« 対象を明確にする | トップページ | 広さと深さ »

2020年12月20日 (日)

コロナ加速の今

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

ところが、年末に近づくなかでのネタ切れ。
よって、毎週日曜をお楽しみにしていたkazuさん、dadamaさん、申し訳しませんが芸能ネタは後日にて。

そして今日はコロナ禍における年末年始の対応について。

新型コロナ感染者数の増加が止まらない。

  年末商戦はどうなるのであろうか。

それ以前に、年末年始の人々の動きはどうなるのであろうか。

  一番の心配は年末に病気になれないという事であろう。

テレビ等でも連日報道されている通り、コロナ感染者への対応が逼迫している。

  そこに年末年始という経済活動が休止する時期。

特に病院も休診する医院が増えていくと思われる。
平常時でさえかかりにくくなっている病院へ、この年末年始の休診時に風邪等で病院を探し、診察してもらうというリスクは極力避けたいという心理。

  その心理が普段以上に働くのがこの年末年始。

もしかすると、お盆商戦以上に人々の動きが止まることも予想できる。

  “絶対に風邪にかかりたくない”

その心理が相当働くのがこの年末の人々の心理であろうか。
そう考えると、政府が要請する以上に自らの身を守るために家で過ごす家族が増加すると思われる。

  そして買い物回数も極力減らそうとする工夫。

そこから、一回の買い物での買い溜めという需要へと変化するであろうか。
そして最大の不安は際物への需要が昨年と比べてどう変化するのか。

  これは個店毎の対応が必須となろう。

全社平均値での数値予測がそのまま個店の実績と直結はしないのが今年の年末商戦の流れ。

  個店の立地からの顧客を知らなければ話にならない。

特に地方の店舗や帰省が増加する店舗は、今年は残念ながら厳しい数値になると思われるが、それでも実家の方が必ず取り揃える神様への対応や仏様への対応に関しては普段以上の需要が考えられる。

  家族や社会への安定への祈念。

その心理から、神仏への対応は実家を守る方がしっかりと対応するであろうから、そちらの際物は今年は早い段階からの需要となろうか。
しかしご馳走という帰省客が増加する事による、食材に関しては地域特性が大きく発揮される事になるのではないか。

  帰る地域と迎える地域。

都心は巣篭もりで年末年始を自宅で迎える方が圧倒的に増加するであろうし、帰省を迎える地域は絶対的な家族数はこのコロナ禍においては期待できないと思われる。

  こちらは買い溜めというよりも普段のサイズの需要が増加するであろう。

そして注意しなければならないのは、例年の普段の食材がこの年末年始で需要が落ち込むカテゴリー。

  例えば食パンであり塩干物であり挽肉加工肉。

普段の強みであるカテゴリーがこの年末年始に例年になく需要が高まるであろう。

  それを考慮した発注であり売場作りが今年は需要であろうか。

しかし、それも個店での対応力となる。

  今年はあくまでも個店毎に売れ方が昨年以上に変化するのであるから。

こんな時代ほど、目立つ売場作りではなく「定番」が重要となる。
定番の動向を見て、その理由をから仮説を立て、現場で対応していく。

  現場で起きていることが全てであるからだ。

そして現場で対応し、現場で解決していく。

  それが今年の年末年始の対応であろうか。






|

« 対象を明確にする | トップページ | 広さと深さ »

商売」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
表記した通りの流れになると思われますが、それも店舗毎のギャップは多いでしょうから、やはり個店での対応に負うところが大きいのではないでしょうか。
企業毎、地域毎、個店毎、本部としてはその違いを如何に個店の店長に理解させるかが問われるのかと思うのです。

投稿: てっちゃん | 2020年12月20日 (日) 20時01分

てつろうさん、コメントありがとうございます。
レジ待ちの行列が解消されたので、入場制限をかけずにいるのでしょう。
この年末商戦がどのように流れていくのか全く読めないところがありますが、3月4月のような開店からのラッシュはないと思われますが。

投稿: てっちゃん | 2020年12月20日 (日) 19時58分

kazuさん、コメントありがとうございます。
「麒麟がくる」は再放送やってますし、M-1グランプリも後で優勝者が取り上げられるでしょうから、やはり話題の「鬼滅の刃」を録画すべきでは。
でももう遅いですね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2020年12月20日 (日) 19時54分

年末需要はしっかり押さえながら、年始の巣ごもり需要もしっかりと抑えるべきでしょうか。
年始は基本外出を避けると思います。
買い溜め、保存性の高い食材は年末にしっかりと売り込むべきでしょうか。麺類・パスタ・粉物・冷凍食品等前回のコロナ特需の商品群が年末に売れると予想します。当たらなくても元々保存性の高い商品群ですから年越ししても大丈夫なので勝負すべきかと・・・在庫を持った店舗が勝ちだと感じます。

投稿: dadama | 2020年12月20日 (日) 14時14分

土日のスーパーは遅い時間帯に来店しないと朝から夕方までハンパなく混んでます。お店側は入場規制しますとか言っていながら現状はなにもせず…。1日の感染者の数が一桁で推移しているのも県民の危機感の無さがそうしているとおもいます。地場のスーパーマーケットには変化してもらいたいです。

投稿: てつろう | 2020年12月20日 (日) 11時53分

kazuです

次回を期待しております。

本日は「M-1グランプリ」「麒麟がくる」「鬼滅の刀」が同時放送なので選択に悩まされます。 
録画が1番組ですのでどれかを捨てなければなりません。

・・・悩みます・・・

投稿: kazu | 2020年12月20日 (日) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対象を明確にする | トップページ | 広さと深さ »