« 視点の違いからの競合対策 | トップページ | セミナー受講生からの感想 »

2021年9月12日 (日)

異能軍団乃木坂4期生

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

今日も乃木坂の話題。

  乃木坂に関してはkazuさんもあまり関心はないが。

しかし、今やアイドルグループで一大勢力は乃木坂46であり、独走状態といっても良いであろう。

  なぜこうなってしまったのか。

やはりメンバーの話題性が常に新鮮に伝わってくるかといことであろうか。

  それも本人たちが出しゃばらずに。

そのあざとさが見えない中で、一人一人のメンバーの顔と名前とその特性や異能ぶりが徐々にみえてくるという部分が乃木坂には未だ豊富に存在するのである。

  それが一番末席の4期生まで発揮されているのが乃木坂の強みである。

通常は一番の新入生であるメンバー達は、選抜常連の先輩メンバーの知名度に押されてなかなか芽が出ないのが通常であり、その異能ぶりに日が当たらずに自然消滅していくのが通常であろうか。

  従来のアイドルグループはそう見えた。

しかし、乃木坂46というグループは一人一人にしっかりと光を当て、その異能ぶりが常に新鮮に見える化されて公開されているのである。

  これは運営の手腕でもあろう。

例えば、4期生の林瑠奈。

  自己紹介を積分を用いて黒板で説明する。

未だかってない自己紹介の手法に、数学好きのファンがそれを取り上げて自分のYouTubeにアップして広まっていったり、帰国子女の清宮レイ、北川悠理、黒見明香らは英語や中国語がペラペラで、乃木坂の冠番組でもよく披露されている。

  更には他のメンバーも含めて他の番組やラジオでも単独で活躍しているのである。

乃木坂という一つの集団に留まらずに、その枠を超えて自分自身の能力を他で発揮するチャンスをものにしているといってもいいであろう。

  そこからいろいろな情報が周知されていくことになる。

そこに、乃木坂というネームバリューが活かされることにはなるのであるが。

更に、4期生の松尾美佑はバック転もボルダリングも出来るというし、早川聖来はオリジナルで作詞作曲をしていたという。
そして、掛橋紗耶香はギターの弾き語りが得意だし、人を褒めることが得意な佐藤璃果、謝罪ちゃんのあだ名を持つ矢久保美緒等、4期生全員のキャラがもうすでに周知のこととなっているのである。

  これが乃木坂の強みであろうか。

逆に3期生の方がどちらかというと中途半端な存在になりつつあるが、3期生は3期生でそれぞれが独自路線にて自らの道を歩み始めているメンバーが多い。

  乃木坂46という存在価値が見えてくるようである。

要は、ここを起点に如何に独自路線を自らの足で歩み始められるか。

  結局はオリジナルな強みを持たねばならない。

それは芸能界だろうがビジネスの世界だろうが同じこと。

  そんな目線で乃木坂に注目したいものである(笑)。





|

« 視点の違いからの競合対策 | トップページ | セミナー受講生からの感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

てつろうさん、コメントありがとうございます。
確かに、動画とか音声とかの要望もちらほら出てきているのは事実ですし、動画、音声での配信も検討しているところです。
動画、音声に関しては私のホームページにて実践していこうかと現在検討しております。
今しばらくのお待ちを(笑)。

投稿: てっちゃん | 2021年9月12日 (日) 13時24分

内容とは関係ないですが、この毎日のブログを音声配信してみてはいかがでしょうか。「スタンドエフエム」というアプリなら収益化もできますから、いかがでしょうか。最近、文字を追うのが面倒になってきたものですから(笑)。

投稿: てつろう | 2021年9月12日 (日) 12時31分

kazuさん、コメントありがとうございます。
とりあえず、林瑠奈の検索を(笑)。
そして毎週月曜深夜の
「乃木坂スター誕生」の録画を(笑)。

投稿: てっちゃん | 2021年9月12日 (日) 07時25分

kazuです

会長お察しの通り全くわかりませんでした。
・・・ごめんなさい・・・

来週、全力であたらせていただきます。

しかし、「オリジナルな強み」は我々も装備しなければ戦えませんよね。

投稿: kazu | 2021年9月12日 (日) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 視点の違いからの競合対策 | トップページ | セミナー受講生からの感想 »