« 止めてみて初めてわかること | トップページ | お盆へ向けて »

2020年7月23日 (木)

今年の丑の日

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今年の土用丑の日が終わった。

  一番の心配は天候。

事前予報ではこちらの地域は午後から雨の予報であった。

  しかし当日になってみて一日中曇りと変更。

そして午後になると多少晴れ間も見えたりして、気温も30度に迫ろうかという高まりを見せた。

  “これはうなぎ日和だな”

やはり土用丑の日の当日はこうでなければならない。

  そして天候が吉と出れば後はマイナス要因は何も無い。

以前にも丑の日に関しては多少ブログで記載もしたが、
http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-b88e93.html

今年の土用丑の日は天候にさえ恵まれれば間違いなく昨年を大幅にクリアするだろうとは思っていた。

  それだけ条件が揃っていたのである。

・曜日周りが最高に良い(特にスーパーマーケットには好都合)。
・今年は内食化傾向が維持されておりその傾向はうなぎにも適合。
・メディアでも稚魚の相場安からの今年の土用丑の日が露出した。

上記の流れから、今年の土用丑の日のお客様の来店と需要は相当高まるであろうとは予測できたのであるが、そこは商売であり、当日になってみなければわからないというのがこの商売の怖さであろうか(笑)。

  そして今年は当初予定されていなかった「新仔うなぎ」も入荷した。

数量限定ではあるが、媒体を作成して取り付ければ新仔うなぎは間違いなく丑の日のトップスターである。
お客様の目に付く場所にて大々的に、その特徴と美味しさを提案することによって、ナンバーワンの売り上げを作れる商品である。

  惜しむらくは「試食」が出来ないということだろうか。

コロナ禍により、試食販売は当面不可となっており、試食販売できれば更に早々に売り切れになっていたであろうか。
しかしFacebook仲間の販売手法には、バックヤードからうなぎ蒲焼の焼いている匂いを扇風機で売場に送り込み、その匂いに釣らせて販売している店舗もあった。

  “その手もあったか‼️”

しかしもはや後の祭りでもあったのだが(笑)。

  その手を使えば早々に売り切れて別途商品で夕方以降勝負できたであろうか。

やはり土用丑の日当日ともなれば、売場の中で一番美味しいうなぎを、と言う方も多い。

  特大サイズと一番美味しい商品への需要は午前中から高まる日であろうか。

とは言うものの、中国産うなぎへの嫌悪感も最近は無くなってきており、中国産の需要も相変わらず高いものがある。

  と言うことであらゆるアイテムが総合的に動く土用丑の日となった。

特にお客様の来店は午後4時以降から急速に増加し、夜7時までは一気にうなぎを購入されていくと言う流れはいつも通りであろうか。

  そして今年は8月2日が土用二の丑。

内食化の流れはここでも大いに発揮されるであろう。

  今年の丑の日は二回楽しめるのではないだろうか。







|

« 止めてみて初めてわかること | トップページ | お盆へ向けて »

商売」カテゴリの記事

コメント

第01肉屋さん、コメントありがとうございます。
商品も大事、品質ももちろん大事、そして演出も大事。
特に年に一度のイベントには普段とは違う映え(バエ)は絶対に大事でしょう。
一個の商品としてのお店全体の一体化が客数と点数に大きな影響を与えるものですから。

投稿: てっちゃん | 2020年7月24日 (金) 06時13分

ウナギを売る方法はいろいろあるんだなっと。
うちのとこをは外で鮮魚の人が焼いて売場に出して、活気といってもアナウンスで11時と15時に言う程度で活気は無いに等しいですね。

せめて飾りつけとPOPで鰻の日は肉は絶対に鰻には勝てないので、盛り上げてます。

インパクト勝負では全店1位を取りました。
センスははるかにバイヤーに劣るけど、反則級の裏技でお祭りモードにさせてしまってます。

投稿: 第01肉屋 | 2020年7月23日 (木) 21時34分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
確かにうなぎとワイン、絶妙の組み合わせでしょうか。
白ワインには白焼きを提案すれば、逆に需要がほとんどない白焼きの需要の掘り起こしにもなるし、赤ワインの提案からは蒲焼はもちろん、肝串の需要拡大にも貢献するのではないでしょうか。
当方も機会があれば次年度への課題としていきたいですね。

投稿: てっちゃん | 2020年7月23日 (木) 14時08分

入社以来3?年ぶりに土用丑を休み偶々父の月命日でしたので墓掃除をしてきました。私が休んだお陰で数字は好調のようで何よりでした(笑)。
来年は焼く事はもちろん、鰻に合うワイン提案にチャレンジしたいですねー。意外とお客様にはウケる予感がするのです・・・どなたかも白ワインを嗜まれてましたし(笑)。

投稿: dadama | 2020年7月23日 (木) 11時31分

k,kさん、コメントありがとうございます。
→やはり魚屋は楽しいですねー
本当に魚屋はやっていて楽しいですよ。
当方も手書きで美味しいうなぎの選び方や新仔うなぎの美味しさを説明する媒体を作成し取り付けることによって、お客様がこぞってうなぎの選別をしている様は嬉しい限りでした。
努力は必ず報われるというフレーズが必ず当てはまる業種だと思います。

投稿: てっちゃん | 2020年7月23日 (木) 08時49分

当社も今年の丑の日は好調でした。扇風機作戦により昨対比が近隣店より10%上乗せ。数字が証明してくれました(笑)やはり前日に競合に行って良いところはできる範囲で真似すべきですね。あちらも来て観察してましたが見たのは値段。大した販促はしていなかったので参考にはならず、ウチのほうが上だなと思ったでしょう。 私の真骨頂は肉声での活気つけ。今回は久々にやっちゃいました💦 時代遅れのおっさんですが、イベントは近隣より売り上げは跳ねてます。何をやったの?と私を知らないチーフからトレーナーに問い合わせあるようですが当日来なければ解らないし教えません(笑)やはり魚屋は楽しいですねー

投稿: k,k | 2020年7月23日 (木) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 止めてみて初めてわかること | トップページ | お盆へ向けて »