« お盆商戦を占う | トップページ | 部下の覚悟 »

2020年7月 3日 (金)

在宅ワークから見えてくるもの

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


在宅ワーク真っ盛りの昨今。

  そろそろその真価が問われる時なのであろう。

先日、出社前のラジオを聞いていたら、在宅ワークに関する内容が放送されていた。

  コロナショックにより否応なく進められてきた在宅ワーク。

当然、我々業界では有り得ない在宅ワークであるが、現場でリアルにお客様を迎え入れる小売業以外の企業では在宅ワークを取り入れざるを得ない企業が多かったと思われる。

  当方の仲間達でも小売以外の方々はほとんどが在宅ワークらしかった。

そして、先日の県を跨いでの移動の自粛解除を以って、在宅ワークから一部リアルな出社や出張可能となった方々徐々に出現し始めたとのこと。

  しかしこれを機に在宅ワークをメインでやりたい派も結構いるようだ。

企業としても交通費の問題、事務所経費の問題等を考えると、在宅ワークで可能は従業員はそのまま在宅ワークで残しておきたいという思惑もあろうし、従業員も自宅から勤務先の移動を考えると通勤時間や通勤費、そして都心に住う必要のない在宅ワークを歓迎する声は多いであろう。

  そんな状況の中で先日のラジオでの放送。

在宅ワークを実際に実行してみて見えてきた課題があるという。

  それは成果という貢献度。

在宅ワークとなれば、そこに上司は存在しない。
在宅で如何に成果を生み出すかという結果が従来以上に問われるのが在宅ワークの本質であろうか。

  しかし実際に在宅ワークをさせてみると見えてくる業績格差。

ここで言う業績という概念がリアル店舗で働く人間にはちょっと理解しがたいのであるが、要は会社に出社しないで在宅のみのワークや自宅から取引先への直行と直帰のみで仕事に仕方に切り替えた時の、結果の違いということだろうか。

  そこでは従来以上に個人差が大きく出ているということだ。

おそらく、結果を残す人間は従来通りに結果を残すのであろうが、結果が出せない人間はとことん結果が低いという答えが出てしまっているという事ではないのだろうか。

  個人のオリジナリティを出せる人間と出せない人間。

それが在宅ワークで明確に出てきているという。
在宅ワーク以前は、上司と部下が共に同じフロアで顔突き合わせながらの仕事がメインであった。

  そんな時代では「やってる感」がモノを言った。

上司、私はこれだけやってます!、という姿勢が大切だった。
それは、従来からの仕事の取り組み方の定番とも言える従業員の姿勢として奨励されてきた姿でもある。

  上司の言葉を真摯に受け止め礼儀正しく元気にハキハキと。

それが従来から奨励されてきた従業員の仕事に対する姿勢ではあった。
しかし、それだけの従業員かそれとも自ら仕事を創造出来る従業員か、という厳しい選別をされるのが実は在宅ワークの恐ろしさだったと言うわけであろう。

  働いている「感」と言う表現だけの従業員か否か。

その選別が今回の在宅ワークで証明されてしまったと言うのが、今回のコロナショックから見えてきた事実であると言う。

  知れば知るほど恐ろしい世界ではある。

それでは我々の業界は、今回のコロナショックで何が真実として露出されてしまったのであろうか?。

  何もせずとも安敦とした仕事で売上が上がる世界。

それを体験した小売業界が再び競争の世界に引きずり込まれた時に、明確に現れてくるのであろうと私は思う。





|

« お盆商戦を占う | トップページ | 部下の覚悟 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
昨日もあるシステム会社の方がリモートワークの功罪を述べられていました。
そしてそのミーティングにおいても、リアル同様に皆の引き込みであり関わりが重要であることと、リアルで伝わることがリモートだと誤解されて炎上してしまうことも話されていました。リアル以上に不用意な一言が引き金になりやく、また誤解があっという間にネット上に広まりやすいという功罪両面があるようですね。

投稿: てっちゃん | 2020年7月 3日 (金) 09時22分

全体の流れから言えばネットビジネスが増えた分リアルな職場も変化するのは不思議ではないですね。躊躇や不安があったもののコロナ禍で否応無しにリモートにせざる得なかったが結果意外と使い勝手が良いと言う事でしょう。
あちらの会も週一会議が定着してきましたし(笑)。私達の世代でも受け容れるのですからネットや個を重んじる若い世代には水を得たなんとやらではないでしょうか。

投稿: dadama | 2020年7月 3日 (金) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お盆商戦を占う | トップページ | 部下の覚悟 »