« ネーミングの変更 | トップページ | HP用プロフィール »

2021年5月25日 (火)

ホームページ

皆さん、こんにちは
 食品スーパーで店長をしていた「てっちゃん」です


いよいよホームページ作成も大詰めになってきた

  とは言っても、すぐに公開出来ないのが悔しいが(笑)

しかしホームページ上に謳う文言は、今回のブログで表記しておきたいと思っている

当方の今回立ち上げの屋号は

  「株式会社 てっちゃん塾」

とした

このネーミングはいろいろ悩んだ末に、いろいろな方のアドバイスとてっちゃん会の仲間達からの親しみやすいブログ名の引用と言う要望もあり、このネーミングに決定したのである

  最後はすっきりとここに落ち着いたと言うことだろうか(笑)

そして、当社の使命

  「
現場が最新のマネジメント手法にて元気を取り戻すこと」

それが「てっちゃん塾」の最大の使命

「てっちゃん流」とは以下の考え方を軸とする

  「最小のコスト(時間)で最大の効果(業績)を導く考え方」である

現代は有効な時間活用の時代。

働き方改革による時間管理を実現しながら、如何に効果的な業績改善が図れるかが問われていく時代である
その為には従来のマネジメントの定義を変えていく必要があると考えた

 
てっちゃん塾ではマネジメントを以下のように定義した


  マネジメントとは「資源の強みを発揮できる環境を整備すること」

ここで言う環境とは、ハードウェア、ソフトウェア、ヒューマンウェア を指す
特にヒューマンウェアの整備を重点的に行い以下の5つをマネジメントする
具体的な資源の強みとは、

第1に 「自分の強み」
第2に 「商品の強み」
第3に 「人材の強み」
第4に 「組織の強み」


これらの強みを発揮できる環境を整備して、自らが率いる組織力を高め、それを以って

第5に「競合マネジメント」

により、競合との戦いを優位に勝ち抜いていく手法であると言える

これをてっちゃん流「ファイブマネジメント」と呼ぶことにした

「ファイブマネジメント」を軸に研修、コンサルティングが用意されている

てっちゃん流の強みは、代表が直近まで現場で最新の店舗運営を実践してきた「鮮度」であろう
その「鮮度」がコロナ禍の中の「てっちゃん流」の特徴である
ちなみに集大成となる現役最後の店舗では売上昨年比45ヶ月で42勝3敗の業績を実現した

てっちゃん流の導入によって確実な業績改善が期待できるであろう

業務内容
業務内容は「研修」「コンサルティング」「講演」をメインとする


研修
研修は、ファイブマネジメントを軸に店舗力強化による業績改善を目指す
店舗を一個の商品として店舗力を強化するには、一人の講師による階層別研修が必須であり、それによって店長を中心とした競争力のある店舗運営が可能となる

更には、小売業の従事者だけでなく、幅広い業界の方にも共感して頂けるようテーマを設定し、特に小売業と取引のある業界の方達にも役立つテーマを数多く用意している

研修メニュー(下記の4つの研修カテゴリーが存在する)は

 マネジメント系研修メニュー 
てっちゃん塾の根幹を為すもので、ファイブマネジメントを中心にメニュー提供

 人材育成系研修メニュー 
・一人の講師による店舗力の強化を目的とし、各階層別研修を中心にメニュー提供

3 販売強化系研修メニュー
・講師の強みである生鮮部門の強化をメインに、
52MDを取り入れたメニュー提供

4 取引先育成系研修メニュー 
・販売側以外の取引先の方の、現場の共感が得られる関係つくりの為のメニュー提供

*上記のそれぞれのメニューの下に数々の具体的研修会が存在する


コンサルティング

  
企業業績を左右する最大の要因は「競合」の存在と言える

そして「てっちゃん流」店舗運営における最大の強みは競合対策

よって、コンサルティングにおいても、自らの強みを活かし、ファイブマネジメントによる組織力を引き出して、競合店から顧客を吸引することを重点的に取り組んでいくこととしている

更に、今後食品スーパーにおける生鮮部門の位置づけは益々高まっていくであろう

鮮魚出身の強みから、てっちゃん流競合対策は生鮮部門強化を最大の武器とするものである

競合環境は個店毎に異なり、個店に応じたコンサルティングによる業績改善が期待できると思われる
*コンサルティングに関しては、あくまでも個店別にて業績改善を最大の目的とする


講演
ご依頼に応じて講演内容を作成致します

年間契約として、上記内容を組み合わせ、一年10回の年間契約等は応談可。


このような内容で、ホームページを作成中です。

  
今しばらく、お待ちください。




|

« ネーミングの変更 | トップページ | HP用プロフィール »

コンサルへ向けて」カテゴリの記事

コメント

かおるさん、コメントありがとうございます。
企業が有する資源。
その資源をもう一度見直してみると、意外に自分の周りで強みを発揮しなければならない資源ばかりだということに気がつくのですよね。その資源を如何に有効に強みとして発露するのか。ここのリーダーの手腕が試されるのだと思います。
詳細は後ほど。

投稿: てっちゃん | 2021年5月25日 (火) 17時56分

かおるです。
「資源の強みを発揮できる環境を整備」し
「最小のコストで最大の効果を導く」
経営ってつまるところこれですよね。
小さいながら組織を担うとこのことがとても身に染みて響きますね。
これからますます楽しみです。

投稿: かおる | 2021年5月25日 (火) 17時28分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
今回企業の立ち上げをしておりますが、店舗の新店の立ち上げを一からスタートするのと全く同じで、従来は企業内の役割において、開発グループ、店舗設計グループ、そして店舗運営グループでそれぞれがそれぞれの専門分野を受け持ってようやく新店開店にこぎつけたのですが、今回は全てが自分自身での取り掛かり。とは言っても、本当に一人での立ち上げでは試行錯誤の連続でおそらく軌道に乗るまでに相当な時間を有したであろうと思われます。幸いに私の場合は多くの方のご支援を頂いての開業となりました。本当にいろいろな方とのご縁に感謝ですね。
それを胸に6月へ向けていきたいと思います。

投稿: てっちゃん | 2021年5月25日 (火) 11時18分

あちらの会では好き勝手な事をやり放題で申し訳けございません(笑)。
何れにしてもホームページはてっちゃん塾の顔&ショーウインドウにるのですから練りこむだけ練りこんだ方が良いですね。
特に言葉の表現は発信側と受信側とで解釈の相違もあり得ますから想いが相通じる表現は大切でしょうか。

投稿: dadama | 2021年5月25日 (火) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネーミングの変更 | トップページ | HP用プロフィール »