« リーダーが身に付けるべきもの | トップページ | 鮮魚部門への注目 »

2021年7月29日 (木)

ご縁

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


縁とは不思議なものである。

  以前に多くの「縁」を書いてきた。

「狭い業界」       http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-bb39.html
「人事異動という縁」   http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-657d.html
「人と人との縁」     http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-1c11.html
「今この時が最強チーム」 http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-2b2b.html
「出会い」が運命を決める」http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-9c38.html

  色々な出会いの記事である。

それだけ私自身が「縁」に対して深い思慮を持っているということであろうか。

  特にこのブログからの「縁」。

そこから始まる人生の数々の「縁」には驚かされることが多い。

  “まさかこんな方と縁が生まれるなんて”

そんな想いが最近は加速度的に増えてきたのが実感である。
先日も、大阪で多くの方とお会いしたが、その中にも多くの「縁」があった。

  あるセミナーでの出会い。

先方の方から言われて初めて気がついた。

  「同じセミナーに出てましたよね(笑)。」

はて!、そうでしたっけ?。

  そう応えるので精一杯だった。

そう言われて、後日そのセミナーの参加者名簿を見ていたら、確かにその方と更に数人その企業から参加されており、名刺交換された数人の中にもそのセミナー参加者が他に2名ほどおられた。

  別企業でも二人の方を以前教えていただいてはいたが。

同じセミナーに参加されていた方が、当時は知らずともその後再び邂逅する。
そして、このブログを書き始めてから、一気にそのような傾向が増えてきたように思うのである。

  「縁」とはどこでどうつながっていくのかわからない。

しかし、強い「志」を持って臨めば良い出会いが生まれるのは確かなことだ。
以前のブログでも書いたが、

  前向きの姿勢にある時の出会いは、前向きの方向に加速し、
  後向きの姿勢にある時の出会いは、後向きの方向に加速する。

その通りだと思う。

よって、縁とは自分で切り開いていくものであり、その時の自分の気持ちの持ち様でその後の「縁」の意味が違ってくるということである。

  要は自分で行動するから「縁」が開いていくのである。

更に、前向きの姿勢で行動するから、前向きの縁に変化していくのである。

  人生は一度きり。

二度とない出会いというのが我々の日常である。
そして、二度とない出会いという意識で臨んだその場があるから、再びの出会いでは更に大きな再会となって目の前に現れてくるのである。

  「縁」を大切に。

そう言われるが、私は、

  「目の前の二度と無い出会いを大切に」

そこから全てが始まっていくのではないだろうかと思うのである。



PS
株式会社てっちゃん塾のホームページはこちらです
 https://www.tetu-juku.com/

|

« リーダーが身に付けるべきもの | トップページ | 鮮魚部門への注目 »

生き方」カテゴリの記事

コメント

かおるさん、コメントありがとうございます。
人それぞれのご縁。
バイヤーという仕事。昨年比とかの比率で言えば結果的に小さい数値になってしまうのでしょうが、全社の業績を背負うという意味では非常に重く、そして責任感も伴う職位だと思います。それに比べて店長という職位や自店のみの数値ですから極端な好業績もあれば超絶低迷期もあるもの。
しかし、今いる自分がご縁によって成り立っているという想いが持てることが大切なのであって、その感謝の念が周囲と共有できる能力なのだと思います。

投稿: てっちゃん | 2021年7月29日 (木) 17時59分

かおるです。
長く仕事をしているといろんなご縁をいただきますね。
バイヤーをやっていた頃は、商品・産地と消費者を取り結ぶいわば「月下氷人」のような仕事だと思ってやっておりました。
周囲からはその気もないのにやたら縁談話を持ってくる町内の世話焼きみたいに迷惑がられてたのかもしれませんが。
キャリア後半はスーパー業界以外のご縁を多くいただき非常に刺激的で楽しくさせていただいてます。
てっちゃんのように人を巻き込み押し上げていく力も、dadamaさんのようなバイタリティ、真摯さもない自分がここまでやってこれたのも多くの方々とのご縁があればこそですね。

投稿: かおる | 2021年7月29日 (木) 17時48分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
ご縁をチャンスと受け取るか、避けて通るか、この違いは大きいと思われます。そしてその瞬間から自らの行動は大きく変わっていくのでしょうね。自らが変われるというのはそのようなご縁とか機会とか変化とか、従来の繋がりから何かしらの広がりを感じた時に自ら引き寄せるものだと思うのです。

投稿: てっちゃん | 2021年7月29日 (木) 09時40分

ご縁のチャンスが訪れても活かすも殺すも自分次第。己の持つ遠心力や求心力に相手が共振してくれるのか。共振店を高めていく日頃の努力は欠かせませんね。私もご縁に恵まれ今がある事実。ご縁に感謝しながらご縁を裏切らぬ精進をせねばです・・・表舞台では悪ぶっておりますが(笑)。

投稿: dadama | 2021年7月29日 (木) 06時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リーダーが身に付けるべきもの | トップページ | 鮮魚部門への注目 »