« 大阪のおばちゃん | トップページ | 魚の目を鍛える »

2021年7月22日 (木)

組織を導く

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


組織のリーダーとしての使命。

  それは率いる組織を明るい未来へ導くこと。

それは以前のブログに何度か記載したテーマである。

  部下を成功に導くこと
  組織を明るい未来へ導くこと。

この二つが、リーダーの使命だと思っている。

  組織を率いるリーダー。

そういう意味では、組織を率いるリーダーは如何に組織を明るい未来へ導けるかが重要なのではないだろうか。

  それではどうやって、組織を明るい未来へ導くのか?。

その前に、そもそも「明るい未来」とはどのようなものなのであろうか。

  明るいとは業績がよくボーナスが弾むということか?。
  明るいとは業績がよく雇用が安定するということか?。

このように、組織の明るい未来というイメージは業績であり給与でありボーナスというイメージが強い印象を受けるであろう。
結果てきにはそうなってほしいものであるが、もっと言葉通りに受け取ってほしいものである(笑)。

  明るい未来とは?。

要は、見えない未来を明るく照らすということである。

  明るく照らされているから進む方向が明確になる。

そして、障害物等も明確に見える為、安心して障害物を回避しながらスピードを持って、皆が全力で進めるということである。

  組織の歩む未来を明るく照らすこと。

これが、組織を明るい未来に導くことの本質である。
リーダーは率いる組織を、どの方向に導くのか、そしてその方向は正し方向なのか、またその先にはどのような世界が待っているのか。

  特に現代は一寸先も見えない世界。

そんな世界にあって、組織のリーダーや店舗の店長の使命とは、そんな見えない世界をいち早く察知して、組織が歩むべき道を照らし、その道を明確にすることが大切なのである。

それは具体的に言うと、この世の中の状況から今週は、来週は、来月は、お盆は、年末は、どのような状況になり、どれほどのお客様が来店され、何をどれほど購入していくのであろうか、という店舗や部門の道筋を照らすということであり、それによって部下達はそこからの販売計画や数量計画、そして人員計画等が次々に策定されていくのである。

  要は部下が自ら行動できる指針を示すのである。

そこから部下たちは、それぞれの部門やカテゴリーでその指針から導き出された今年の自店の計画を立案していくのである。

  その指針が組織の拠り所となるのである。

その指針が無ければ、それぞれに暗中模索の中をてんでバラバラにあらゆる方向へ恐る恐ると歩み始めていくのである。

  なんとも非効率な組織運営であろうか。

それも、組織に当たられた時間は限られている。
その時間内に、よりコスト対効果の高い組織運営が求められる時代である。

  組織をより有効に活かす。

その為には、リーダーが明るい未来を照らしてやれるかどうかに掛かっているのである。

  それでは、どうやってその未来を導いていくのか。
  どうやって、その未来を照らしだしていけるのか。

それは後日お話致します。


PS
株式会社てっちゃん塾のホームページはこちらです
 https://www.tetu-juku.com/

|

« 大阪のおばちゃん | トップページ | 魚の目を鍛える »

リーダーシップ」カテゴリの記事

コメント

かおるさん、コメントありがとうございます。
→部下に余計なこと。
従来の流れから、どんどん作業加わり、それ本当に必要な仕事?、と疑問に思うことが多々ありますからね。新たな仕事が加われば、不必要な仕事をカットする勇気も必要ですね。

投稿: てっちゃん | 2021年7月22日 (木) 19時00分

かおるです。
率いる組織を明るい未来に導くこと。
まったくその通りですね。
自社の現在地をはっきりと示し、そこからどうしていくのか、どこまで行くのか、具体的に示す。
各々の取り組んだ成果が組織の成長とリンクし、各々の処遇改善にもつながっていけるといいですね。
部下に無意味なことをさせないように導いていきたいと思います。

投稿: かおる | 2021年7月22日 (木) 17時36分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
原理原則は変わらずとも、人が変わり、時代が変わり、環境が変わるとどこかで忘れていくものですから、何度も何度も同じことが繰り返されるのでしょうね。そしてその同じことがの繰り返しが、企業の文化を作っていくのだと思います。

投稿: てっちゃん | 2021年7月22日 (木) 09時32分

昨今の政府の施策を見ても然り、明確な方向性と目標を設定せねば結果は見えませんから。
自社の立ち位置を明確にし共有し実践し結果検証し次の施策を講じる。
結局はPDCAに行き着くのですが、目的や目標値をはっきり示してメンバーが同じ方向にベクトルを合わせる・・・これもかなり依然に同様のコメントをしたと思いますが継続は力なりでしょうか。

投稿: dadama | 2021年7月22日 (木) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪のおばちゃん | トップページ | 魚の目を鍛える »