« 笑顔溢れるカフェ | トップページ | GMS閉店の影響 »

2021年3月11日 (木)

忘れ得ぬ「あの日」

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


2011年3月11日。

  丁度10年前の今日。

午後2時45分頃であろうか。

  東日本大震災である。

あれから丁度10年が経過した。

  今でも強烈に脳裏に残る長く激しい揺れ。

私の記憶でもあれほどの激しい揺れが、あの時間続いたのは記憶に無い。
真っ先にお酒売場に駆けつけたが、意外にも瓶類は一本も倒れていない。

  幸いにも岩盤の強い土地柄のためかその時のお店の損傷は少なかった。

停電もなく、一旦避難させたお客様を再び店内に招き入れ、営業を再開したのであるが、本部には電話が通じない。

  当店の被害状況を電話で報告しようとしたが諦めた。

しかしその後の被害状況はご存知の通りである。
そして、その当時に小売業、特に食品小売業に携わる人間たちにとって、今自ら携わる仕事が如何に人間の根元関わる業務であるのかということを知らされたのである。

  生活のインフラ。

その当時、そのことを嫌というほど実感させられたと同時に、「開けてくれていて良かった」の声を頂き、この業界に携わることの意味を教えてくれたのである。

  そして被災地に近いエリアほど自らの店舗も大きなダメージを受けた。

しかしそれでも上記の使命感を振り絞って、自らの店舗が有する資産である、店舗の屋上や店内の食料品を個店の店長判断で地域の方達へ奉仕して自らの存在意義を提供したのである。

  そこから得られた従業員の資産は今でも脈々と生きている。

そして今回のコロナ禍に中にある我々の使命。

  震災当時は大きなダメージではあったが、エリア限定と期間の限定。

しかし今回のコロナ禍は全世界に及び、それも一年以上に渡り人間の移動を妨げている。

  そしてその根元が見えないという恐怖。

そんな中での我々の使命。

  いつ何時自らも感染の恐怖を抱きながらの使命感の達成。

そんな生活と勤務を続けて一年が経過し、そして東日本大震災からは10年が経過した。

今は、その10年の振り返りという余裕は無く、ひたすらコロナ禍を如何に食い止めるかという全世界の願いに全ての人間の思考が感染させられているという状況であろうか。

  そして、このコロナ禍も感慨深く振り返ることが出来るのであろうか。

当時を振り返り、何が変わり、何を学び、そして今をどう活かしたのか。

  それには今をどう生きるか、が問われているのであろう。






|

« 笑顔溢れるカフェ | トップページ | GMS閉店の影響 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

てつろうさん、コメントありがとうございます。
そうですね。思い出しました(笑)。
震災時のお店に来店され、一緒に食事をしましたね。
10年ひと昔とはいいますが昨日のような感慨ですね。
次回お会いする日を楽しみにしておりますよ。
dadamaさんともいつでもお会いできると思いますよ。

投稿: てっちゃん | 2021年3月11日 (木) 19時29分

2011年の思い出は忘れることはないですね。なんと言っても初めて店長に会いに行きましたから。今思えば店長の情報がほとんどないにも関わらず富山から車を飛ばして会いに行ったことは今でも覚えております。あれから10年も経ったのですね。もうお会いすることはないかもしれませんが、今後の店長の活躍を陰ながら応援しております。dadama様には一度でいいからお会いしたかったです。本文の内容と違うコメントになりました。

投稿: てつろう | 2021年3月11日 (木) 19時14分

かおるさん、コメントありがとうございます。
奇しくも10年後の現在は全世界的にコロナ禍という未曾有の環境。
このような環境において初めて我々は我々が属する業界の社会的使命を認識させれるものです。
そしてまた平和な時代を迎えるために、食というインフラを必死で提供し続ける使命。そしてその時に初めてこの業界に身を置いてきて良かったと感じる瞬間。
この業界に身を置くものが決して忘れてはいけない使命と志ですね。

投稿: てっちゃん | 2021年3月11日 (木) 13時30分

かおるです。
10年前の今日。忘れもしない、今の職場である農場から最寄の店舗の新規オープン日で店舗応援に入っておりました。
当時はスマホも無く、なにやら東のほうで大きな地震があったらしいという程度の情報しかないので、帰宅してTVを観てはじめてことの大きさを知りました。
その後、会を通じて身近で被災した方々、現実と対峙された方々の話を聞けたことは貴重な経験となりました。
まこと災害はいつ何時どんな形で降りかかるか分からない。
そのときに備えて自分に出来ること、とりわけ周囲の人々との信頼関係を築いておくことが大切だと改めて思います。

投稿: かおる | 2021年3月11日 (木) 13時07分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
今頃は都心MR中でございましょうか(笑)。
コロナ後の業界内の格差が一気に進みそうなこの一年。そしてそこからの再編の嵐が迫りつつある予感。昨年の特需からの一変が今年のこの業界の波でしょうか。そしてそれは首都圏と地方都市部、そして地方とこれもまた大きなギャップが生まれるところも今年の大きな波になるでしょう。それをしっかりと歴史の証人者として見届けたいですね。

投稿: てっちゃん | 2021年3月11日 (木) 09時18分

おはようございます。奇しくも今日は餃子の街のエキナカカフェからのコメントです(笑)。
10年の節目にこの地に居るのも因果応酬でしょうか(笑)。折角頂けている命、少しでも悔い残さぬよう生きていきたいですね。
全うしたと思えばばまだ次の目標が見えて来るのでイタチごっこではありますが。
今日は8時7分発でこの地を離れますのでご安心下さい(笑)

投稿: dadama | 2021年3月11日 (木) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笑顔溢れるカフェ | トップページ | GMS閉店の影響 »