« 二度目のワクチン接種 | トップページ | コンフィデンスマンJPから »

2021年9月 2日 (木)

コウモリの目?

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


以前のブログで「魚の目を鍛える」を記した。

  http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2021/07/post-aadb22.html

この記事の中で、「魚の目」「鳥の目」「虫の目」を説明した。

  虫の目は現場であり現実を見ること。
  鳥の目は概要であり全体を見ること。
  魚の目は推移であり流れを見ること。

そして、それぞれの目の使い方とは、

  まず過去からの推移や歴史を見る ~ 魚の目。
  次にその推移から今の全体を見る ~ 鳥の目。
  最後は現場に入り込み現実を見る ~ 虫の目。

というような説明をした。
しかし最近では上記3つの目の他にもう一つの目があるらしい。

  コウモリの目。

コウモリの目?。

  “聞いたことないなぁ~”

上記3つ目さえも、以前は「鳥の目」と「虫の目」という二つのしてのみのような気がしている。

  「森を見て、木を見る」

以前は「森」を見る視点と「木」を見る視点のみであったような気がするのである。

  しかし近年はそこに「魚の目」が加わってきたのである。

確かに、過去からの歴史やトレンドを見るという視点は重要であろう。

  そして更には「コウモリの目」が加わる(笑)。

コウモリは天井にぶら下がって逆さまにモノを見る。
そのことから、逆の立場で見る・発想を変えるという視点を指すのだと言う。

  要は、いろいろな角度から物事を捉える視点。

なるほどそうすると、このブログでも何度も書いてきた視点ではなかろうか。

  逆転の発想で物を見るという視点。

それは、逆境に強いリーダーになる為の必須項目であろうと私は思う。
コウモリの目である出来事を見るということは、例えば1キロ先に同じ食品スーパーという競合店が出店すると仮定しよう。

  真正面からの視点では絶対的なピンチである。

それを、コウモリの目という視点で、「後ろから」「上から」「下から」「斜め後方から」といろいろな角度から競合店の出店を捉えるということである。そうすると真正面からばかりみていて、そのことについていろいろな情報収集をし、どんどんナーバスになっていく状況を如何に脱するかがコウモリの目の重要性なのであろうと思う。

  真正面から見れば大打撃の業績。
  しかし真後ろからみればどうか。
  逆に真下からみたらどう映るか。
  更に斜め後方から何が見えるか。

それは、その立ち位置に行ってみなければわからない。
  
  よって実際にその角度行ってみることが大切である。

それを、従来の「魚の目」「鳥の目」「虫の目」でいろいろな角度から見るのである。

  魚の目で見たら、3週間後から援助がいなくなり売場が落ちる。
  鳥の目で見たら、基礎商圏が薄く平日の集客力は乏しいのでは。
  虫の目で見たら、自店の一致団結力が高まり協力体制が強固に。

いろいろな角度から、いろいろな今まで見えなかったものが見えてくるのである。

  それを如何に強みよして認識するか。

それがコウモリの目を有効に活かす要因ではないだろうか。

  コウモリの目。

如何に逆境に強く慣れるか。
大切な視点ではないだろうか。






|

« 二度目のワクチン接種 | トップページ | コンフィデンスマンJPから »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

かおるさん、コメントありがとうございます。
昔から言われるのは「利は元にあり」。
要は、産地、現地、漁場という意味。
特に青果部門ほど産地での収穫によって大きく相場が異なり業績も大きく左右されるもの。産地目線というコウモリの目の重要さが問われる部門かもしれませんね。

投稿: てっちゃん | 2021年9月 3日 (金) 17時01分

かおるです。
長いこと組織に属していると「コウモリのような人」にはしばしば会いますが、なるほど「コウモリの目」を持つ人というのはなかなかお目にかかりませんね。
それほど一度定まった視点というのは容易には覆らない。ましてや関係性の中で優位に立つ人は尚のことでしょう。
私は農業という業界の末席を汚すものですが、身近な青果関係者はマーケットインとか顧客目線という言葉はよく口にするものの生産者目線というところにはなかなか立てないようです。
MD部隊こそ一度、生産者の課題解決や利益の最大化という視点でMDを見直してみると知識、見聞が広がったり新たな発見があったりするような気もします。

投稿: かおる | 2021年9月 3日 (金) 13時04分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
→私もコウモリ男になれるかな。
何を言っているのですか、dadamaさんの場合は常にコウモリの目で全てを見てきたのではないでしょうか。
たまには物事を真正面から見てもいいのですよ(笑)。

投稿: てっちゃん | 2021年9月 2日 (木) 20時17分

先日、あちらの会で発表された話題ですね。
「コウモリの目」と表現されるとは流石文才がある方は違うなーと感心して聞いておりました。
逆さになって見る事はアウトローにも通じるかも・・・私もコウモリ男になれるかな(笑)。

投稿: dadama | 2021年9月 2日 (木) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二度目のワクチン接種 | トップページ | コンフィデンスマンJPから »