« 売場に立つ | トップページ | 個の時代 »

2020年9月16日 (水)

3年サイクル

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


人事異動のサイクル。

  こればかりは企業の都合による異動がほとんどであろうか。

あるお店でチーフが退職したための人事異動。
新店開店によりその関連で店長チーフの異動。
チーフとパートさんの折り合いが合わず異動。

  人事異動も当事者だけではなくその関連での異動も多い。

そうなってくると、どうしても人材の能力開発という視点での人事異動という発想から、企業の人事上の都合によっての人事異動がメインとなってしまっているのが現状ではないだろか。

  しかし人材のキャリアという視点で考慮することも重要。

人事異動とは、その従業員の企業人生におけるキャリア形成そのものであるからだ。

  どの段階で昇格しどの段階でどのお店で何を学んだか。

その人材の企業人生において、上記のキャリアによってその時のキャリアから学び成長する過程は想像以上に大きいと言える。

  それは年数のサイクルにも同様の事が言える。

同じ環境で何年経験を積むか。
同じ環境とは、同じ店舗で同じ職位で繰り返し年数を経験させる事である。

  私はこれを最低3年は要すると考えている。

初年度で新規環境に慣れる。
次年度で前年経験から着手。
3年目で前年検証から仕上。

  そんな3年のサイクルで仮説実践検証をして実績を積む。

同じ環境の下で上記のサイクルによって3年間で学んだ実務上の経験は、何にも変え難い学びをもたらしてくれるものである。

  人事異動によって売上規模を高めていくという発想もあろう。

しかし、多少の売上規模の高いお店への異動回数を増やすより、同じ環境下で3年以上経験させることによって得られる、仮説と検証のサイクルは自らの仮説を同じ環境の下で検証でき、その事が仮説検証能力を大きく伸ばしてくれるものである。

  何をすればどのような結果になる。

それは働く環境(店舗異動)が変わればまた違う要因に結果が左右されるということであるから、同じ環境で自分の打った手がどのように数値貢献したのかという検証には結びつかないのである。

  常に新たな環境に適合しようと苦労すること。

これが人事異動の当初の状況であろうか。
過去に、三ヵ年計画を実践している店長を取り上げた記事を載せた。

  http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-40385c.html

人事異動の無い環境において、自ら3年在籍することを前提に自分のお店を3年計画で立て直していくという長期経営計画。

  これが人事異動無しの前提で実践できるのは凄いことだ。

突発的な事象により致し方ない人事異動はあろうが、3年間人事異動なしで上記経営計画を立案実践できた店長のその学びの世界は、自分にとっても大きな自信と実力を得るであろう。

  そしてそれは同様に部門チーフにも言えることであろうか。

同じ環境下で3年サイクルで経験を積ませる。

  その根底には仮説〜実践〜検証のサイクルを回すことにある。

そして3年サイクルの検証を繰り返しながら自らの仮説検証力を磨き、ステップアップしていくことにより、より高い営業力身に付けていくことになる。

  これが企業の力となって根底を支えていく。

たかが人事異動ではあるが、されど人事異動でもある。






|

« 売場に立つ | トップページ | 個の時代 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
自分を取り巻く環境がどんどん変化しながら自分の人生を一歩づつ歩んでいく。
そしてそれがどこで交差するのかしないのか。更には自分でどう交差させるのかさせないのか。
でもやっぱり自分で人生を決めるという醍醐味は何ものにも譲れないのではないでしょうか。そして自分の人生もそこに拘って見たいと思っております。

投稿: てっちゃん | 2020年9月16日 (水) 21時01分

前任企業は店舗転換やら職位変更に加えて病や退職者も止まらず自転車操業人事が続いてるらしいです。その煽りで嘱託身分でもやる気がある人材は店長任命する様になったようですが。既に時遅し。私は喰われる前の前任企業のDNAを信じ、拾って頂いた企業で人生の集大成を描いて見せますよ(笑)。

投稿: dadama | 2020年9月16日 (水) 12時53分

k,kさん、コメントありがとうございます。
完璧ではない人間の集まりだからこそ、人類は組織という集団で知恵を出し合い協力して一個の組織を完成させてきたのだろうと思います。
そこから鮮魚という組織内で組織力を高めていく手法は副店長、店長になっても同様の手腕が問われるもの。
その手腕を磨いて現場のリーダーになって欲しいし、k,kさんはその視点を十分に身につけていると思いますよ。

投稿: てっちゃん | 2020年9月16日 (水) 09時42分

確かに3年は必要ですね。一年目は様子見、2年目に自分の色を出し3年目にブラッシュアップして上載せする。今は転勤したばかりですが何故か最初か自分の色を出してます。コロナバブルもありますがパートさん方に変わる意志が強くあったからです。コトポップ、必要な食材の分量、この地区の家族構成が多い。等を相談しながら仕事すると皆のってきました(笑)他部門から構成比を取るのが目的でもあるので弱いところの隙間を研究してます。やはり協力出来る部門環境が必要ですね。店長、副店長も人間。みな完璧ではないので協力しつつ情報を持ち寄りながら3年廻せれば良いですね

投稿: k,k | 2020年9月16日 (水) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 売場に立つ | トップページ | 個の時代 »