« 志を受け継ぐもの | トップページ | 強みが伝わらない »

2021年7月26日 (月)

コミュニケーションの本質Ⅱ

皆さん、こんにちは。
 小売業界でコンサルをしている「てっちゃん」です。


店長という職位。

  これほどコミュニケーション能力を要する立場はない。

そして、コミュニケーションというワードも一言で表現されているが、これほど広範囲に渡る表現方法もないのではないか。
先日、作家の田坂広志さんの動画を見ていたら、コミュニケーションに関する興味深い内容をYouTubeで視聴した。

  コミュニケーションの8割はノンバーバル(非言語)。

なんと我々が普段使っている会話であり言葉としての伝達手段は、普段のコミュニケーションにおいてはわずか2割程度のもので、それ以外の8割の部分は非言語で伝達されている、という。

  コミュニケーションの主役は聞き手。

以前にもそんな記事は書いた。

  http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-dad2.html

この時の記事では、「コミュニケーションの主導権は受信者が握っている」という表現であった。
そして今回の記事は「コミュニケーションの8割はノンバーバル(非言語)」という表現である。

  要は発信者が言葉巧みに能書き語っても聴き手に伝わる言葉はほんのわずか。

聞き手は、発信者自身の人間性であり、眼差しであり、力強さであり、姿勢をしっかりと見ているのである。

  そして受信者は言葉以外の8割から相手の発信内容を把握するのである。

如何にリアルな対面でのコミュニケーションが大切であるか、ということである。
確かにここ一年半はリアルというワードが希薄になりつつある。

  逆にリモートという言語にリアルが押されつつあるのも事実。

もしリモートであれば、そのほとんどは言語からなるコミュニケーションが大きなウェイトを占めるであろう。
逆にリアルにあってコミュニケーションをするのであれば、言葉のみの2割にプラス自分自身の全ての表現を発揮できるということである。

  私は不要不急以外のコミュニケーションはリアルにこだわるつもりである。

よって、今年に入ってからの打合せも極力リアルを選択してきた。
それは、上記のように、自分自身の姿勢を以ってコミュにケーションをしたいと思っているからである。

  私の顧客はリアルな店舗でリアルな顧客を相手にする人間。

そんなリアルな存在に対して、リアルな強みを如何に引き出せるのか。

  それは知識の伝達ではなく知恵の伝達となるからである。

知恵とは言葉や言語では伝えきれないものである。
逆に、言語以外の武器が重要な要素を占めていると考えている。

  売場全体の雰囲気、陳列技術、客動線を利用した配置等。

このような部分では、実際にリアルにその場に立ってみないと見えてこないのである。
そしてこれが、知識ではなく知恵を働かせるとうことなのであろう。

  知識は言語で学べるが知恵は実践の積み重ねでしか学べない。

よって、知恵は現場でしか習得できない知識の実践力なのである。
そして、店舗という現場はその実践の場であり知恵の宝庫でもあるのだ。


PS
株式会社てっちゃん塾のホームページはこちらです
 https://www.tetu-juku.com/

|

« 志を受け継ぐもの | トップページ | 強みが伝わらない »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

dadamaさんへ。
実践するコンサル。
同感です(笑)。
そして中小に元気を。
私の目指すべきところでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2021年7月26日 (月) 13時19分

語ったり・評論するコンサルは数多く存在すれど現場と動き寄り添うコンサルは貴重なのでは。スーパーで実践してきた鮮度を最大に発揮出来ますし。「実践するコンサル」如何でしょうか。無責任な直観発言で申し訳けございません(笑)。

投稿: dadama | 2021年7月26日 (月) 13時01分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
「あの人が実際に売場で行動している」
という言葉以外の行動が8割という印象で伝わるのでしょうね。
データであり理論であり説きながらも、現場で共に売場作りを行動をすることで、相手との共有を図る。それは自分では当然だと思っていても、相手からすると「共有」してくれているという印象となり、その後の売場維持や検証データの抽出にもその本人の意志に変換されていくもの。
当方も最近はトークスキルを高めようと「メガネ」をかけようかと思っております(笑)。

投稿: てっちゃん | 2021年7月26日 (月) 11時36分

私もとある店舗で昨年の売上データを元に今年の攻め所を客動線やゾーニングに基づき立案、実施、検証を繰り返しておりますが
やはり現場で一緒になって実践する事か最大の効果を発揮すると感じています。てっちゃんのように相手を惹きこむトークスキルが有れば良いのですが私は身体を動かして教える事しか能が有りません(笑)。私には一緒に身体を動かす事で相手の信頼を得るのが最良ですし、経営者やコンサルの資質は有りませんね(笑)。
やはり人間には適材適所はあるのでしょうね。

投稿: dadama | 2021年7月26日 (月) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 志を受け継ぐもの | トップページ | 強みが伝わらない »