« 生鮮の鮮度感を活かす | トップページ | 今想う「マスク論争」 »

2021年5月 6日 (木)

副店長というモチベーション

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしていた「てっちゃん」です。


店舗での副店長という存在。

  企業ごとにその役割は異なるのではないだろうか。

逆に副店長という存在の無い企業や店舗もあるだろう。
しかし、概ねの店舗には店長の他に副店長という職位の方がいる。

  副店長という存在。

私の経験では、一番やりがいがなく、一番精神的にも肉体的にもラクだったような気がする。

  それだけ明確は役割期待が少ないということであろうか。

役割期待が少ないということは、数値責任も少ないということである。

  数値責任はほぼゼロに等しいのでは無いだろうか。

とは言っても、副店長はかっては出身部門のエースとして企業内で活躍していた存在である。
その、部門チーフ時代にはバリバリに仕事に取り組んでいた存在が、副店長になると一気に色あせてしまう。

  それが管理職ということであろうか。

従来は部門チーフとして数値責任や売場管理で明らかに見た目にもその存在感がはっきりと出ていたかってのエース。
しかし副店長となれば、商品も持たず、かと言って店舗では店長の下で店長修行の身であり、数値責任もそのほとんどは店長に求められるものである。

  店長とチーフの間の隠れた存在。

よって、企業の幹部からもあまり目にも止まらずに店舗巡回時にもスルーされる場面が多い。

  そんな副店長時代。

何を拠り所に業務に当たればいいのであろうか。
このブログでも副店長をワードにした記事は多い。

「副店長という存在」
http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-016068.html

「新任副店長の来店」
http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-44da.html

  特に二番目の新任副店長の来店」は副店長として共感するであろう。

この記事で私は当時の副店長にこんなことを言っている。

「店長に見えていない部分が必ずあるという事だ。もしくは、店長が重視していない部分があると言う事だ。上司が見えていない部分、もしくは重視していない部分がお前の領域だ。それがお前の強みの部分なら、尚更徹底して目を向けていけ。そうやって、店長を副店長がお互いにフォローし合えば、店舗は益々強くなる。それが店長と副店長の役割だ」。

店長とて万能では無い。

  特にキャラの濃い店長ほど強みと弱みがはっきりしている。

そこにどうフォローに入るか。
 
  店長をコントロールする存在。

それが副店長という存在かもしれない。

  そこから一番目の「副店長という存在」が生まれるのである。

「仕事の楽しさ」を推進する店長という役割。
「基本の徹底」を推進する副店長という役割。

  基本の徹底という地味な領域。

しかし、業界関係者なら誰もが唱える「基本の徹底」。

  その重要性を知ることが副店長の任務であると考える。

そしてその重要性を十二分に理解した副店長だからこそ、将来的に店長として「仕事の楽しさ」を推進できるのである。
副店長時代に真剣に取り組むからこそ、将来的に「基本」の重要性を一番理解している「店長」が同時に仕事の楽しさというお店全体の軸に沿って店舗を牽引できるのである。








|

« 生鮮の鮮度感を活かす | トップページ | 今想う「マスク論争」 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
仕事を楽しむというスタンス。
どの職位においても、そのスタンスだけは忘れてはいけませんね。特に副店長時代にも売る楽しさを得られた経験は、上司である店長の器の大きさではないでしょうか(笑)。

投稿: てっちゃん | 2021年5月 6日 (木) 19時55分

特にキャラの濃い店長ほど強みと弱みがはっきりしている。
はい、仰る通りですね。私を支えた副店長は大変であったと思います(笑)。
店長が安心して仕事を楽しむには副店長の下支えがあればこそですね。
尤も副店長時代も店長に恵まれて「副店長は気楽な職務でいいもんだ~♪」と全店一の無責任副店長であったとは思いますが(笑)。

投稿: dadama | 2021年5月 6日 (木) 18時20分

k,kさん、コメントありがとうございます。
当社では最近ベテランの癖の強いチーフ連中が続々と副店長に昇格しています。
年功もあるでしょうし職能という資格もあるかもしれませんが、なんと言ってもどれだけ下を育ててきたかという企業内での存在感が一番かと思います。
k,kさんも副店長への希望があるのであれば、どんどんその意思を上司に表明すべきかと思います。想いは必ず報われるもの。企業だって、やってみたいと意思を表明している人材にその地位を委ねたいもの。是非k,kさんの商品力で店長を圧倒してください。

投稿: てっちゃん | 2021年5月 6日 (木) 07時32分

確かにそうですね、チーフの時はバリバリでも副店長になると店長の陰に隠れて大人しく。出来ない方の噂だけ聴こえてきます。しかしながらやってみたい副店長。何故なら鮮魚以外の商品の動向、季節の流れ、各部署の愚痴聞き、また店長のフォローをしてみたいからです。何か他店の若手達から怖い職人チーフの噂が蔓延していて、もっというと個性的で肉にも精通する奴との下馬評を頂いてます。それがいけないんですかね(*_*)

投稿: k,k | 2021年5月 6日 (木) 05時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生鮮の鮮度感を活かす | トップページ | 今想う「マスク論争」 »