« 数をこなす | トップページ | 東京2020を終えて »

2021年8月11日 (水)

ワクチン接種

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


先日、ワクチン接種の一回目を終えた。

  7月7日に申告をして約一か月後。

それが早いのか遅いのかは別にして、ようやくワクチン接種にたどり着いたという感じだ。

  既に二回目を終えた方。
  まだ一回目もまだの方。

地域によっても違うであろうし、接種会場等の申告によっても違うであろう。
接種会場は、出来るだけ大きいを希望していたため、地域の比較的大人数でも接種対応できる場所を選択した。

  そして先日一回目の接種を終えてきた。

入場して思ったのは、“しっかり対応しているなぁ~”
そして、私の場合は接種する人と医師の二名体制の部屋へ案内されて、多少の質疑応答の後に、看護師の方と思われる方が多少の注意事項を話してから接種が始まった。

  “こんなものか?”

想像していたよりも痛くも痒くもなかった。

  多少チクンという針の刺さる気配がした程度であった。

いろいろ伝わる話では、注射後に腕が上がらなくなったとか、熱が38度程度出てしまったとかいう話を聞いたが、接種後の印象はこの程度かという何の反応も無いという感じだった。

  しかし夜になると痛み出した。

すこしずつ腕が重くなったという印象だったが、そのうちになんか急に上腕部に痛みというか重みのような鈍痛が増してきて、そのうち腕を上げるとその重みが更に重くのしかかってくるような痛みを覚えたのである。

  それでも熱が出なくて良かったのだが。

仲間達も概ね接種が完了した仲間や、未だ接種していないという仲間もいたが、こればかりは地域によっても違うし企業によっても違うであろうし、まして年齢によっても異なるであろう。

  とはいえ接種の日程はいずれ確定するであろう。

そして当方は二回目の接種の日程も同時に確定して帰宅できた。

  ものすごく気持ちが晴れやかである。

“あと3週間後に二回目の接種が終わる”

  そう思うとようやくいままでのストレスからの解放感。

その解放感は溜まらない。
まだまだ、マスク着用やウィルス対策は必要であろうが、二回目の接種から二週間後にはかなりの確率で感染を未然に防ぐことが出来る抗体を持つことが出来るということだ。

  とは言えまだまだストレスからの解放は無いであろう。

それでもこのまま概ねの人たちが接種完了する日も迫っているのではないだろうか。
そんな段階になれば、大手を振って外出も出来ようし、飲食も出来よう。

  これを待っていたのである(笑)。

仲間と飲むという欲求を約1年半も我慢し続けてきたのである。
仲間達も同様にそれを楽しみに、この一年半を我慢してきた(我慢せずにやっていたかたも多少いたかもしれないが)のである。

  そしてその反動は必ずやってくる。

飲食を止めていた反動、外食を止めていた反動、外出を止めていた反動、旅行を止めていた反動は少なからずやってくる。

  それも異常値的な数値となってやってくる。

それがどのタイミングになるのか。

  おそらく10月ごろからであろうか。

よって、それから今年いっぱいはその反動の下に世の中が推移するのである。

  アフターコロナは来年の新年度から訪れるのではないだろうか。

アフターコロナとは、コロナ禍による反動のその後の平常に戻った後の生活である。

  内食化。

これが本当に定着するのか否か。
そして、内食化に選ばれる店舗と選ばれない店舗とのギャップ。

  これも確実にやってくるであろう。




|

« 数をこなす | トップページ | 東京2020を終えて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
ワクチンに対する抵抗力がdadamaさんの場合は精神年齢に近いということでしょうか(笑)。
いずれにしても二回目は結構な確率で皆さん高い反応を示すものですね。
そしてここまで第5波の影響力が高まるとは予想外でした。ワクチン接種との関係からウイルスが衰退していくとの考えは甘かったですね。
そしてそんなこんなで今年後半も加速度的に進行していくのでしょうか。本当に時間が止まってほしいものです。

投稿: てっちゃん | 2021年8月11日 (水) 17時40分

私は先週2回目摂取致しましたが摂取翌日は発熱をはじめ副作用は覚悟された方が宜しいかと。この私でさえ38℃の発熱でダウンしましたから(笑)。今からの第5波による爆発的感染が相当厳しい環境になるでしょうし、感染からの店舗の閉鎖や要請による入店規制や時間短縮など商売に負の施策が今後矢継ぎ早に発出されると予想しまてす。飲食業から小売業に矛先を向ける発言も専門家から出ていますから。良くも悪くもコロナ慣れが蔓延の中、ワクチン摂取率と獲得免疫率が感染率を抑え込むまでにはまだまだ時間はかかるでしょうし、盆明け以降から年末にかけては経験した事のない事態が色々と起きる事でしょう。
早く普段の仕事&飲みニケーション環境に戻って欲しいですね。

投稿: dadama | 2021年8月11日 (水) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 数をこなす | トップページ | 東京2020を終えて »