこに行ってもアウトローにしかなれませんが
アウトロー店長&部長とタッグを組んで嵐に備えますよ(笑)。

投稿: dadama | 2021年10月 9日 (土) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月からのアジェンダ | トップページ | 今期のドラマから »