« 今月を終えて | トップページ | 土台 »

2020年11月 1日 (日)

NG

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

No Good

  略してNG。

意味は「よくない」「ダメ」「不可」。

使用例としては、
 「事務所の方針でNGが出ているから、あのタレントは絶対汚れ仕事はしないよ」

等がある。

  要は芸能関係に多い使用例であろうか。

そしてテレビ東京の「共演NG」がスタートした。
https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjf3aTBsdjsAhWIbN4KHV23DfAQFjAAegQIARAD&url=https%3A%2F%2Fwww.tv-tokyo.co.jp%2Fkyouen_ng%2F&usg=AOvVaw03e_l0yEk-RXXsHGDZvZa6

まずはこのドラマの放映にあたり、テレビ東京が自社を自虐的に扱っている部分が随所に出てきるのが非常に面白いのである。

番宣でも「日本一小さなキー局テレビ東洋、略してテレ東」とか、ドラマの中でテレビ東洋の社員が自社について「うちは池の水抜いたり、人んちで充電させてもらうのが専門だからな」とか「2人がテレ東(ドラマではテレビ東洋)のドラマに出るなんてすごいことなんだぞ」と会話を交わすシーンがあるが、これこそ自社を自虐的に扱っているシーンであり、随所にそんな自虐シーンが投入されているのである。

  また、番組最後の提供紹介も笑えた。

画面には「KIRIN」と「SUNTORY」が並び、ナレーションで「この番組はキリン、サントリーの提供…ん?」となり、「キリン、サントリー?キリン、サントリー?キリン、サントリー?」と繰り返し、スポンサー名がどんどん拡大。
そして最後は、「失礼しました。この番組は、どうにか共演OKとなったキリンとサントリーの提供でお送りしました」としゃれのきいたセリフで、提供を紹介していた。

いろいろな場面での共演NGを取り扱うこのドラマでは、主演の2人の共演NGだけではなく、脇役となる出演者たちが全て共演NGという設定。
よって、ドラマ撮影とい場面でのお互いの確執からの険悪な雰囲気が随所に散りばめられているようだ。

  そして始まった第一話。

主演の2人の言葉の掛け合いが面白い。

  特に鈴木京香の使う言葉の汚さ。

「あの、◯んこ野郎」を連発して使うという役柄。
そんなところにも、芸能界の裏側がそのまま受け取るわけにはいかないだろうが、ある意味面白く受け止めてみたくなるようなストーリーとなっている。

  そして共演NGという関係。

先ほどのテレビコマーシャルにも登場した「キリン」と「サントリー」のように、業界内でのライバル関係にあるもの同士に対して、周囲が忖度をすることから生まれてくるのだろうなぁ〜と想像してしまうのである。

  「この人とあの人はNGだから」

それはその業界のライバル関係にあるということが最大の理由であろうか。

  ライバルだからぶつかる。

これは多いに関係しているであろう。
これが、ライバルではなく上下の関係や他業界の関係、更には違う職位の関係であれば、覇権争いは起こらないであろう。

  要はライバル同士の覇権争いから生まれる関係。

それが結果的に周囲をしてNGという関係へと想像されていくのであろう。
しかし、実際に本人達同士がリアルに会合する場面では、周囲が気を使うほどもない、お互いを尊敬し合う感情が見えてくるものである。





|

« 今月を終えて | トップページ | 土台 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

kazuさん、コメントありがとうございます。
このドラマの見逃しは「ヤッベー」ですね(笑)。
初回を見ていて、笑が止まりませんでしたから。
「姉ちゃんの恋人」もよかった。
有村架純の新たな顔(勝気な姿)も魅力ありましたね。

投稿: てっちゃん | 2020年11月 1日 (日) 20時06分

kazuです

ヤッベー・・見逃していました。
なかなか洒落の効いている自虐(テレ東)ですね。
貼りついていたURLから動画を見ましたが本当に面白そうなドラマです。
今日帰宅したらまず明日の録画予約をしておきます。

我々の業界でも同じ社内において同じ店舗NGという関係の方、いそうですよね(笑)

投稿: kazu | 2020年11月 1日 (日) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月を終えて | トップページ | 土台 »