« 伸び代を追求する | トップページ | 現場の錯覚 »

2020年12月24日 (木)

組織の成長を図る

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


個人の成長と組織の成長。

  それが連動するからお互いに成長のスピードが高まるのであろう。

この業界において、個人の成長と組織の成長とは具体的にはどういうことなのであろか。

  組織を構成員するのは人間である。

よって、人間の成長以外には組織の成長はあり得ない。

  これは紛れもない事実である。

しかし、人間の成長無くして組織の成長はあり得るのであろうか。

  それもあり得るのである。

それは、組織を構成する人間の成長に応じた組織形態をどう変えていくかという視点で組織を見るといことであろうか。

  構成員の成長に合わせた組織形態への変更。

それは、組織のトップが現存する構成員の能力を的確に判断して、あるべき組織体に変えていくから、その組織体によって更に組織の構成員が成長志向を高めていくという構図である。

店舗数が増えればバイヤーと店長に役割を分け、それによってそれぞれの仕事の奥が深くなる。
従業員が増えれば人材教育が必須となり、それによって人材育成へ関わる仕事の奥が深くなる。
データシステムが導入されれば、それに伴いデータ管理による商品管理の仕事の奥が深くなる。

等々、過去においても組織が変更される毎に一つ一つの仕事の役割における奥が深まり、それに伴いその役割を担う人材がその分野の奥を切り開き個人としても成長し、その成長が組織にその痕跡を定着させて組織自体も更に知恵を蓄積させていく。

  そうやって時代に変化に合わせて個人も組織も成長していくのである。

しかし逆に退化していくものもある。

  それは組織への帰属心であろうか。

組織体がより詳細な役割を個人に分割することによって、個人が組織に帰属しようとする意識。

  “俺は大きな組織の一員として今の役割を担っている”

本来あるべき心の持ち様であるはずの帰属心が、小さな役割に没頭するあまり、本来自分が担う大きな組織への貢献という任務を忘れ、目の前の小さな役割に固執してしまうことだ。

  教育担当者が膨大な教育スケジュールを作成する。
  データー管理者が膨大なデータシステムを構築する。
  本部バイヤーが狭い売場に膨大な品揃えを導入する。

いずれも実践するのは店舗である。
そして店舗はあるべき人材が揃わずに、やるべき事項は膨大に膨れ上がり、やるべき項目の何一つやれずにひたすら売場の補充に追われる毎日。

  いつしか店長もマニュアルをやってるフリをする(笑)。

上記の様な流れで現場が追いつけないという現実ではなかっただろうか。

  そこから店舗の競争力が落ちていくのである。

“マニュアルが作成されているから現場で実践されている筈だ”

  とは言いながらの現実である。

個人がその役割に没頭する余り、自社の組織、とりわけ自分が誰の為にその役割を担っているかという本質から離れてしまうと起こりうる実態ではないだろうか。

  そしてモノ言えぬ現場の店長。

店長は店舗の競争力を如何に高めるかという視点で、優先事項にこだわりつづける姿勢が重要なのであろう。







|

« 伸び代を追求する | トップページ | 現場の錯覚 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

k,kさんコメントありがとうございます。
学びたくても学べない。
それも大きなジレンマですね。
早く帰りたいのに帰れないというジレンマを抱いて仕事をする世代もいれば、学びたいのに学べないというジレンマを抱えて日々を過ごす世代もいる。
そんなジレンマを如何に解消していくか。
恐怖?のMRのその大きな拠り所なのかもしれませんね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2020年12月25日 (金) 08時05分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
やはりキーワードは「店舗力」。
所詮は局地戦にて個店が如何に競争に勝てるかという課題のこれからの業界の大きなポイントになるでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2020年12月25日 (金) 07時57分

さてさて今夜は大どんでん返しの日でしょうか(笑) 私はあきらめて早めに帰宅しました。数年前迄は時間気にせずに蒲鉾陳列の手伝いしてましたが働き方改革もあり、終わったら帰れしか言われないので定時で帰宅です。企業が大きくなるにつれ我々もいつか来るであろうチャンスに備え勉強したい気持ちもあるのですが、終わったら帰れしか言われません。任されるのはレジ応援に皆出払ってるときの電話番とクレーム対応に外に出てるときだけの緊急責任者。今は一日に負担にならないように計画的に地味に売場変更しています。なるべく時間かけずに、残業代が出ないように。出るときは時給が安い担当者が先に。良いんだか悪いんだか解らないですね。先を見越して勉強するには他企業に買い物に行って観察するのが一番でしょうか?そろそろあちらの会の恐怖のMRに参加したいですね

投稿: k,k | 2020年12月24日 (木) 21時05分

組織も大きくなると独立した部署が増え、特に商品部と営業部の軋轢も増え・・・あっ、これも前会社の話ですが(笑)。然し乍ら前会社は店舗に権限委譲を進めてますからターゲットは違えど店舗力アップを目指す現場主義手法は学ぶべき事も多いと感じます。
メリークリスマス!

投稿: dadama | 2020年12月24日 (木) 16時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伸び代を追求する | トップページ | 現場の錯覚 »