« セミナー受講生からの感想 | トップページ | 部門兼務というハードル »

2021年9月14日 (火)

継続がもたらすもの

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


継続は力なり。

  このブログでも何度も取り上げている内容。

http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/52-e123.html

  特にこのブログと52週MDの継続は皆から評価される部分。

そしてどちらも継続するのに重要なのは、最初の一年であろうか。

  最初の一年継続できたら後は黙ってでも続いていく。

それだけ、最初の一年とは非常に重い一年なのである。

  なぜか?

結果が見えないから。

  誰だって結果が見えないことを継続する余裕はない。

それではなぜ、私はブログも52週MDも継続できたのか。

  継続することの意味を知っていたからである。

それは、小さいころからの野球をやり続けて高校野球までやってきたこと、大学でボートに転じ4年間やり続けてきたこと、そして企業に入り、それ相応にこの業界でやり続けてきたことから学んだ、人生の原理原則。

  そのようなものが新たな事へのチャレンジと継続をもたらした。

それでも最初の一年は最大のヤマ場が待っている。

  ブログを書き続けて何が待ってているのか?。
  52週MDを継続して何が待っているのか?。

当初の目的は、ブログは私のストレス発散であり、52週は興味本位から始めた要素が大きかったということもあろうか。

  大きな大志を抱いて始めたわけではなかった。

大きな大志を持っていなかったからかもしれないが、当初から大きな目標を掲げてのスタートでもなかったのも一因あるかもしれない。

  しかしどちらも不得意な分野でも無かったのもあろうか。

大学時代から書くことは好きだった。
ボート部の時の、年度末の作文(一年を振り返っての自由な作文)も本題以外に数本の作文を面白おかしく入稿したし、52週もかっての企業では店長平台の売場作りでは何度も入選していたこともあり、比較的得意な部分ではあったのかもしれない。

  しかしだからと言って途中で投げ出したくなることは多かった。

理由は、結果が見えないから。

  やはり結果が見えないことへの不安は大きい。

結果が出ない、結果が見えない、結果が思わしくない、それはまさしく今現在取り組んでいる事の継続が問われる最大の理由である。

  しかし初めから結果の出るものは誰でも継続するのである。

そしてそれは激しい競争の世界へと飛び込むことになるのである。
しかし、継続してようやく10年目になって周囲との差が明確になり、その取り組みが花開くものでもある。

  それは継続してこその人生観。

そして継続してきた人間だからこそ見えてくる世界。
しかし、52週MDなどは、一年経過した段階で、その効果が歴然と見えてきたものである。

  なぜ他者は一年やり続けないのだろうか。

やった人間だけがわかる世界では、ある。







  

|

« セミナー受講生からの感想 | トップページ | 部門兼務というハードル »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさんへ。
完璧なマニュアルとプライド。
重要なキーワードですね。
完璧なマニュアルは各企業とも有していると思われますが、それが各人に有効に活かされているのか、各人がそのマニュアルをベースに如何にチームでのそして個人でのアレンジによって、最大の目的である顧客満足に貢献しようとするプライドがあるのか否か。
重要なポイントですね。

投稿: てっちゃん | 2021年9月14日 (火) 21時47分

ディズニーランドもキャスト(パート、アルバイト)の出入りは多いはず。ゲストを満足し続けるキャストのクオリティーを維持するには完璧なマニュアルと教育システムがありますし、働くプライドも伴うのでしょうね。

投稿: dadama | 2021年9月14日 (火) 19時06分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
→スーパーのディズニー化。
大きく飛躍しましたね(笑)。
しかしディズニーランドはそのエリアエリアで如何に来店された方を感動させられるかを最大の使命として知恵と工夫を凝らしていますから、来店されるというリアルな感情を持つお客様への視点は注目できるでしょうか。
そして意外にそんな売場が今後の競争力には必須と思われますね。

投稿: てっちゃん | 2021年9月14日 (火) 08時06分

私が殺気殺気と揶揄する様に目的や意識が無い仕事には結果が出ないのは必然ですね。
大部分がやらせ感の仕事になっているのが現実でしょうか。商品も並べるだけで売る殺気を感じない(笑)。AIや作業効率化も作業密度を上げる仕組としては有用ですが、従業員までロボット化すると人間の感性を持つお客様はどう感じますかね(笑)。52週MDも売場に魂を入れる事ですから従業員の仕事に対する意識や誇りで大きく左右されると思います。但し本部がゾーニング、レイアウト、パターンの全責任と権限を持つ企業はロボット従業員が全てでしょうが・・・話はとんでも無く飛びますがサービス業として捉えればスーパーはディ●ニーラ●ドを目指しても良いのかも(笑)。

投稿: dadama | 2021年9月14日 (火) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セミナー受講生からの感想 | トップページ | 部門兼務というハードル »