« 現場の錯覚 | トップページ | 家臣の器 »

2020年12月26日 (土)

経験値と期待値

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日は「期待値を超える」を記した。

  http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2020/12/post-734943.html

期待値とはお客様がお店に対して「何を」「どのように」期待しているのかという高さにあろうか。

  あのお店は青果の価格が安いから買い物に行く。
  あのお店は鮮魚の鮮度が良いから買い物に行く。
  あのお店は精肉の牛肉が旨いから買い物に行く。
  あのお店は惣菜の品揃が良いから買い物に行く。

等々、そのお店に対する日頃からの期待が高まれば、それが期待値として定着していくのである。
そして、その日頃の買い物の経験からの認識が期待値として、ここぞの場面で発揮されるのである。

  期待値を高めていくこと。

それは、普段からのお客様の自店における買い物の経験の積み重ねによるものである。

  これを「経験値」という。

普段からの自店におけるお客様の買い物の経験。その積み重ねがいつしか「経験値」となり、その経験値からお客様をして「あのお店はこのような商品をこの時期にこの時間に豊富にお買い得な価格で作り立てを展開してくれているであろう」という期待値に昇華していくのである。

  この期待値が最大に表れるのが「年末商戦」。

年末商戦とは、この期待値の権現であろうか(笑)。

  何故なら、年末商戦の買物は買い回りをしない。

一箇所で概ねの食材を揃えるのである。

  渋滞、混雑を何度も経験したくないから。

特に今年の年末商戦はこの傾向が強いであろうか。

  だから一店舗でのワンストップショッピングが高まるのである。

しかしそれは、上記のように既にお客様の買い物経験によって期待値は決定されており、そして年末の食材を調達する店舗は既に決定済みであろう。

  よって年末商戦はお客様の期待値とおりの客数によるのである。

そして我々がすべきことは、その期待値を超える売場を提案して、期待値以上の点数を高めることにあろう。

  期待値以上の売場、商品によって来年への期待値が決定するのである。

それを我々は、この一年間の、お客様から頂く「通信簿」と呼ぶのである。

  「経験値」と「期待値」。

普段からの「経験値」を如何にお客様に積み上げて頂くか。
そしてその経験値が、いつしかそのお店に対する定着した概念となって、普段の買い物やイベント時の買い物に対してのそのお店への「期待値」となってお客様の来店動機になっていくのである。

  来店動機とは期待値のこと。

今日は12月26日(土曜日)。

  明日からの日曜日からが本格的な年末商戦となろうか。

今回の年末商戦は、来年の小売業の正月三が日を休業する小売業もある為、お客様のイメージとしても年内での買い溜めというイメージの強い年末商戦となろう。

  更に期待値に左右される年末商戦となろうか。




|

« 現場の錯覚 | トップページ | 家臣の器 »

商売」カテゴリの記事

コメント

お肉一番さん、コメントありがとうございます。
売れた喜びも束の間、在庫を如何に売り切るかという「売る楽しみ」を早速享受されているのですね。羨ましい限りです(笑)。
特に今年は精肉部門が普段の生活も含めた巣篭もり需要を最大に享受出来るのではないでしょうか。
是非、お体を大切なさりながらの年末商戦を乗り切ってください。

投稿: てっちゃん | 2020年12月27日 (日) 06時20分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
→幸い2ヶ月前から入り込んだ店舗は段取の大切さを理解してくれたのか本日現在で地区1番の伸び率で走ってくれています。
受ける方も入る方もお互いに相当な緊張感の下に行動されているのでしょうね。
そして入る方は如何に見える課題を数値データを基に納得して頂くかを念頭に行動されていることが、ようやく1ヶ月後から歯車が噛み合ってきたということでしょうか。
やはり課題が見えた初期の行動が大切なのですね。

投稿: てっちゃん | 2020年12月27日 (日) 06時17分

こんばんわ!
クリスマス商戦は前年より売変出さずに骨付きモモ(解凍)は24日になくなり、チキンレッグは25日に売り切れました。
初の主任でのクリスマスは、上々な結果で、客注などで大慌てすることもなく、鬼のようなサービス残業をした結果、大きなトラブルも起きず。
客単価が上がってきているので無理な売変を起こさずに売りを取っていきたいところですが、在庫が多いのでこれをどう売っていこうか、そしてどう売り場を作っていこうかwakuwakuドキドキです。

投稿: お肉一番 | 2020年12月26日 (土) 19時22分

簡単に失礼致します。
新天地でクリスマスから年末への動きを初体験致しましたが課題山積です。GMSとSMの差と言えばそれまでですがやはり段取りが全てと感じました。幸い2ヶ月前から入り込んだ店舗は段取の大切さを理解してくれたのか本日現在で地区1番の伸び率で走ってくれています。

投稿: dadama | 2020年12月26日 (土) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現場の錯覚 | トップページ | 家臣の器 »